あめふら日記

入院15日目(術後11日目)

昨日の夕食後に酸化マグネシウムを止めた。
結果、便通がピタッと止まった。
これもまた微妙。腸閉塞怖い。


夜中トイレに起きなかったせいか、ずうっと寝ていて看護師さんに起こされた。
それだけ睡眠時間が足りてないってことだろうか。
いくらでも眠れる感じ。


朝食後は酸化マグネシウム。
排便が止まると、排尿も止まる気がする。
そして排尿時の膀胱がきゅーっと絞れる感じがとても嫌だ。



今日は消化器内科の外来診察の日だが、午前中の外来が終わるまでは呼ばれまいとタカをくくる。
散歩がてら一階に下りてみて、暑さにおののく。
そうか今は夏か。
病棟の方が冷房が調整できる分格段に涼しい。
常に28℃で生活しているので、すっかり皮膚感覚が麻痺している感じ。



そうこうしているうちに、消化器内科に呼ばれる。
お久しぶりですせんせー。

これからの治療について。

これまた聞けば聞くほど過酷な内容。
化学療法は2週間に1度の通院で行う。
ただし、最初の1回だけは入院で。
何より副作用がどういうふうにどれくらい出るか分からないので、長めの入院で様子を見ることにする。
治療内容は、2種類の化学療法に、分子標的薬3種類の組み合わせで投薬する。

化学療法2つのうち、FOLFIRIは脱毛、FOLFOXは神経障害が大きな副作用。
どちらから始めても効果はほぼ変わらない。
また、分子標的薬もそれぞれに副作用がある。

以前先生からもらった化学療法のパンフも読んだし、先生からも改めてそれぞれの薬の副作用について聞く。
その上で、どの薬から始めたいという希望はありますか?と。
うーんそういわれても。

ベストな治療法をお願いしたいんですが。
それによって仕事の調整もありますし……
すると、フルタイムで働きながらの治療は難しいかもしれない、と。
ただ、仕事しながら通院して治療をしている人は多いとか。
しかし現実問題、治療がいつ終わるかあてもないのに、休職しても仕方ないんだよなぁ。
治療内容については、次回の消化器内科受診の時に詰めることにした。
愚痴とか不満とかどんどん吐き出してくださいと言われたが、何を言えばいいのかわからん。



病室に戻って茫然としていると、同室の乳がんの患者さんが、「自分も手術の前に半年化学療法受けたのよ」と。
この方はポートを設置せず、3週間に一度、自分で運転して通って腕の血管から点滴で投薬。
結果、腫瘍はかなり小さくなり、今回摘出にこぎつけたそうだ。
ただ、最後には点滴ができないほど腕が腫れたとのこと。

また、別の乳がん患者さんも腕から入れたが、皮膚がまっ黒くなって途中で治療を休んだと言っていた。
私の狭い人脈から見てみると、どうもポート設置になるのは私だけみたいだけど。
まぁ相性が合えば化学療法はとても効くということね。


ただ、髪は短くしなさいとみんなに言われた。
ああ。



夕方になってもポート設置に呼ばれないので、今日はないだろうとすっかり油断していたところ。
何と「今から入れます」と先生が呼びに来た。
あ、ドレーンの抜糸を痛くした、今月から外科に入った研修医先生だ。
内科で込み入った話してきた後で申し訳ないんですけど、今日やっちゃいます。夕食には間に合います。
焦る。それは焦る。どうしても今日じゃないとだめなんですかー。
正に不意打ち。完全にやられた。
じゃあ下で待ってますから。って、待ってなくていいですー。


施術は放射線科の透視室で行われる。
研修医のガーゼちゃん(ドレーン抜去後にさっさとガーゼあててくれた)がアリスのウサギのような状態で途中で待ち構えていた。逃がさないってことか。
あたふたと向かうと、スタッフ全員鉛エプロン装着の上お待ちだった。
ああ、執刀は抜糸くん(ドレーンの抜糸を痛くした前期研修医)かー。監督はめがねくん(後期研修医?お兄さんだけどお父さんじゃない)かー。
簡単な手術だけど痛くない手術じゃないよねー。
大きい先生はいないのか?いないよね?いないのかー。


