あめふら日記

<   2016年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧




ロンサーフ2-6(1) 脱毛?


脱毛が起こっている。


気付いたのはシャンプーの時、指やら手やらに絡まる抜け毛が増えたな、と思う。(きっと丸めると片手分の毛玉ができる)
そういえばブラシの抜け毛。膝の上。枕。
髪が伸びたから抜けた毛が目立ってきた?いやいや一日に何mも伸びる毛じゃあるまいし、やっぱりこれは脱毛。

ロンサーフのページも見てみた。主治医にも聞いてみたけれど、ロンサーフで脱毛ってのはあんまりないなあと。


これはロンサーフのSEなのか。


つらつらと思い返してみる。

・FOLFOX(オキサリプラチン)→脱毛はそんなにない、と言われていたが、抜けた。ウイッグになった。
・FOLFIRI(イリノテカン)→オキサリプラチンに比べれば脱毛が起こりやすいと言われていたが、そんなでもなかった。
・IRIS(イリノテカン)→しばらくUFTを使っていて、そこからのイリノテカンだったので、警戒した。でも抜けなかった。
・ロンサーフ →脱毛はそんなにない、と言われているが、脱毛量は増えている。ただ、オキサリプラチンの時ほどごそごそとは抜けない模様。

こうやって見ると、脱毛が起こりにくいと言われている薬で抜けて、起こりやすいと言われている薬にはあまり反応していなかったよう。
IRISの時は先手を打って育毛剤(薬用テタリスα)を使ったので、その効果だと思っていた。※化学療法中の育毛剤の使用については基本的にあまり勧められなかったと思う


このパターンでいくと、もしかするとまだ薬に身体が慣れていなくて強い反応が出ているだけかもしれぬ。それだといいなあ。
何だかんだでもうちょっと髪伸ばしてみたいんだよなあ。




今年は「まさか」に次ぐ「まさか」であれこれありましたが、ブログを読んでくださった方々の存在、また他の皆さんの記事一つ一つに元気づけられた年でもありました。もちろんそれ以外にもたくさんの人に応援されながら、無事年越しできそうです。ありがとうございました。

あめふら不器用だからうまく言えないけどさ、ほんとまじで、この病気になって戦ってない人なんていないからね。みんな頑張ってるんだからね。

そしてまさかのロンサーフを飲みながらの年越しとなり、うすぼんやりと吐き気と食欲不振を感じ、自分は今まで数の子のことが好きだと思っていたけれど、本当に好きなのは「塩数の子」ではなく「味付数の子」だったことに気付き、生協の注文書の記入が微妙にずれていて小さいけれども深いショックを受ける中(無塩ローストミックスナッツ360g@1,350円を頼んだのは誰ですか、せんせい怒らないから名乗り出なさい)、「地獄の栗きんとん、あるいは紫サツマイモで栗きんとんを作ったらどうなるか実験」ならびに「1,000円以下の小さな塊肉でも作れるローストビーフの研究」は今年は中止となりそうです。

来年最初の実験は「ジプレキサ服用時のむずむず脚に効果的な薬はどれか、あるいは処方薬の小林製薬的ネーミングについて」です。

来年もよろしくお願いします。よいお年をお迎えください。





by amefurashimodoki | 2016-12-30 17:53 | ロンサーフ | Comments(2)

ロンサーフ2-5 ジプレキサの実験2

前回に引き続き実験。


☆ 半量にしてみる
→ むずむず脚は起きなかった
→ 眠気もそこまでではない
→ 吐き気はある
……これじゃ服薬の目的が果たせてない

☆ 全量にしてみる
→ むずむず脚は起こった
→ 眠気は強いが、気をしっかり持てば頑張れる予感
→ 吐き気は抑えられている
前回「眠気が覚めた」と感じたのは服用から20時間くらい経ってから。今回も同じくらいの時間で気持ち悪さが起きた。
つまり、それくらいの時間で薬の効き目が切れるんだね。
……リスクを取るか、ベネフィットを取るか。

