あめふら日記

UFT/LV 1クール目終了

ほぼ何事もなく、UFT/LVの1クール目が終了した。
主な副作用は下痢、と言われていたが、イリノテカンの遅発性下痢のほうがよっぽど辛かった。
むしろうっかりすると便秘気味になったりしたし。

プロマックが切れるとやはりちょっと味覚が心もとなくなるのと、パリエットがないと胃酸が上がってくるのとは続いているが、果たしてこれは副作用なのか何なのか。
あとは、脱毛も落ち着いた模様。
まぁ相変わらず引っ張ると抜けやすくはなってるけど、そんなもんで。


ただ、血液の数値は案の定落ちている。
UFT/LVを始めて2週間後の採血ではデータ的にぴちぴちだったが、4週後のはちょっとぱっとせず。
とはいえ正常値を割り込んでる訳でもなく、FOLFIRIの時からよくある数字ではあるものの。
まだしばらくは1週おきの検査が続くので(副作用がないと診察で話すこともないのう。何事もないと逆に戸惑うのう)、まめにデータをとってもらえるのはありがたい。



院外処方の高額療養費と限度額認定証について。
UFT/LVが始まった時に、いつも行ってる薬局に確認したら、院外処方では月の支払額が3万ちょっとを超えると(ちゃんと聞いてなかった。月の合算でいいんだよね普通)高額療養費扱いになって、限度額認定証が適用になると言われた。
ような気がする。
今は2週間分ずつもらっているので、薬代は1回の処方で(他の薬も含めて)支払額は34,000円前後。
よって、今月2回目の処方となる今回、限度額認定証が適用になって自己負担はかぎりなく0円……じゃなかった。
普通に支払った。
別にいいんだけど、どうやら院外処方の限度額認定は努力目標みたいな扱いらしいんだけど、でもこれだと(治療の回数を重ねてる人は)FOLFIRIとかのほうが直接的な自己負担が少ないってことになるんだよね。

高額療養費は3カ月すれば戻ってくるから、というけれど、むしろ大事なのは
「今どれだけの  現  金  が  必要か」
の方じゃない?
点滴より内服の方が治療費が安いです、ということに一応なってるのに、何となく矛盾を感じる。というか、適用になるのかならんのかはっきりしてくれい。



暇に任せてドラクエⅩをやってるわけだが、何だかこまめに涙腺がゆるむイベントが起こって参る。
それでなくても最近よく泣くのに。
今日はプクリポのイベント。
じわじわと、死にたくないなという気持ちがわいてきて困った。

「生きたい」というより、最近は「死にたくない」という気持ちが発作的に起こる。
ああ、なんで死ぬのがこんなに怖いんだろうか。
今のところ、死ぬ予定はないけれど。
死にたくないなぁ。





by amefurashimodoki | 2012-09-30 23:52 | UFT/LV
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

復帰延期
at 2017-10-11 10:57
今年度上半期を振り返る
at 2017-09-20 14:20
骨折、そしてTDRに行きたい
at 2017-08-30 12:15
杖を使って生きていく
at 2017-08-26 11:14
帰ってきて、大変だった
at 2017-08-20 21:48

ブログジャンル