あめふら日記

未だに

自分ががんであることがとても不思議に感じる。

これって現実を受け入れられてないってことかしら。



療養生活に入って半年以上経ち。
大腸を切ったから、やはりお腹の具合は不安定だし。
FOLFOXとFOLFIRIという二つの療法と、いろんな副作用も経験し。
髪も抜けたし、手足はしびれてるし、吹き出物の跡は治らないし。

最初ほどの勢いはないけど、食生活も気をつけてる。
酒タバコは厳禁、副流煙にもほとんど触れてない。
赤身の肉は食べてない。
塩分は控えめに。市販のお総菜や外食が、「味が濃くてつらい」と思える。


でも、ときどきふと「あー自分、がんなんだ」と思う。
不思議だ。
実感が湧かない。
でも、がんの実感て何だろう。



小説やテレビなんかで末期がんの患者が取り上げられてるの読んだり見たりすると、怖くなる。
どうして「死ぬまでをいかに楽に過ごさせるか」という観点が多いんだろう。
いや、自分まだ死なないし。と思っても、やはり怖くなる。
今は40代になることが目標の一つだが、その後は?
なんて考えてしまうと、やっぱり怖い。



でも、やっぱり自分ががんなんだという事実が新鮮。
何だろう。
不思議。



by amefurashimodoki | 2012-02-21 00:35
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

復帰延期
at 2017-10-11 10:57
今年度上半期を振り返る
at 2017-09-20 14:20
骨折、そしてTDRに行きたい
at 2017-08-30 12:15
杖を使って生きていく
at 2017-08-26 11:14
帰ってきて、大変だった
at 2017-08-20 21:48

ブログジャンル