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村



by amefurashimodoki | 2016-12-27 22:29 | ロンサーフ | Comments(0)

ロンサーフ2-2 ジプレキサの実験

ジプレキサ、他の患者さんに使ってみたら、すごく効くみたいだよ!
と主治医が言う。
で、そうなんだーと思って、早速昨日の夜に飲んでみた。


さすが抗精神病薬で、眠気がすごい。
眠い眠いと思って布団に入ったはいいが、あれ、足がむずむずする……
(むずむず脚は時々起こる。原因が分かってない病気だし、自分の中でも法則が見出せてないんだけど、鉄不足とか運動不足とか……そしてある種の抗精神病薬の使用時にも起こるとか何とか)
膝の上のあたりがむずむずしてどうにもこうにも……眠れない……


それでもだましだまし眠って、起きて、ちょっと食べてロンサーフ飲んで、しかし何だこの張り付くような眠気は!
もう、姿勢を保つのも厳しいくらいの異様な眠気。
結局寝直し。
暗くなるくらいになって目が覚めて、まだ眠いけど起きて、眠気が覚めた頃にはすっかり暗くなっていた。やれやれ。
これがジプレキサの実力なのか?


ということで、処方ではずっと飲むことになってるけど、今夜はジプレキサなしで寝ようと思うのです。
まだ吐き気が出る時期ではないはずなので大丈夫、と思う。


そして左脇下、動いたり咳をしたりはもちろん、息をしただけで痛む何かがある。
何となく痛む部位が動いてる気がするので深くは考えないけど、女マン復活だよー。

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村



by amefurashimodoki | 2016-12-24 23:42 | ロンサーフ | Comments(2)

ロンサーフ2-1 人生にはいろんな坂がある

主なものとしては「まさか」、あるいは「まさか」がある。
また、場合によっては「まさか」、また「まさか」、「まさか」などを含む。



14日間の休薬期間を経て、満を持してのロンサーフ2クール目。
まずは診察、その前に久しぶりのポートフラッシュ、さらにその前に採血。



あれれれれー?(← コナンくんの声で読んでね)


白血球あa3,000(11月) → 3,300(12月)↑
好中球あa1,800(11月) → 1,700(12月)
CEAああああ8.1(11月) → a25.9(12月)
CA19-9あa17.4(11月) → a18.4(12月)


好中球が戻らず、代わりにCEAが(ほぼ手術前の値まで)戻る(っていうより手術前より上がった)という結果に。



ロンサーフはまだ1クールしかやってないのでマーカーの評価は置いといて、ちょっと何やってんのよ骨髄、みたいな。

いや骨髄を責めるのは酷ね。
最近夜更かし気味だったしね。規則正しい生活から程遠くなってたしね。


肝臓の数値もぐっと上がってきたので、肝メタ持ちになって早々ちょっといやな感じ。
でも今のターゲットは胸膜播種よ。そのへんぶれちゃだめよあめふら。



しかし毎回思うけど、こんなことをずっと繰り返しながら生きていくんじゃのう。
そして懲りずにやっぱり毎回凹むよね。
まだまだ血液はケモできる数字だし、マーカーだってまだまだ二桁とは言うけどさ。



で、口唇ヘルペスできちゃったもんね!
今までと違う場所にできたけど。

でも今年の夏一つ大人になった私は、「ああ、唇で済んでよかったわ」と思うのです。
そう、あれはちょうどお盆の最中、生まれて初めての経験。
そして今度はお正月。


……確認なんですけど、全国的に帯状疱疹は年中行事ではないですよね。
帯状疱疹は流行りませんよね。これは伏線ではないですよね。

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村



by amefurashimodoki | 2016-12-23 19:50 | ロンサーフ | Comments(2)

ゴスペラーズ坂ツアー2017

日程が発表になりましたな。


今回は春夏のツアーだそうで、4月スタート。
日程をざっと見つつ、いやいやツアーが始まる頃には治療も落ち着いて、ある程度片がついてるさあ、と思う。

さあ遠征費を貯めないと。

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村



by amefurashimodoki | 2016-12-21 22:00 | 日常生活 | Comments(0)

