あめふら日記

思いつくことなど

1、職場にて
とても暑い日に。
K女史「あめふらさん、窓開けていい?」
あめふら「あーどうぞ(なぜわざわざ確認を?)」
K女史「ごめんなさいねー窓開けたらあめふらさんの体に障るかと思って」
あめふら「あーいえいえいえいえ。そんなことないですから」

窓開けたくらいで倒れるんだったら、仕事に来てませんけど。
いや、気遣ってくださってるのは分かるのです。
ですが。
いきなり重病人扱いされて非常にびっくりした。
自分はこうやって周りの人の配慮を踏みにじってしまうのだな。


2、両親から
今までは自分で何でもやってきたけど、これからは周りに頼って生きていくことを覚えること。
周りに頭を下げて、甘えさせてくださいとお願いしながら生きていかなくてはいけない。
(ただ、両親に何も言わずに全ての検査を自分一人で終えたのは、正直ありがたかったとも言われた。微妙だな。)

周りに頼るのもスキルのうちだが、自分にはそのスキルがないんだと痛感する昨今。
例えば、「検査なので休みます」の後の「ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします」に心がこもっていないというか。
電話対応を覚えたての子どもみたいな発語。
周りにうまく頼るのは難しい。


3、友人・知人とのやりとり
友人1号「10月のライブまでに治そうね、大丈夫だよ何とかなるって」
友人2号「9月の展覧会の無料招待券が手に入りました」
友人3号「夏祭りは8月の頭だって。混むけど行きたい」

先のことを提示されるとちょっとつらい。
きゅーんとなる。
というか、今まで「先がある」ことをいかに当たり前のこととして認識していたか。
いや、認識していたかどうかすら分からない。
生存率、という言葉がやはりリアルに目の前にちらついている今、でも「先がある」ことを考えて過ごしていかないと負ける気もする。
無常観てこういうところから生まれるんだろうか。
いやでも無常観と無気力は違うよな。
じゃあ無常観と諦観は?


4、何でも話してと人はいう
じゃあ、ってんでちょっとこの先の不安を話してみた。
「うーんよくわかんないんだけど」
相互理解の難しさよ。

じゃあ、よくわかんないけど重病人扱いされた、と話してみる。
「それは相手の好意なんだから素直に受け取らないと」
でもそういう愚痴も吐き出していかなきゃならないんだよ、と続く。

そうか、愚痴をクイックで返されたら、愚痴れなくなるんだ。
人の話を聞く難しさを痛感。
最近いろいろと学ぶことが多い。



[PR]



# by amefurashimodoki | 2011-07-14 00:01 | 病気さまざま | Comments(0)

外科へ

今日は手術について、外科の先生から説明を聞く日。


進行がんなので、開腹手術を提案された。
手術の3、4日前から入院して、腸の中をきれいにする。
手術は臍の上からざっくり縦に切開。
腫瘍を切って、上下をつなぐ。
自動吻合器を使うので、きれいにつながる。はず。
4、5日で腸同士もつながるし、お腹の傷もくっつく。
口から食事が摂れて、排せつができるようになったら退院。
大体2~3週間。
で、退院して1週間くらいしてから、化学療法について内科と相談。
鎖骨の下あたりに、抗がん剤を入れるためのリザーバーを埋め込まなくてはならないが、その手術をいつやるかもこれから相談。


えーと、腹腔鏡手術にはなりませんか?と聞いてみる。
先生はちょっと悩み。
本来ならば直腸の腫瘍をきれいに取り、リンパ節も徹底的にきれいにして根治を狙うが。
今回は両肺転移があるので手術しても根治にはならない。
ということは、腹腔鏡もありなのかなぁ。どうしましょうか。


……それを聞いて、なんかそれって、逃げの選択じゃないか。と思った。
根治できないから、直腸は腹腔鏡でいいか、という。


ということで、(乗せられた感もありつつ)開腹手術で徹底的に直腸ならびにその周辺をきれいにしてもらうことにした。
だってさ、結局取り切れてなくて再発しましたとか、肺がどんどん進行してますだと困るんだもん。
そして、開腹手術に躊躇してるのは見た目の問題というより術後の痛みの問題だと白状した。
痛みゼロにはならないが、鎮痛剤はどんどん使ってもらえるらしい。
いやもうばんばん入れてください。
がんばるから。


肺についても、もう一度CT画像を見せてもらった。
両肺に、全部で5、6個のがんがある。
とはいえまだ大きさは数ミリで、胸部レントゲンなんかでは見つからない大きさだそうだ。
実際に、胸のレントゲン写真では ぷち も ぽち も分からない。
ということで、この大きさのうちに見つかったのはラッキーだったんだと思う。
よし、叩くぞ。
ていうかもともと自分じゃん。


手術日はまだ決定していないため、入院日もまだ不明。
とりあえず、入院準備の説明だけを受けた。
限度額適用認定証を取ること。
手術日と入院日が決まり次第、病院から連絡がくること。
そして、全身麻酔に関連して、禁煙について何度も確認された。
親にはたばこのこと言ってなかったんだけどな、と思いつつ、でもこうなったらどうにもならないので、両親の隣で「禁煙してます!」と力強く答える。

ショックでつい1本、なんてことになったら、禁煙期間リセットになりますからね。

……はい。禁煙してますから。
実は告知の後ちょっとやさぐれたけど。
禁煙してますから。


最後に、職場で病休を申請するための診断書をもらう。
6週間の休養を要する、だって。



[PR]



