あめふら日記

入院12日目(術後8日目)

下剤のせいか、夜中に何度もトイレに行くので、落ち着いて眠れない。
便意がある → トイレ行く → 少し出る → 落ち着く → 便意が。
トイレと便意の間にちょっとずつ睡眠を取る状態。
意識が完全にトイレだ。


早く便通を落ち着かせたい(というかすっきりしたい)ので、朝から階段の上り下り。
やっぱり股関節、そして膝にくる。
そして驚いたのが、肩。
右肩の関節がすっかり固くなっていて、背中側に回すと痛む。
毎日ストレッチをしなくては。



今日の朝食は五分がゆにひき割り納豆だった。
どういう食べ方を期待されていたのか謎。



朝の回診で、下剤を飲んだが目に見えて効果がなかった、そして寝不足だと言うと、時間を計算して昼間飲んでみてもいいですよとのこと。
8時間後に効き目が出るので、睡眠時間にかからないように飲むことにする。
10時に飲めば、18時にピークがくるはず。


今日は便秘対策もかねて、午前午後と結構長く歩いた。外来棟のどこに何があるかは大体調査が済んだ。
あとは、どこにどのメーカーの自販機があるか、とか。
大事なベンチの場所と、トイレの場所も。
歩いているうちに左下腹部が重だるくなってきたので、きっと便が移動してきたに違いない。


また、尿管が取れてからずっと尿量を計っていたのが終了とのこと。
食事が全粥になるまで計りますと言われていたので、意外と早く終わった。
特にまだドレーンやら点滴やらがくっついていた時に、トイレの度に大きなカップに尿を取って、トイレ内の洗面台下の貯尿袋に入れるのは結構大変だったのだ。
これでまた一つ楽になる。



15時過ぎからトイレに行く間隔が30分~1時間になる。
ちょっとずつ、何か出ている。そういう感じ。
そして18時過ぎ、夕食の途中で、突然腸の中身が右下→右上→左上→左下と大移動。
左わき腹激痛。
やばい!これはもしかして!
トイレに駆け込むと、術後初めてまとまった量の排便となった。
その後も何度か便意があり、その度に量が出た。
やっと腸がやる気をだした感じ。
そして頻便の厄介さをつくづく思い知る。
1時間もしないでトイレ、しかも行ってもするりとは出ない、となると、これは社会生活かなり厳しいんでは。






by amefurashimodoki | 2011-08-05 20:39 | 第一回入院(低位前方術/外科)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

復帰延期
at 2017-10-11 10:57
今年度上半期を振り返る
at 2017-09-20 14:20
骨折、そしてTDRに行きたい
at 2017-08-30 12:15
杖を使って生きていく
at 2017-08-26 11:14
帰ってきて、大変だった
at 2017-08-20 21:48

ブログジャンル