あめふら日記

FOLFIRI5回目 Day1

久しぶりに3回連続の治療。
血液検査も問題なし。奇跡的な濃さ。
やはり驚異の適応力が発揮されたか。



先日のCT画像を昨年夏のものと比較。
もともと腫瘍自体が小さくて、血管やら何やらとの違いが素人目にはさっぱりだったんだけど。
でも確かに、これも消えてるよね、これもないでしょう、これは微妙だけど薄くはなってる・・・・・・確かに確かに!
正直、こんなに消えてるとは思わなかった。ナイスなリアクションも取れないほど驚いた。
ほとんど残ってないじゃん。


でも、先生は「消えた」というより「見えなくなった(見えにくくなった)」という感覚でとらえているらしい。あくまでも化学療法と併用。それは異存ないです。がんばります。
で、見えにくくなった分、例の放射線治療についてはターゲッティングが難しくなるかもね、とのこと。


でも腫瘍があった時のCTで、「大体このへん」で当ててもらえないもんかな、なんてね。

ってそれじゃノバリスの意味ない・・・・・・



結局、腫瘍がいくつ残ってるのかはまだ謎のまま。
でも「厳密には3箇所以上あるかもしれないけど」という口ぶりから察するに、ぱっと見は3箇所もないってこと?
できれば放射線、最悪でも胸腔鏡で取れるかな。
ということで、放射線治療について具体的に調べてもらえることになった。
一歩大前進!目指せ復職!



今回はポート穿刺もほとんど痛みなく、いつもなら5-FU急速投与のあたりで吐き気が出るのにそれも(ほとんど)なかった。
しかしさすがに倦怠感は強く、帰宅早々昼寝。
食欲はあるけど、CT所見の「脂肪肝は著変なし」が胸に響くよ・・・・・・
ペラプリンを食事の前後に飲み、さっと食べてさっと寝た。



今日食べたもの
  キャベツ焼き
  鶏肉とセロリの炒め物
  りんご
  バナナ
  雑穀ごはん
  納豆
  卵
  焼き海苔
  カフェラテ



by amefurashimodoki | 2012-03-22 15:55 | FOLFIRI+BV
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

復帰延期
at 2017-10-11 10:57
今年度上半期を振り返る
at 2017-09-20 14:20
骨折、そしてTDRに行きたい
at 2017-08-30 12:15
杖を使って生きていく
at 2017-08-26 11:14
帰ってきて、大変だった
at 2017-08-20 21:48

ブログジャンル