# by amefurashimodoki | 2011-07-13 23:05 | がん発覚~入院まで | Comments(0)

結果判明

直腸がん・ステージ4。
であった。


直腸がん自体はS状結腸と直腸との間あたりにあって、だからRSということで。
腫瘍自体も大きくない。
高分化細胞なので、悪性度は低い。

ただし、肺転移がある。
しかも、両肺に数箇所。


どうやって肺転移を起こしたのかはよく分からないが、CTの結果転移が確認された。
片肺だけなら手術することができるが、両肺だと手術は難しい。
よって、肺に関しては化学療法になる予定。

とりあえず、まずは直腸がんを手術して取ってしまう。
そして、原発たる直腸がんの細胞を化学療法で叩いてみる。
肺にいるのも同じ細胞だから、もしかすると効果があるかもしれないし、ないかもしれない。
ただ、化学療法だけで根治させるのは難しい。

肺がんに関しては手術するのが一番確実だが、両肺で複数となると手術できる病院は限られる。
ないことはないのでいろいろ探してみますが、自分でも情報探してください。
まだ若いから、できることはすべてやるつもりで。

直腸も肺も、それぞれの悪性度はそんなに高くありません。
ただ、遠隔転移を起こしているのでステージは4。



ということで。

何だか実感がないが、とにかく結構やっかいなことになった模様。
とにかく直腸がんの手術をしてから肺のほうは考えようと。
一つずつつぶしていこうと思います、ということで終了した。

うーん。
一つずつつぶしていこう。



[PR]



# by amefurashimodoki | 2011-07-07 18:35 | がん発覚~入院まで | Comments(0)

検査終了

結局水様便とは言い難い状態で病院へ。
内視鏡科の看護師さんに「まだ黄色くなってません」と訴えたところ、結局浣腸になった。
やっぱり朝早くから等張液2リットル飲みますって言えばよかった。
図らずもぬるま湯で腸洗浄体験。
ぬるま湯だけならそんなにつらくない、かも。



まずは大腸内視鏡。
鎮静剤なしだとやはり痛い。
カーブのあたりとか。
いたたたたたた、とか言いながらの検査。
ただ、何がどうなってるのかはよく見えた。
冗談みたいな形をした鉗子が、かぱ → ぱく → ぶち、という何だか大らかな仕事をするところとか。

で、うちの腫瘍は内視鏡で取るのはもう難しいとのこと。
腹腔鏡下で何とかならないかとお願いしてみる。
セカンドオピニオンも取っていいですよ、とのこと。


ここまでのヒント:RS 1/2周 2型


続いて注腸造影。

その前に大腸内視鏡で入ったエアを抜かなきゃならん、というので、しばらく待合室で休憩する。
すると、妙齢のご婦人が。
「あの、大腸カメラって、痛いですか?」
なんと。
私、大腸顔だったのかしら。
検査前の人にそんなこと言えないでしょー。

「……えと、痛いです。」

するとご婦人の顔がこわばる。
ふと自分がさっきの検査で「鎮静剤入れればよかったですね」と言われたのを思い出し、
「鎮静剤お願いするっていうのも手ですけど」
と言いかけた間に、ご婦人ドナドナ。
こわばった顔のまま、検査室の中に消えていった。
健闘を祈る。

やがてご婦人が戻ってきて。
「……痛かったです!」
鎮静剤はなかったらしい。
「ですよねーあのうねうねのカーブのとこで」
語りつくす間もあらばこそ、今度は自分ドナドナ。

注腸造影自体は、胃のバリウム検査より大分楽だという印象。
3Dでぐるぐる回るところがシルク・ドゥ・ソレイユ風。
それよりも検査後のバリウム&エア抜きが大変。
バリウムは検査の途中で抜ける分は抜いてしまうので、あまり心配していない。
下剤も特に出なかったし、たくさん水分取ってバリウム出しちゃってくださいね、くらい。

それよりもエア。なかなか腹の中の空気が抜けず、体をねじるのも屈むのもつらい。
そりゃあ腸が痛くなるくらいパンパンに空気入れられたら、ねぇ。
昔便秘からくる腹痛で動けなくなったときもこんな感じだったっけ。

病院のトイレで30分ほどひたすら格闘したが、ある程度抜けたところで断念。
ブスコパン打ったのもあるし、これは動くなり物を食べるなりして腸を動かさないと解決するまい。
結局腹部の不快感はその後もずっと続いた。



次回はいよいよ結果発表。
というか、その前に親への説明。
自分はもう「切ってつなげば治るしょ」という開き直りの境地に達しているが、どうか。
そしてもし転移とかなんとか言われたら。



[PR]



# by amefurashimodoki | 2011-07-06 00:02 | がん発覚~入院まで | Comments(0)

マグコロールの朝

結局その後もはかばかしくなく、出しては水分飲んで、を繰り返しているうちに数時間寝た模様。
何と言ってもニフレックほど便意が切実じゃないので。

しかしさすがに朝になってもまだ残滓が出るって気分よくないわ。
模範的便一歩手前。
やはり低残滓食をけちったのが悪かったか。

今日の検査は1000から。
何か飲まないと出ない気がするけど、いつまで水分摂取許容なのかしら。
ちゃんと確認しとけばよかった。



[PR]



# by amefurashimodoki | 2011-07-05 08:01 | がん発覚~入院まで | Comments(0)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

術後初の診察
at 2017-05-22 17:50
オキノームレポート
at 2017-05-20 21:01
これまじですか
at 2017-05-20 20:23
痛い痛いばっかりで
at 2017-05-18 20:25
ここへきてまさかの
at 2017-05-16 18:46

ブログジャンル