もう一度確認します。どうしても今日じゃないとだめですか?心の準備がー。


透視台に病衣のまま横になり、右肩を大きくはだける。
顔に近い部位なので、顔の上に針金の枠を置いて、その上に手術用の不織布をかける。
この段階で情けないことに貧血を起こした。
すいません、ちょっと待ってください、待って待って。きゅー。
その結果、閉塞感がだめなんだろうということで、不織布が半分だけめくられた。なんか初めてケージに入れられて暴れてる動物のようだ。拘束帯とか出てきたらやだなー。
あとは、絶対に呼吸早くしないでください。と。
この上過呼吸とか絶対嫌だ。
左腕に血圧計と酸素濃度計がつけられる。看護師さん「大丈夫、血圧は90あるから」ってね。それ以上下がっても、始まったらいっそ止めないで。


最後にもう一つ確認します。これは全身麻酔にはならないんですか?

みなさん局所麻酔でやってますから、大丈夫ですよーと看護師さん。
何が大丈夫なんだー。


その後。
エコーで血管の部位を確認し、カテーテルを差し、ポートを埋め込んで1時間以内に終了した。らしい。
何をやってるのかもはや分からない。
ただ、大変なことになってるということだけ。
抜糸くんとめがねくんのやりとりが聞こえ、途中からガーゼちゃんが登場して透視台の操作に苦慮し、看護師さんは進行具合を確認しながら「あと少しだから」とか「押されてるだけだから」とか声をかけてくれるけど、そこに想像が加わってパニック。

というか、もう最初の局所麻酔から激痛で、麻酔したはずなのにまだまだ痛くて、追加の麻酔がまた痛くて、切られて痛くて押されて痛くて縫われて痛くて、とにかくもう何もかも痛い。


看護師さんに頭をしっかりと押さえられ、いや優しく撫でられながら、「歯医者さんの麻酔はどうしてたの?」と聞かれ、「いつも追加してもらってます」と答えてはたと気づいた。
あ、自分、麻酔効きにくいんだー。
昔ちょっとした怪我を縫合してもらった時も、麻酔したのに激痛だったし。
手術の時も、あっさり覚めたし。
そういえば胃カメラのキシロカインも?
看護師さんも先生も、「それって麻酔が効きにくい体質ってことだねぇ、でももう切っちゃったから最後までやらなきゃね」と。
あー損な体質。


しかし痛いものは痛い!
いくらめがねくんが焦るな焦るなと言っても、患者がこれだけ騒いだら焦るよね、抜糸くん。
でも痛いのを痛いと言わないと、多分おかしくなるので思うさま騒がせてもらう。ごめんね。
もうやだ帰りたい、まで言ってしまった。
抜糸くんは私にとって、痛いことしかしない先生だよ(3歳児並みの認識)。


最後まで痛くてしまいにはぐったりして、はい終わりました、ほんとに終わりましたから!と言われて終了(ここまでにフェイントが2回くらいあった)。
今回は難しいところが本当に難しかったらしい。って何のことだ。
なんかカテーテル入れる時難儀したらしい。
最後に包帯で傷をぐっと圧迫し、テーピングで固定。
あまりにぐったりしているので、めがねくんに病棟から迎えに来てもらうけど車椅子にしますか?と言われ。
看護師さんは来るとき歩いてきたから帰りも車椅子いらないよね、とマッチョなことをのたまう。
来るときはこんな右肩ぐるぐる巻きとかにされてなかったんだけどなー。


すると透視室の扉が開き、誰が呼んだか(本当に謎)車椅子登場。
図らずもあこがれの車椅子での移動となった。
多分歩いて帰れと言われたら帰れたと思うが。



手術のダメージが大きくしおしおとなった状態で、車椅子で帰ってきたので同室の患者さんの同情を一身に浴びることになった。
手術跡が痛いのか圧迫が痛いのかよく分からないが、とにかく痛いので6時間ごとに痛み止めを服用する。
当然のことながら寝返りなんて打てたもんじゃないので、ベッドの頭部を上げ、直立不動で寝た。



ちなみに夕食は結局全部食べた。
左手でスプーンを使い、デザートのスイカまで。意地になって食べた。



今日は酸化マグネシウムのコントロールが上手くいったようで、就寝後に起きずに済んだ。
やはり朝・昼のみの服用を続けよう。







# by amefurashimodoki | 2011-08-08 22:21 | 第一回入院(低位前方術/外科) | Comments(0)

入院14日目(術後10日目)