障害年金まとめ

はいまずは復習から。

障害年金の制度をご存じですか?(政府広報オンライン)



片がついたので、さらりと軽やかにまとめます。
これからチャレンジする人の参考になるかしら。

ちなみにあめふらは共済年金の人です。何だかんだいって厚生年金とはちょっと違うかも。どうだろう。


共済年金の場合、2015年9月までは、障害年金を請求して受給資格を認められても「在職停止」となっていた。つまりは働いているうちは支給されないってこと。最初からもらえないと分かっているものを、ここまでで実際に請求した人がどれくらいいただろうか。
あめふらも「2015年10月から共済年金が厚生年金と統合されたので、障害年金もらえるようになってるのでは」と指摘されるまで、受給は無理だと思ってました。本当に教えていただいて助かりました。
みんな、共 済 で も も ら え ま す よ !

あと、流れ上書いちゃってるけど等級とかなんとかいうのは個人差で微妙なところなので、詳細は置いときなさいくださいおねがいします。



2015年11月 障害年金について自分で問い合わせる
※ あめふらはイリノテカンのSE(副作用)が結構強く出る。
※ IRIS+アバスチンからイリノテカン+アービタックスにレジメン変更した直後。結果的にイリノテカンの投与量が倍になり、案の定SEも増強。

・SEの辛さから約2カ月の病気休暇を取らざるを得なくなり、「今後この治療を続けるとしたら、仕事が続けられなくなるからいろいろ大変かも」と思う。
・以前からちらちらと聞いていた障害年金について、共済組合に電話してみる。
・共済組合の担当者から「人工肛門でやっと3級認定だから、そうでなければ無理」と言われる。
・とりあえず書類だけでもくださいと食い下がる。
・ここまでの共済組合とのやりとりから、自分で手続きを進めるのは大変そうだと判断。社労士さんに最初のアプローチ。
・この時は諸般の事情により正式依頼に至らず。


※ この後、2016年1~3月は一旦復職、イリノテカン+アービタックスは中止。ロンサーフ・アービタックス単剤・休薬でつなぎながら働いた。


2016年4月 社労士さんに正式に障害年金請求を依頼
※ ここからケモのため1年間の病気休暇+休職に入り、イリノテカン+アービタックスをフルコースで再開。

・あめふらがやったこと
 1、社労士さんから送られてきた「相談票」に、今までの経過を徹底的に微に入り細を穿って記入(この時、ブログや日記がだいぶ役に立った)
 2、提出書類のうち、「病歴・就労状況等申立書」の裏面記入(これも具体的「どう調子が悪いか」「なぜ働けないか」を記入)

 それ以外の書類の作成や診断書集め、共済組合への問い合わせなどは、全て社労士さんがやってくれた。


2016年5月 書類提出完了
・GW明け、社労士さんから障害年金請求完了との連絡。中旬には提出書類一式の写しが届く。(実際提出した書類、以前あめふらが個人的に取り寄せた一式に比べるとだいぶ違うんですけど。書式とか。)
・診断書等の実費分を支払う。(診断書等もすべて社労士さんに取ってもらったため。受診状況等証明書1通[初診日時の証明用]、診断書2通[認定日請求用・事後重症請求用各1通])


2016年8月 請求が通ったらしい
・上旬、共済組合から職場に「それでは年金請求書を提出しなさい」と連絡がきたらしい。
・年金請求は一切職場を通してないので事務担当があわあわし、書き方などについて共済組合に問い合わせたりしていたらしい。
・休職中のため職場から自宅に書類を転送してもらい、よくよく読んだ結果、どうやら年金請求が通ったらしい。
・年金請求書、自分で書けそうだけど微妙に分からない部分もある。これ一体どうすれば、と社労士さんに連絡したところ、社労士さん、共済組合に連絡して全く同じ書類を取り寄せる。
・書類作成についての不明点を社労士さんを通して共済組合に問い合わせたところ、「記入不要」「添付不要」が続出。おそらく共済組合の人がやってくれるんだと思います、と社労士さん。結局職場の事務担当が問い合わせた結果からさらに手続き簡素化されてびっくりだよ全く。
・中旬、社労士さんから書類提出終了との連絡。職場は一切通さずに手続完了。お騒がせしました。


