あめふら日記

Cet(単) 足元はすくわれるもの

今までやってみたいと思っていたいろいろなことが形になりつつあって、全てにゴーサインが出ているような状態だったんだけど、ここへきてひょいと足元をすくわれて盛大にすっころんでしまった感じ。


こないだのCTの結果、全体的に増悪、特に一番大きな腫瘍は明らかに大きくなってるというレポート。
CEAも 6.1 → 11.2 と分かりやすく上昇。

まぁ増悪、増大といっても、そもそも腫瘍は大きくなるものだから、それがこの程度(確かに極端に大きくなってはいない……でも、育ってるのは分かる)で収まってるから、SD(不変、変化なし)という評価の範疇じゃないかなあ、とはいうけどさ……
こういうのって人それぞれ絶対的な尺度でショック受けるもんなのよ奥さん。
ということで、私も泣くこともできず笑い飛ばすこともできずただ固まる。かなり微妙な状態になっていたらしい。

主治医からはアービタックス → ベクティビックスへのレジメン変更を提案されるも、保留。
でもでもだっては言わないつもりだったけど、何となく保留。
その後ケモセンターとか相談室の看護師さんとも話をしながら、何となく保留にしてしまった理由として、つまり自分の心の中で引っかかってることに関してクリアになったこと。
 
 ① アービタックスを使い始めてまだ1年経っていないこと。
 ② ベクティビックスを使うと、手持ちのカードが一つ減ってしまうということ。
 ③ ベクティビックスの方がSEが強く出るというイメージがあること。

①に関してはそもそも増悪という結果が出てるからアービタックスにこだわること自体がナンセンスなのかもしれないけど、②があるので踏み切れない気持ちがある。そしてアービタックスを使うことで一度は効果が出たわけだし、今回も極端な増悪ではないわけだから、もうちょっと様子見たい気持ちがある。
③については、これは心情的な問題。SEは実際薬を入れてみないと分からないのは重々承知なので、イメージを理由にするのはナンセンスなのはわかっている。あくまでも心情的な問題なので、ま、優先度はほぼゼロ。ただ、なぜ躊躇するのかという理由としては一番に挙がる。だだっこ現象。
ただ、切り替えのタイミングを失するのは怖い。

で、一度はSEがきつくてリタイヤしたロンサーフについて、減薬+制吐剤がっちりでもう一度挑戦という提案。
休職中のイリノテカンのSEがかなり弱くなっていたことを考えれば、もしかしたらこれもいけるのかも。



いずれにせよ、まだちょっと頭が回っておりません。
何だかんだ言いながら、今までも乗り越えてきたんだから、だからこそその先へー。さきへー。さきへー。







by amefurashimodoki | 2016-08-04 20:08 | CPT-11+Cet
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

復帰延期
at 2017-10-11 10:57
今年度上半期を振り返る
at 2017-09-20 14:20
骨折、そしてTDRに行きたい
at 2017-08-30 12:15
杖を使って生きていく
at 2017-08-26 11:14
帰ってきて、大変だった
at 2017-08-20 21:48

ブログジャンル