入院して2週間。
毎日何かしらあるので、気が付いたら2週間経っていたという感触。



昨夜も夜中に2回排便。朝食前にもトイレ。


今日は日曜日なので、フルメンバーでの朝の回診。
排便について相談すると、まぁ術後しばらくはそんな状態だが、徐々に良くなるはずだとのこと。
下剤も自分で調節しながら飲んでくださいと言われた。
(ここで下剤=酸化マグネシウムという意識が薄かったのが敗因。)
あとはもう一度消化器内科に紹介して今後の予定を決めて、退院かなーと言われた。


おぉ?
化学療法に向けて、埋め込み式ポートを入れるって話は?
忘れるんなら忘れちゃってもいいですか?と聞くと、いや忘れちゃ困ります、それも入れましょうと。
ああ忘れたい。
化学療法なんてなかったことにしたい。


外科的には大した施術ではないらしく、今日のうちにポートについての説明をし、月曜日には入れてしまおうとのこと。
えー。心の準備とかなんとかさ。



今日も相変わらずの頻便。そして残便感。
大腸関係の皆さんとは、すっかり便の話をするのが当たり前になった。
ペースとしては、1時間に1回+食後には必ずトイレに行っている。
幸いにもここの病院は大部屋にトイレと洗面台がついていて、院内の全てのトイレがウォシュレット。
看護師さんも「院内いたるところにトイレとウォシュレットがあるから、どこに散歩に出ても大丈夫」とのこと。
なるほどねぇ。
それに比べて、開腹じゃない患者さんの術後回復の早さよ。
自分で歩いて回復室から戻ってくるなんて信じられない。


◎咳が出た時のやり過ごし方。
 横向きになり、お腹を抱えるようにしてしっかり丸くなってから咳をする。
 これでお腹の傷に響きにくくなる。気がする。

◎お腹を使わずにベッドに横になるには。
 車に乗る時のように、ベッドに腰掛ける→両足をベッドに上げる→横になる、のではなく、
 ベッドの上に膝立ちになる→そのまま肩やひじで支えながらころんと横倒しに倒れる
 こうやるとお腹を使わずに横になることができる。
 起きる時も横倒しから起きるようにすると比較的お腹に優しい。
 術後しばらくは、ベッドの上に両足を引き上げるのに、片足ずつ両手で持ち上げていた。
 お腹を切ると、いろんなところが弱くなる。



午前中にポートの説明があるかと思ったが、待ってても仕方ないので(いや待ってるべきだったか)散歩に出た。
外来の待合ホールで、「あーいたー」という声が聞こえた。
探されてた?気のせいだ。
捕獲されなかったし。



午後、病室にてポート設置についての説明を受ける。
かかっても1時間程度の簡単な手術だって。
てっきり左に入れるんだと思っていたら、右鎖骨下に設置するとのこと。
それって術後しばらくは右手が利かなくなるってことではないか。
不便じゃないか。
(一度自由の身になったので、既得権益にうるさくなっている。)
全身麻酔を期待したが、やはり局所麻酔で行うとのこと。
気楽に行こうと思うが、聞けば聞くほど恐怖が募る。
お腹切ったんだからもう怖いものはなかろう、というわけではないのだ。
局所麻酔で切って縫うということ。透視下で血管にカテーテルを通すということ、ポートを皮下に埋め込むということ。術後は一晩がっちり固定しなくてはならないこと。
いやー何聞いても怖い。
いやー。施術延期歓迎。外科的処置は全部終わったと思ってたのに。



看護師さんに便の回数が多く、軟便だと伝えたところ、酸化マグネシウムを止めてもいいかどうか先生に聞いてみますとなった。
自分の中では酸化マグネシウムは下剤じゃないので、「下剤は自分で調整してくださいって先生から言われてました?」と看護師さんに聞かれるまでぴんときてなかった。
そうか、毎食後律儀に飲み続ける必要はないのか。
夕食後に飲むと夜中まで排便に苦しむので、とりあえず朝・昼のみの服用にしてみる。





# by amefurashimodoki | 2011-08-07 21:30 | 第一回入院(低位前方術/外科) | Comments(0)

入院13日目(術後9日目)

やはり夜中も何度か起きる。
朝になってもお腹が落ち着かない感じ。
かといって、トイレに行っても何も出ない。


そこで想像してみる。

きっと今は、直腸の「排便したいですセンサー」が混乱・過敏になっているに違いない。
だって便の状態は下痢でも便秘でもないのだ。
ということは、やはり少しでも気配があるとセンサーが作動してこうなるんだと思う。
どうだろう。