2016年10月 障害共済年金証書が届く
・下旬に障害共済年金証書が届いた。(偶数月15日ではなく)その数日後に、認定日から今までの分を精算した額の年金が振り込まれた。
・また、共済年金では、2015年9月分までは受給資格が認められても在職停止で支給されないことを再確認。このあたり、親切なのか不親切なのか。


2016年11月 障害基礎年金証書が届く
・中旬に障害基礎年金証書が届いた。
・年金の振込は約50日後(最寄りの偶数月15日ってこと?)とのこと。


2016年12月 障害基礎年金が振り込まれる
・15日に年金が振り込まれた。年金って偶数月の15日に2カ月分が振り込まれるんですね。
・全ての年金が振り込まれたことを確認し、社労士さんに報酬を支払う。お世話になりました。ありがとうございました。



<請求してみて思ったこと>
・自分で共済組合に問い合わせて、その後社労士さんにバトンタッチした経験からいうと、やっぱりプロは違う。共済組合とやり取りしてもらって、提出書類が減り、必要な記入項目が減り、一体何が起こったんだろう、と思った。主治医ともさくさくとやり取りをしていたようで、気付いたら診断書が画竜点睛状態だった。

・しかし申請から年金受給まで半年以上かかるっていうのは決して短くないので、思い立ったら体力的、経済的いろんな意味で余裕があるうちに動くべき。

・主治医によれば、障害年金は各種社会保障制度の中で一番厳しいという認識で、それが化学療法SE就労困難で通ったので(ちなみに主治医も化学療法のSEのみを理由とする請求は初めてだったらしい)、基準が変わったんじゃないかってくらいの驚きだと。話を聞いてると、以前は人工肛門での請求でも苦戦していたそうなので、自分の状況で申請が通ったのはラッキーだった。
……でも就労困難の原因で考えれば、現実的にはSEが占める割合って結構大きいと思う。問題は、それを各方面に理解してもらえるようにするにはどうすればいいか、ってことなんだろうなあ。

・あ、その診断書、自分は世間話や愚痴程度に話していたつもりの内容まで見事に拾ってくれていて、非常に詳細かつ冷静、そして厳しく書き込まれていた。ごめんね先生ちゃんと覚えてたんだねすっかり聞き流されてたと思ってたよ……本当にありがとうございます助かりました足向けて寝れないですまじで。

・申請が通るかどうかの決め手はやっぱり診断書だ(と思う)けど、申請者が自分の状態を説明する「病歴・就労状況等申立書」は客観的かつ具体的な記述がよいと思う。社労士さんへの正式依頼後、書類作成に必要な情報を記入した「相談票(申立書の表面みたいな書式)」を作成したが、「日付」「療法名」「SEと体調」「仕事の状況」「仕事とSEとの関連性」をできるだけ詳しく記入した。つまり自分の場合、「化学療法のSEのため就労が難しい」という内容になるよう(っていうかほんとにそうだったんだけど)作成した。「相談票」は社労士さんによって打ち直され、申立書にA42枚の別紙添付という形で提出された。
ま、「相手の胸を打つ身の上話」じゃなくて、「自分自身についての丁寧で分かりやすい説明書」を書けばよいと思う。



・ここから本音。自分の場合、認定日申請と事後重症申請と両方をやったので、受診状況等証明書と診断書が計3通必要だった。診断書は(全部埋めるわけじゃないにしろ)A3両面手書きで経験がものを言いそうな雰囲気だったし、費用だって各8,000円×3+税、これを提出しても申請が通らない可能性があるのはハイリスクだと思う。

