あめふら日記

FOLFOX5回目 Day1

これまでより1W多く空けてのFOLFOX。
気持ち的にはかなり前向き。胃腸の障害が治ったから。
やりましょうポート穿刺。
ただ、味覚障害の解消には至っていない点が気になる。



今日は主治医ではなく別の先生が担当。
今まで出てた薬を「そのまま続けたいです」と言ったところ、胃薬と塗り薬がだぶってちょっと混乱。
塗り薬は処方前に「まだあるのでいりません」と伝えることができたが、そうか胃薬だぶってたな。
H2ブロッカーはもう飲まないので、もらう必要なかったんだった。
結局院外薬局に行くまで気づかず、薬局の方が確認してキャンセルとなった。
あと、アロプリノールのうがい薬は1週間しか保たないので、前のが残っていたが新しいのをもらった。
でも、それ以外のうがいはイソジンとかではなく生理食塩水でいいと言っていた。0.9%食塩水。予め作っておけばいいよ、と。なるほどね。
アロプリうがいは口内炎防止という目的なので、補助としては口が乾かないように対策すればいいそうだ。


看護師さんたちは薬については名称でがんがん話を進めるので、こっちも自分が飲んでる薬の名前は覚えておかなきゃならんのだな。
割とフィーリングで生きてるので、すぐに反応できない自分がちょっと淋しいわ。
薬漬けだし。



化学療法センターでは、担当の看護師さんも今日はいつもと違った。
さあ穿刺。がんばれユーパッチ。


痛かった!痛かったけど、頑張ったよ!1回で刺さったよ!
どうもポートのシリコン部分が刺しにくいらしく、ベテランで思い切りのいい刺し方をする看護師さんほどあっさり穿刺を決めてしまうようだ。
ただね、そうなると痛いのよ。
ユーパッチが効いてるんだ効いてるんだ、と自分に言い聞かせる。


ユーパッチに関しては、貼る時間をいろいろと調整してベストな貼り方を研究すべきとのこと。
今は大体2時間貼っておけば、穿刺時には我慢できる痛みになっている。
でも看護師さん的には、本来30分~1時間で効くものなので、2時間も貼ると麻酔のピークが過ぎるんじゃないかとのこと。
いっそキシロカイン塗布とかしてもらえないのかな。
その保険があるならデータ採集してもいいよ。



今回は投与中の吐き気もなく、オキサリプラチンのアレルギーが出るかとびくびくしていたがそれもなく、世間話をする相手もいなかったので、あっさり終了した。

血液検査の結果は、
  白血球数  5500 → 5300 ↓
  好中球数  44.7%(実数2400)→ 39.1%(実数2100)↓
  リンパ球数 38.7%(実数2100)→ 36.8%(実数2000)↓
  赤血球数  439 → 412 ↓ 
  Hb量   12.2 → 11.6 ↓ ※Hb=ヘモグロビン 
  血小板数  14.2 → 18.6 ↑
  CEA   0.9 → 1.1  ※CEA=腫瘍マーカー
  CA19-9  14.6 → 14.2 ※CA19-9=腫瘍マーカー
うん、数値は下がってるけどやっぱり順調に回復してる。と思う。



肝臓関係の数値が結構上がってるんだけど(といっても3桁とかにはほど遠いが)気になるな。
食べられなかった分の反動で、油ものとか食べ過ぎたのか?
思い当たる節は、からあげくんタルタル味くらいしかないぞ。
あれはバラ売りでもよかった。からあげくんさくっとを復活させてほしい。






by amefurashimodoki | 2011-10-27 23:25 | FOLFOX+BV
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

復帰延期
at 2017-10-11 10:57
今年度上半期を振り返る
at 2017-09-20 14:20
骨折、そしてTDRに行きたい
at 2017-08-30 12:15
杖を使って生きていく
at 2017-08-26 11:14
帰ってきて、大変だった
at 2017-08-20 21:48

ブログジャンル