あめふら日記

CPT-11+Cet3-4-1 あと一週間

今日は主治医が珍しく留守で、代わりの先生に診察してもらった。

考えてみれば主治医ピンチヒッターってたぶんイタリアンマフィア(セレブ)先生以来でめったにないことだから(3~4年前とかの出来事)、とても新鮮だった。
ああ、そうだね、とても誠実なせんせい、って感じ。みたいな。
わがままも言いませんでした。薬も先週しっかり出してもらったから大丈夫。


植物の育ち具合は聞かれなかったよ。


でも、朝から「どんな先生に当たるのかなー」と変なわくわく感があふれた結果、なんか洋服がちょっと変だったり(何とも言えないが今日の格好は失敗だったと思う)、売店で「生たらこおにぎり」と「焼きたらこおにぎり」を見分けるのに失敗したり(ツナにすればよかった)、エレベーターに乗ったら動かなくて「すわ閉じ込めか?」と思ったら行先ボタン「1」を押し続けていたり……ここ一階ですよね知ってます。



そして、やっぱり点滴当日の気持ちの悪さはどうもならん。
他のSEは薬で何とかできるけど、こればっかりはなあ。今日はイメンドとアロキシ入れてるからなあ。
来週と再来週はイリノテカン抜きだから、今日さえ乗り切れば、そしてあと一週間を乗り切れば当分楽に過ごせるはず。
頑張れ自分。


こういう時は特に味がないものが食べやすいので、例のミックス粉を使ってポンデケージョを焼く。
粉100gに粉チーズ少なめ、チアシード適量、黒ゴマ多め、そこにオリーブオイル適量と牛乳を加えて耳たぶやや柔らか?ぐらいまでこねて、親指と人差し指で作った○くらいの大きさにして200℃で20分。
黒コショウと卵は入れない方が好み。
これが今のところ最高のレシピ。外側の「さく」が多めにできあがる。
ここまでくると、むしろなぜ粉を量るのかが意味不明。
きっとこればっかり無限に食べ続けるのを防ぐため。







by amefurashimodoki | 2016-06-02 22:53 | CPT-11+Cet
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

復帰延期
at 2017-10-11 10:57
今年度上半期を振り返る
at 2017-09-20 14:20
骨折、そしてTDRに行きたい
at 2017-08-30 12:15
杖を使って生きていく
at 2017-08-26 11:14
帰ってきて、大変だった
at 2017-08-20 21:48

ブログジャンル