午前中から昼にかけては何だか調子が悪く、食事も運動量も少なめ。
無理に散歩に出たが、何だか吐き気がするような気がして帰ってきた。
病室でテレビを見ながら、かろうじて眠らないように心がける。
うっかり眠ってしまうと、夜が辛いのだ。



同室の新しい入院患者さんに、看護師さんが説明しているのが聞こえる。

入院中は名前とかバーコードとか入ったリストバンドをしてもらいます。
大事なものなので、退院まで絶対外さないでくださいね。

……リストバンド?
してないお。
手術が終わって帰ってきたら、リストバンドの代わりに左手首にはでかい内出血があったわけで。
どうも手術でラインを取る時に切って外して、それっきりになってたらしい。
そういえば昨日も散歩しながら、リストバンドもないし点滴もないから(点滴台にはリストバンドと同じものが確認用で貼ってあるので)、具合悪くなって行き倒れたら身元不明になっちゃうなーと思ったんだった。

あのー。
私リストバンドしてないんですけど。手術の時に切って以来。
あらあらあら。ほんとですね。

結構な一大事だったらしい。
誰にも言われなかったので、そういうもんだと思ってました。ごめんなさい。



リストバンドも復活し、どこで行き倒れても病棟に戻してもらえると踏んだので、非常階段を最上階まで上ってみた。
更に手術棟やら売店やらうろうろうろうろ。
病室に戻ると妹がリーボックのビーチサンダルを持ってきてくれていた。
スリッパもいいけど、やはり体力増強にはトーニングビーサンが必須。
ということで、更に散歩。
ついでに夕食のパイナップルも半分妹に分け与える。
いかにも消化に悪そうなデザートなんですが。



妹を送って病棟に戻ると、打ち上げ花火が見えた。
ナースステーションも病室も大騒ぎ。
看護師さんが部屋を回って、カーテン開けて花火花火とやっている。
少しだけ開いた窓から夜気が入り込んでいて、思わず張り付いて嗅いでしまった。
そうだ、入院してから外気に当たったのはほぼゼロだ。
お腹の調子が落ち着くまでは絶対に退院したいと思わないけど、でも外の空気が少しだけ恋しくなった。






# by amefurashimodoki | 2011-08-06 21:05 | 第一回入院(低位前方術/外科) | Comments(0)

入院12日目(術後8日目)

下剤のせいか、夜中に何度もトイレに行くので、落ち着いて眠れない。
便意がある → トイレ行く → 少し出る → 落ち着く → 便意が。
トイレと便意の間にちょっとずつ睡眠を取る状態。
意識が完全にトイレだ。


早く便通を落ち着かせたい(というかすっきりしたい)ので、朝から階段の上り下り。
やっぱり股関節、そして膝にくる。
そして驚いたのが、肩。
右肩の関節がすっかり固くなっていて、背中側に回すと痛む。
毎日ストレッチをしなくては。



今日の朝食は五分がゆにひき割り納豆だった。
どういう食べ方を期待されていたのか謎。



朝の回診で、下剤を飲んだが目に見えて効果がなかった、そして寝不足だと言うと、時間を計算して昼間飲んでみてもいいですよとのこと。
8時間後に効き目が出るので、睡眠時間にかからないように飲むことにする。
10時に飲めば、18時にピークがくるはず。


今日は便秘対策もかねて、午前午後と結構長く歩いた。外来棟のどこに何があるかは大体調査が済んだ。
あとは、どこにどのメーカーの自販機があるか、とか。
大事なベンチの場所と、トイレの場所も。
歩いているうちに左下腹部が重だるくなってきたので、きっと便が移動してきたに違いない。


また、尿管が取れてからずっと尿量を計っていたのが終了とのこと。
食事が全粥になるまで計りますと言われていたので、意外と早く終わった。
特にまだドレーンやら点滴やらがくっついていた時に、トイレの度に大きなカップに尿を取って、トイレ内の洗面台下の貯尿袋に入れるのは結構大変だったのだ。
これでまた一つ楽になる。