・さらに本音を言えば、ここまで手間とお金をかけても申請が通らないかもというリスクと、受給できるというベネフィット、天秤にかけると正直微妙。もちろん受給できることは本当にありがたいし治療費補助として助かるしやっぱり気持ちにも余裕ができるし、オラに元気を分けてくれたみんな、ホントにありがとな!なんだけど。
自分の場合はまだ余裕があったので頑張れたが、経済的・体力的に本当に困った状況に追い込まれてからだと、やっぱりあらゆる意味で間に合わないのではないか。

・あ、さらに追加。なぜ障害年金を申請したかというと、もちろん経済的な理由もあったけど、それよりも「がんでいろいろ困ってて働きたいけど働けないという何とももどかしいこの状況を、公的に認めてもらいたい」という気持ちが強かったんだと思う。あと、申請するという行動そのものが、今の状況を変えてくれるんじゃないか、何か勇気をくれるんじゃないか、という非常に情緒的な理由が。ま、実際のところはもっと現実的なところで勇気凛々であります。それはそれでよかよか。



<社労士さんへの依頼について>
社労士さんに依頼せずに自分で請求することももちろん可能だし、それで受給している方もたくさんいると思うけれども、自分は気力・体力・性格的に一人ではできなかった。
今回は障害年金請求自体に慣れた社労士さんだったこと、完全成功報酬だったこと、また非常に親身に対応していただけたことから、依頼して正解だった。とはいえ共済年金での請求は初めてのパターンだったようで、いろいろとお手間をお掛けしました。ほんと、足向けて寝られません。これから一体どっち向いて寝たらいいんだろう。





by amefurashimodoki | 2016-12-20 22:13 | 社会保障的な | Comments(4)

甘くない

クリスマスソング特集なんてめったに見ないけど、たまたまチャンネル変えたらちょうどゴスペラーズでありました。
ユタカさんの「Last Christmas」が非常にねっとりしていてよかった。
髪も切ってすっきりしてなおよかった。
陽ちゃん復活したねえ。さらによかった。

で、ここで「新大阪」かっ!
という。
大人な選曲でありますなあ。



いや、ゴスペラーズとNHKの選曲の話ではなく。

一時期「もう痛み止めは飲まなくていいかも☆」と思っていた肋間神経痛が、この寒さで復活。
しかも、ひりひりするならまだ我慢するけど、例の「おもむろに爪楊枝で一突き」が。
痛いねえあれ。
昔テレビで見た「傷口から古釘を取り出す呪術者」を思い出す痛さだねえ。
やっぱり神経痛からはそんなに簡単に解放してもらえないんだねえ。

で、あまりにも痛い痛いと言ったら、お試しで出たトラムセット。
さすがにこれはそんなに飲みませんよ、と思ったけど、結局時々寝る前に飲んでいる。
シリコンの湯たんぽも胸に乗せて寝てるので、最近また夢見が悪い。
目が覚めたら痛い、というパターンと、どっちがましかしら。

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ




by amefurashimodoki | 2016-12-16 22:28 | RFA・肺切除 | Comments(2)

立って歩け、前へ進め

ハガレンて結構中身難しいと思うんだよね。好きなんだけど。
ホークアイ中尉になりたい。



さて、人をダメにする文明の利器、こたつの季節であります。
自分には立派な足がついてるにも関わらず、まぁこうなると動かないよね。
本読んだりかぎ針始めたりするとなおさらだよね。


ということで、「Standland」というアプリを導入。
1時間に1回、1分以上歩くと1スタンド。
実際は歩くのは難しいので、その場足踏みとか部屋の中を対角線移動(後ろ歩きは結構難しい)とかになるけど、それでも座りっぱなしにはならんわな。
d0238636_18212086.jpg

d0238636_21511970.jpg
そしてスタンドを〇回とか、〇回連続スタンドとか、〇回スタンドを〇日とか、いろんなミッションをクリアするとキャラがもらえる。

