あめふら日記

2015年 10月 08日 ( 1 )




IRIS26-1 サードラインのご提案

前回のCTの結果、約3カ月で直径25㎜ → 35㎜に育ったやつが出てきたことが判明した。


影みたいなやつだったとこから約2年半、このレベルで引っ張ってこられたことを考えると、やっぱり大腸がんは進行が遅い(ものもある)というのを実感。

しかしその一方で、こないだまで「小さすぎて大きさが分からん」とか言われてたのがいきなり3カ月で10㎜も育ったことを考えると、本当に、一度大きくなり始めたら早いというのも実感。



で、ついに治療変更の提案が。



変更といっても私はオキサリプラチンが使えないので、まずはイリノテカン温存。
ずーっと使ってきた5-FUは、そろそろ限界ってことで終了。
そしていよいよ、分子標的薬を抗EGFR薬に変更。
まずはアービタックス(セツキシマブ)を使うことに。

ということで、次クールからは

イリノテカン+アービタックス(セツキシマブ)療法(A法)

に変更。
略称なし。長い。



淡々としてますが、内心は不安と不安と不安の太巻きです。
あーもーやだー。




by amefurashimodoki | 2015-10-08 16:57 | IRIS+BV
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

復帰延期
at 2017-10-11 10:57
今年度上半期を振り返る
at 2017-09-20 14:20
骨折、そしてTDRに行きたい
at 2017-08-30 12:15
杖を使って生きていく
at 2017-08-26 11:14
帰ってきて、大変だった
at 2017-08-20 21:48

ブログジャンル