あめふら日記

<   2016年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧




CPT-11+Cet5-1-6 台風というか低気圧

昨日から久々のイリノテカンでぐったり。なんだかとっても眠いんだ。

でも台風くるっていうし、ね。
耳がふさがる感じがあったり頭痛がしてきたり、台風ってでっかい低気圧なんだなーと思う。
とはいえ、荒天になる前に鉢植えとプランターを何とかしなくては。


鉢植えは玄関前に引っ張り込んで何とか。
でも問題はプランター大×2。
土に水がしっかり浸み込んでて簡単には動かせないので、できるだけ空気抵抗を減らすためにも、植わってるプチトマトとさよならすることにした。
半分枯れちゃってて、終わりの雰囲気も色濃かったので。
プチトマト、今年は二株しか植えなかったけど、手つきザルで何度収穫したことか。
そして年々市販のトマト苗が甘くて味が濃いものに進化するのが驚きだよ、とか思いつつ、プチトマト刈り取り終了。
あとはプランターを壁に寄せ、ゆめゆめ飛びなさるなと言い聞かせる。ほんとまじで頼みます。
d0238636_15323916.jpg
小さいのがマイクロトマト(黄)、大きい方がカロテン3倍プチトマト。
「農耕のはじまり」と「これからの農業」ぐらいの味の違いがあった。



そして、トマト二株刈り取りぐらいでだいぶぐったり。







by amefurashimodoki | 2016-08-30 15:41 | CPT-11+Cet | Comments(0)

CPT-11+Cet5-1-3 お腹重い

昨日の水没事件を境に、今日はめっきり涼しく、いや肌寒いくらいに。
そしたらなんかさっきから、エアコンの中に生命の気配があるんですけど……これ、雨とか風とかの音じゃないよね……
(静かになったので、なかったことにする方向で)



久しぶりのイリノテカンですっかりツボを忘れていて、重曹とカマを飲むのを忘れていた。
ああ、忘れちゃいけないおなか対策。
一日排便がないだけで、お腹が重くて辛い。
食事量が減る → 便の量が減る → 便秘、というのもよくあることなのであれこれ試した結果、自分にはおからが合ってる感じ。

ということで、おから入りのスコーンを焼いた。
本当は某鶏屋のビスケットの遠い血縁みたいなのになる予定だったけど、おからのせいか生地をいじりすぎたせいか焼きすぎたせいか、おなじみのスコーン出現だった。ま、でもミトコンドリアは同じかな、みたいな。

でもね!
焼く前の生地の仕上げの時に(生地を二つに切る → 重ねて伸ばす → 二つに切る → ……)持て余していたブルサン(クランベリー入りだけどコショウ味)を挟んでみたのよ!
あ、膨らまなかったのはそもそもこのせいかもしれないけど、生地を甘めにしたので計算通り、甘くてしょっぱいスコーンができたのよ!
ただ、ブルサンは本来こうやって使うものではないので次はないなあ。


さ、気を抜かず食事と水分を摂りつつ、がんばれおなか!







by amefurashimodoki | 2016-08-27 20:49 | CPT-11+Cet | Comments(4)

帯状疱疹やたら痛かった日記(たぶん完)

これから帯状疱疹がどれくらい痛いかをひたすら語ります。



痛みは一週間前後でピークを迎える模様。
グラフ化すると、きっと弘前側から見た岩木山みたいな形を描きます。岩手山とは逆ね。(八甲田連峰じゃなくてよかった。)



day1(8/12)
右脇の下がかゆい。アービタックスの発疹?
赤くなってるけど、以前下着でこすれて皮がむけたこともあるし、それかしら。
→ 夜になって、ひりひりし始める。
(……背中とか胸骨のあたりとか、ここ数日体の内側が時々痛んだのもこのせいだったのか?)