上はスタンド30回でもらえるブルーモンスター、下は10回連続スタンドを3日でもらえるパンダうさぎ。
うじゃうじゃしてるサンタっぽい何かも、他の姿に変えられる。


あ、スマホを振ってはなりませぬ。飛ぶから。





by amefurashimodoki | 2016-12-14 22:07 | 日常生活 | Comments(0)

それでも何となく満足

12月、休職して8カ月経過。
さてさて、この間(治療以外に)何をしたか、という今年の成果。



① 司書教諭講習をクリア

放送大学の夏季集中講座で、「司書教諭資格取得に資する科目」に挑戦。
5科目10単位なので楽勝(だって仕事してないしスクーリングもないし)と高をくくって狸の皮を概算しまくっていたら大違い。
まずテキストが届いたはいいものの、何をしたらいいのか分からなくて固まる。勉強ってどうやるんだったっけ?
そして、最初に出す通信指導答案、マークシート式が2科目、レポートが3科目。
テキストをひっくり返し図書館に参考資料を探しに行かないと解けない終わらない。
これやばい。
折り返し地点の通信指導答案でこれか。単位認定レポートの答案用紙がやたら早く届いたのはこのせいかー。
認定レポート提出期限は10月半ば、しかし遅くとも9月には始めてないと終わらないぞこれ。
もしかしてこれ、3カ年計画とかで取り組むやつだったんだろうか。
いい成績はいりません、単位をください。
……みたいな感じでぐぬぬぬぬと念じていたら、先日「単位あげます」という連絡が届いた。よかった。



② 音訳奉仕員になった

音訳奉仕員とは、印刷された文字から情報を得るのが困難な方に向けて、いろんな活字を音声に直すボランティア。
あくまでも「活字を音声にする」のがお仕事なので、抑揚をつけたり声色を使ったりはしない。
活字を読んでどんな感想を持つかは人それぞれなのと同じで、音訳されたものを聞いて何を思うかも人それぞれ。そこに介入するような要素があってはいけませぬ。よって、分かりやすい発声と音量で、淡々と、間違いなく読むこと。
朗読や読み聞かせとは対極。

自分は仕事柄、たくさんの人の前で話をしたり、文章を読んだりすることには全く抵抗がない。
そしてどうやら生まれつき声が通る方らしい。
だから、この音訳奉仕員も何とかなると思ったし、時間もあるし、で、軽い気持ちで申し込み、ほぼ半年間の講習を受けた。

甘かった。

今まで自分がやっていたことは、スーパーで金切り声を上げる子どもと一緒だったことが分かった。
自分の喉からいろんな音が出るのが楽しくて、その音に周りの人が反応するのが楽しくて、きーきーやってる子どもと一緒。
人間の声ってあくまでも道具なのに、その声を出すこと、響かせることばかりに主眼がいって、声をちゃんと使って「読む」「伝える」ことは二の次になっていた。

そして恐ろしいことに、プロのアナウンサーである講師はそんな自分の弱点を非常に的確に突いてくる。
自分の読み方は「ぶっきらぼう」で、「集中が欠けると素が出る」んだそうな。
自分に言わせれば「体温がない」感じ。まあ似たようなもんよね。
今まで声を出すことだけ考えてて、読むことがおろそかになってたんだから仕方ない。

で、考えました。
いくら練習しても本番でその「読む」という気持ちが飛んでしまうんだったら、ぴったり身につくくらい練習すればいいんじゃないかと。
不完全とはいえ初見の文章をここまでぱっと読めるようになったのも、そもそもむかーし練習して練習して、練習してたのも忘れたくらい練習して身についたからだったし。覚えてないけど、たぶん。

発声・発音の練習も、さぼるとばれるし。
課題も読み込みが足りないと指摘されるし。
毎回ほんとにお腹痛くなりながら講習に通ったし、ケモで体力が削られてるのでSEで本当に倒れるんじゃないかと思うことも多々あった。
でも、我慢はしたけど努力はしてこなかった自分だけど、ここが努力のしどころなんだと思った。