15時過ぎからトイレに行く間隔が30分~1時間になる。
ちょっとずつ、何か出ている。そういう感じ。
そして18時過ぎ、夕食の途中で、突然腸の中身が右下→右上→左上→左下と大移動。
左わき腹激痛。
やばい!これはもしかして!
トイレに駆け込むと、術後初めてまとまった量の排便となった。
その後も何度か便意があり、その度に量が出た。
やっと腸がやる気をだした感じ。
そして頻便の厄介さをつくづく思い知る。
1時間もしないでトイレ、しかも行ってもするりとは出ない、となると、これは社会生活かなり厳しいんでは。






# by amefurashimodoki | 2011-08-05 20:39 | 第一回入院(低位前方術/外科) | Comments(0)

入院11日目(術後7日目)

数日来悩んでいた咳が、出なくなった。
喜ばしい。



朝食のおかゆに、味噌が付くようになった。
下膳の時に、どれが誰のお膳か把握していた風はないけれど。
あまりにおかゆが食べにくくて、ソフトふりかけを投入していたのがバレたかな。



朝の回診で、傷口を覆っていたガーゼとフィルムが全てはがされた。
えーいはいじゃえはいじゃえという勢いが気になるが。
後に残ったのは傷口をぴちぴちと止めているテープだけ。
ステリーテープという、勝手にはがれるまで放っておかなくてはいけない大切なテープだそうだ。
非常に頼りないが大丈夫か。
皮下脂肪ドレーン抜去後のガーゼもはがされた。
陰毛のところなので、何か貼ってもどうせはがれるからもうそのままでいいよ、と。


そして、何と最後のドレーンが抜けた。
排便はまだなんですけど。大丈夫なのかな。
そして処置は前回と同じ研修医くん。やっぱり抜糸が痛いけど、前回のよりはダメージ少なかったかも。
というのも、今回のドレーンはおそらく臍の脇から縫合部近くまで入っていたと思われるため、ドレーン自体を抜くときに大変不快だったからです。
何というか、いろいろな体内の組織をにゅるりずるりとくぐり抜けて、今やっと抜けました感が。
抜糸のちくちくの痛みというか不快感を軽く凌駕。

そして抜けた後の穴はそのままにしておくと!ほんとに穴開いてるんですが?


しかしまぁこれで、管関係が全部抜けた。快適になった。
もう早朝や夜中に看護師さんが排出液量を計りに来るのにびっくりする必要もない。
とはいえお腹が張ると痛むし、傷自体もまだ全然痛みがなくならないので油断大敵。
まだ一人で歩くのは不安なので、点滴台は残しておいてもらう。
ガーゼ類も取れたのでもう腹帯はしなくていいですよと言われたが、何となく巻いていたい気持ち。
先生は、何でみんなこんなに腹帯好きなんだろうね、としみじみつぶやいていた。
でもね、そう言われても。
安定感?



昼から五分がゆにランクアップ。申し訳ないが三分がゆとの違いがわからん。
しかしおかずに形のあるものが出た。
今まで煮魚はほぐしてあったし、野菜ペーストなんていうのも出てたので大進歩。
ただ、量が食べられないのは相変わらず。



今日もレントゲンが入ったので、点滴台つきで行ってきた。
病室に戻ってからちょっと考えて、今度は試しに点滴台なしで病棟一周。
お。意外と大丈夫?
さらに階段をちょっと往復してみる。
点滴が始まって以来、およそ10日ぶりの階段。股関節近辺がきつい!
動けるようになればなるほど、体力の衰えも実感する。
これはちょっと頑張らないとなー。
へたれなので、点滴台は一応今日は借りておくことに。



ドレーンが抜け、シャワー許可。
お腹の傷はできるだけ直接触らないようにとのこと。望むところ。
さすがにドレーン跡には蓋をしてもらい、久しぶりにごりごりと洗った。
しかし手術後の全く緊張感のないお腹を初めてまじまじと見て、何だか危機感。
このたるたるはどうすればいいんだ?腹筋?なはずないし。
とりあえず、下剤をもらおうと決意する。


夕食後、便というより腸内分泌物のようなものが少しだけ出た。
夜の散歩でも、傷口というより右下腹部が痛む。こりゃ便秘だ。
さあ飲んでみよう、下剤。






# by amefurashimodoki | 2011-08-04 10:37 | 第一回入院(低位前方術/外科) | Comments(0)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

そして、気胸になる①
at 2017-06-26 14:47
にういんしてます
at 2017-06-12 19:28
答え合わせ
at 2017-06-09 07:18
傷、なのかもしれない
at 2017-06-07 10:09
全ては神経痛なのか?
at 2017-06-03 16:54

ブログジャンル