あめふら日記

総合病院へ

紹介してもらった総合病院へ。


画像を見て、医師もやはりがんであろうと言った。
35歳で直腸がんというのはあまりありません。
しかし、組織検査の結果はまだですが、手術を前提にして検査をしていきます、と。
検査をしてみないと、どういう手術になるか、人工肛門になるかはわかりません、と。
あれよあれよという間に、検査項目が付け加えられていく。

血液検査、胸部・腹部レントゲン、心電図、心臓エコー、内視鏡、造影剤撮影、CT。

ああこれが現実か、と思いながら、今日は血液検査、レントゲン、心電図。

来週は2日に分けて残りの検査、そして再来週にはその検査をもって外科と手術の相談。
その頃には組織検査の結果も上がってくる。


結果いかんによっては、内視鏡手術だけで済むかもしれませんね、と看護師さんは言ってくれた。
うむ。



思いのほか近日中に休みを取らなくてはならなくなったので、職場に向かう。
職場に向かう車の中では「どうやったら泣かずに説明できるか」が大問題だったが、やはり仕事スイッチが入った。
仕事の調整をし、各方面にお願いし、今度は管理職に「手術前提の検査が続きます」と告げた。
すると「保健室にも連絡してください」と。

あー。

保健室に入ったとたん、看護師さんに会ったとたん、無理だった。
わー。
初めて人前で泣いた。
駄目だった。
そういえば去年祖母が亡くなったと仕事中に連絡があった時も、保健室で泣いたんだった。
生徒か。
「ここはそのための場所ですから」と言ってくれた看護師さん、ありがとう。
でも心からは泣けなかった。
泣いてられないし。
まだ詳細不明だし。
でも泣けた。
自分のことで泣くのは恥ずかしいことだ。
でも泣いてしまった。



そして。
「病院は選んでくださいね。ちゃんと選ばないとだめですよ。」
隣の市の総合病院を勧められた。
事前に病院を調べていなかったことを激しく悔やむ。

病気のことは調べていたが、なんだかきちんと向き合うことができていなかった。
とりあえず近くの病院へ、とは思ったが、そこで手術をすることまでは現実としてとらえられていなかった。
ひとしきり泣いて、やっと実家に連絡して(まだ詳細不明だが検査が続く、とだけ)、そして病院を変えたいと交渉してみた。
紹介元の病院には本当に申し訳なかった。ものすごい迷惑をかけてしまった。
とんでもないことをしてしまったのだと、自分の仕事上の経験からも実感した。
けど。
いや、本当に申し訳ない。


今日も別の友人と会った。
夏物を見ながら、クールビズだから、本当に暑くなったら今年はカプリで出勤に挑戦するんだ、とか言いながら、でもその頃には入院してるだろうから夏物は買わなくていいな、とか思って空しくなった。
一事が万事その調子だから、それでも何とか回転数を上げようとするもんだから、なんだか不自然なやりとりになる。
疲れた。
でも彼女は、「聞かないけど実はかなり心配してるから」とだけ言ってくれた。
心遣い感謝。
愚痴と不安の吐き出し口にならないように気を付けます。


何だかいろんな人たちに心配と迷惑をかけまくり、支えてもらって生きているんだと思った。






by amefurashimodoki | 2011-06-24 00:23 | がん発覚~入院まで
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

復帰延期
at 2017-10-11 10:57
今年度上半期を振り返る
at 2017-09-20 14:20
骨折、そしてTDRに行きたい
at 2017-08-30 12:15
杖を使って生きていく
at 2017-08-26 11:14
帰ってきて、大変だった
at 2017-08-20 21:48

ブログジャンル