あめふら日記

IRIS15クール目 ちょっと中断

前回「吐き気が止まらないぜ参ったぜ」と書いたのですが。


なーんとその夜、丑三つ時に腹痛と吐き気で叩き起こされ。
そして「トイレ行きたい、でも出ない」的腹痛とどうにもならない吐き気でほぼ眠れないまま夜を明かし。
そしてそしてついに諦めたわし、明け方から吐き始める。
(前の晩、はちみつ湯だけ飲んで寝たのは正解だった。)
一回吐いたら楽になって、カロリーメイトゼリーをじんわりと飲んで、ちょっとうつらうつらできたものの、1時間もしたらチャージ完了でまた嘔吐。
午前中一杯は1時間おきに吐いて水分摂っては眠り、を繰り返していたが、そのうち午後になって吐けなくなった。
うーこれも苦しい、と思っているうちにまたうとうと。

そんなことをしているうちに、台風もすっかり通り過ぎてしまったのです。
夜もはちみつ湯、ちょっと食べられるようになったのでヨーグルト、パンを少し。
ずっとざわざわ悪寒がしていたが、熱は37℃ちょっと。微妙。


翌日は出勤して普通に仕事はしたものの、昼にちょっと食べたらもう胃が痛むこと痛むこと。
夕方まで胃痛が続き、ごはん食べるのは諦め、ちょっと熱が上がって、あーこれは明日のケモはきついな、と。


そして今日。ケモの日。
昨日、一昨日に比べればだいぶ体調はよかったので、やっぱり頑張ってケモするべきかと思ったものの、採血・採尿が終わって鏡を見たら、やっぱり死相が出てた。
びっくりするくらい顔色が悪かった。
なので、診察で「かくかくしかじかで今日はケモ中止したいです」と素直に申し出た。

主治医曰く、嘔吐中心の腸炎が流行ってるそうで、それに感染したんではないかとの見立て。
下痢も弱く、発熱もちょっとで終わるそうな。その代わり、吐くらしい。
でもって、「1時間で終わらせるから、点滴やってかない?」となり。
いつもなら「いやです(ニッコリ」となるものの、今回は結構(判断力が)弱っていたらしい。
「やっていった方がいいですかね」「結構楽になると思うよー」で、輸液だけ入れて帰ることになった。

点滴室の看護師さんからは「これを1時間で入れるの?血管痛くなるよ?」とか言われたけれど、結局大丈夫だった。まぁ考えてみれば以前急患室で45分で一本入れたこともあったし、主治医が言うには30分で入れても大丈夫だったことがあったらしい。

で、午後から勤務に戻ったところが、点滴のおかげかかなり動くことができた。
こういうのは面倒がってはいけないわ、とひしひしと実感。



IRIS後半に関しては、嘔吐が始まってから飲むのをやめていたTS-1を今週中に飲み、来週イリノテカンを入れることになった。
TS-1を1週間以内に飲み切ってイリノテカンを入れれば、クール途中で中止にはならないそうな。
ということで、ちょっとだけ治療中断。
はて、そうなるとTS-1の下痢はどのタイミングで出るんだろう。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村



by amefurashimodoki | 2014-10-16 22:25 | IRIS+BV
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

復帰延期
at 2017-10-11 10:57
今年度上半期を振り返る
at 2017-09-20 14:20
骨折、そしてTDRに行きたい
at 2017-08-30 12:15
杖を使って生きていく
at 2017-08-26 11:14
帰ってきて、大変だった
at 2017-08-20 21:48

ブログジャンル