講師は、「大河のような読み」とおっしゃった。
大きな川は、いつでも淡々と流れていく。川底が岩だろうと砂だろうと泥だろうと、あるいは水が温かろうと冷たかろうと、そんなものは川面からうかがうことはできない。
それと同じように、文章を徹底的に読み込んで理解して、川底のごつごつも水温の変化も鮭の遡上もクラムボンのかぷかぷもすべて飲み込んだ上で、淡々となめらかに流れていくように読めと。
そうすると、えもいわれぬ味が出る。(昔話に出てくる謎のきのこ鍋みたいだけど)
きっとそれが個性。

で、講習を受け、認定課題に合格したので、音訳奉仕員として認定された。
でも一人前になるにはまだまだで、年単位で修行せねばならぬらしい。
おらなんだかわくわくしてきたぞ。

あ、しっかり発声練習してるとお通じがよいです。今は便秘。お察しを。



③ 障害年金通った

これは後でまとめます。



あと一つ、今年はものにできなかった資格があるんだけど、それはまた来年ね。
今年はケモの日程ともろもろがうまくかみ合って、(大変だったと思うけど犬だから覚えてないので)何だかんだいってやりたいことやったなーと思う。(実は)お伊勢さんにも行ったし(2年ぶり2回目)、よかよか。





by amefurashimodoki | 2016-12-14 00:00 | 日常生活 | Comments(2)

何もない一日

休薬期間なので、体が楽。
服薬中は夢見の悪さに悩まされたが(職場で悪戦苦闘する夢だったり、自分が学生になる夢だったり)、今はそんなでもないし。
やっぱり具合悪かったり痛いところがあると、変な夢を見るんだと思う。


体調が割といいので、
d0238636_22143552.jpg
こんなのとか(イカが白いのが不本意)

d0238636_22144866.jpg
こんなの(お新香定食みたいだけど、違いますよおローストビーフ丼ですよお)も食べられるようになった。


一人で出かけたり、友達と出かけたりもできるし、話したり歩いたりも9割方問題ないんじゃないか。
咳が(時々息が)苦しいぐらいで。
まだちょっとね、痛み止めも飲んでるけどね。



今日は雑貨食料品書籍その他もろもろが一堂に会した本屋で買い物をし、近くのホームセンターで冬用のウインドウォッシャー買ってドジョウ見てネコに居住まいを正されて、ドラッグストアと100均で買い物をして、その帰り道。
ふと、今日が12月12日だということに気付いて、何だかとても焦る気持ちになった。
こんなことしてていいのかな。もう12月なのに。

……しかしいやいや待て待て。

結局何もしないうちに師走しかも中旬ってどういうこと!?と一瞬思ったけれど、自分で運転できて好きなところに行けて自分のお金で買い物できて食べたいもの食べられてるこの状況の、どこに問題があるのかな。
「なんでもない退屈で当たり前な一日を、できるだけ長く繰り返しながら過ごしたい」というのが、病気になってからの自分の望みではなかったか。
しっかり叶ってんじゃん。今。
やっぱりホムセンよりドラストの方が洗剤安いなあ、とかやってんじゃん。


ああよかったなあ、生きてるなあ、と思いながら食べるシライシパンのつぶあんマーガリン(ごちそう)は、今日も安定の美味さでありますよ。
これからこんがらがりながら、かぎ針編みの練習をするのですよ。

(ロンサーフの休薬が2週間まるっとあるのは、それだけの期間身体を休めないといろいろまずいってことなんですよね?)





by amefurashimodoki | 2016-12-12 22:43 | 病気さまざま | Comments(0)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る

最新の記事

帰ってきて、大変だった
at 2017-08-20 21:48
初めてのお泊まり
at 2017-08-11 22:08
一方そのころあめふらは
at 2017-08-08 09:13
ひよっこ
at 2017-07-29 08:26
暑中お見舞い
at 2017-07-27 11:23

ブログジャンル