あめふら日記

不驚の誓い

あっさり破ってしまった。
今となっては笑い話なので書く。



こないだの診察の時に、CTの結果を聞きに来るかどうか確認された。
自分は「何も映ってないはずだから、次の診察の時でいい」と主張。
先生は「じゃあ何かあったら連絡するから」と。
で、一応CTから1週間後に自分の名前で予約は入れておくけど、特に来院は不要ってことで終了した。


で、CTから1週間後の予約の日。
一応病院から連絡が来ても大丈夫なように、携帯電話は確認しやすいポイントに待機。
しかし結局連絡は来ず、やっぱりねーと思いながら帰宅した。

翌日は公私ともにばたばたで、帰宅したのが午前0時近く。
そして気付いた。


家の電話に留守電が入ってる。
しかも病院から。


「先日のCTの件でお話があるので、週明けに連絡ください」


えええええ。
ない頭で考える。

①CTの撮影データに不備があった
 →撮影したらすぐに確認してるから、もしそうならその場で何か言われてるはず
②胃痛の原因である何かが発見された
 →何かって何よ
③以前の検診で指摘されてた良性の腫瘍が目立ってきた
 →目立ってきちゃだめじゃん
④変なところに何かが見えた
 →だから何かって何よ

どう考えてもろくでもない結論しか出ず、しかも一番妥当な線は転移・再発。
FOLFOXとかFOLFIRIを再開することになると確実に仕事は無理。
でも期間的にまだまとまった病休は取れないらしい。
XELOXとかIRISで何とかなるかな。1週おきに2日休ませてもらえば頑張れるかな。きついな。
ていうかむしろ、転移・再発って状況自体がかなりきついんじゃないか。
この間も管理職との面談で、8時間勤務が本当に可能かどうかしつこく確認されたし。

ああ、食生活が乱れたからか。
それとも職場のストレスか。
確かに前よりも生活が適当になってたからなぁ……



とか悶々と考え続けた週末。
外出する気にもなれず、ごはん食べる気にもなれず。
これが週末にかかってなかったら、すぐに電話してたと思う。



で、考えて考えて、週明け。
いい加減考え疲れて、まぁそうなったらそうなったで仕方ない、月間予定と年間予定を持って病院に行けばいいさ、とか思いながら、仕事の切れ目に病院に電話した。

したらば。
外来の看護師さんが。




「先生から伝言預かってました。



こないだのCT、異常なかったので大丈夫です。



だそうです。」




って。何さそれー!何かあったら連絡するって話だったから、連絡きたから何かあったと思ってたのに!
へこんでへこんで、この数日で無駄に免疫下がりまくったのに!
何さそれ!

この先生のことに関しては、これから何が起こってももう驚かないと心に決めていたのに。
ああ、思いがけない展開。全く予測だにしなかった、斬新な切り口。
完敗しました。きっとこの先生にはこれから先も勝てない。


とにかく何だか無性に腹が立ち、その夜は焼肉に繰り出しましたとも。




しかし何だ、よかれと思ったことが全て裏目に出るタイプなんだろうか。
そう考えると気の毒だ。
でもさすがに今回は腹が立った。
自分がCTの結果をすごく気にしてたとかならともかく、次でいいっすよーとか言ってたのに。
むむむむむ。
やはり自分、まだまだ修行が足りないらしい。まだ終わらんぞ。





by amefurashimodoki | 2013-02-05 23:54
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

復帰延期
at 2017-10-11 10:57
今年度上半期を振り返る
at 2017-09-20 14:20
骨折、そしてTDRに行きたい
at 2017-08-30 12:15
杖を使って生きていく
at 2017-08-26 11:14
帰ってきて、大変だった
at 2017-08-20 21:48

ブログジャンル