day2(8/13)
朝になってもひりひり治まらず。発疹はないけど、胸骨の右側~胸がひりひり痛む。
背中にも赤い発疹の塊が。明らかにアービタックスの発疹とは違う。
「帯状疱疹じゃないか、病院行け」の声。
夜になって、ひりひりに加えてずきずきした痛みが。
いんたーねっとというとても便利な魔法の箱で調べたところ、脇と背中のやつ、帯状疱疹の発疹と似てる。


day3(8/14) 急患室
やはり痛い。意を決して急患室へ。
帯状疱疹と診断され、抗ウイルス薬(バルトレックス)を飲み始める。
痛かったらロキソニンね、と言われるが、ずきずきには効かないんだよね。
眠れない訳ではないが、痛みで眠りが浅くて辛い。


day4(8/15)
ずきずきした痛みの頻度が増える。
ロキソニンもバルトレックスと一緒に飲んでいたが、吐き気などが出てきたので控える。
右脇の下が皮膚をつままれるような痛み。誰かが毛抜きで私の皮膚をつまんでひねりあげている。もうやめてよーだれー。
あとは、筋肉痛のような、筋肉がばきばきに張って固まったような痛み。
手のひらで温めると楽になる。
夜中、胸骨右側~胸の痛みで目が覚めて、たまらずロキソニン。


day5(8/16)
痛み、強くなってないか?!
午前~午後~夜と、時間が経つにつれ痛みが強くなってる気が。
右脇の下と背中の発疹が出ているあたりは、相変わらず誰かがつねってるし。
あとはもはや右胸~背中全体が痛い。
ロキソニンとエチゾラムで何とか眠れてはいるものの、熟睡には程遠い。


day6(8/17)
眠いよう。
夜眠れないので、昼寝しつつ何とか。
脇の発疹は赤みがひいてかさぶたになりつつあるけど、何をしてもとにかく痛い。つらい。
痛いと物を考えることができなくなる。


day7(8/18) 診察(内科&皮膚科、ケモ延期)
痛みのピークは越えたかな、と思ったが気のせいで、夜になると痛みが強くなる。
脇の発疹がだんだん落ち着いてきたので治りかけかと思いきや、背中はまだまだ現役だった。
ってことは、この脇のずきずきが今度は背中に移行するのかなあ。うんざり。
胸骨と、発疹がでていないわき腹が痛い。筋肉痛みたいな痛み。


day8~9(8/19~20)
ずきずきする痛みはだんだん頻度が落ちてきたが、ひっっっどい筋肉痛みたいな痛みが強い。
脇の下のずきずきポイントだけがピンポイントでしつこく痛む。


day10~11(8/21~22)
ひりひりする痛みと筋肉痛的な痛み、そして肋骨に布団針を刺されるような痛みが残った。
朝は大丈夫なのに昼間から夕方にかけて痛みが強くなる一因は、エアコンかも。
暑くてエアコンつけて、身体が冷えるとてきめんに痛むようになる。冷やしちゃダメ、ゼッタイ。
やっとスーパーに買い物に出た。痛い。


day12(8/23)
胸骨と背中が痛いので、たまりかねてロキソニンと胃薬を飲んだ。
これで一日に飲む胃薬が四種類になった。でも……楽かも……
脇の下のずきずきポイントだけは、本当にここに傷があるんじゃないかってくらい痛い。


day13(8/24)
朝起きたら、やっぱり痛い。でも今日は午後から出かけなきゃならんので、昼前に胃薬と一緒にロキを飲む。
結果、痛みはほとんど気にならず!
そうかこれが答えだったのか……今まで胃薬と併用しなくても何とかなってたから……おばちゃんが間違ってたよ……
そしてロキソニン効果は8~10時間で切れる。切れるとやっぱり痛い。


day14(8/25) 診察(内科、ケモ再開)
昨日も寝る前にロキソニンを飲んだが、起床したらちょこっと痛みが。
再びロキソニン。
診察で「まだちょっと痛いです」とは言ったものの、鎮痛剤を追加してもらうほどでもなく。
夕方点滴が終わったあたりからじわじわと痛みが出てきたように感じたが、それより低気圧接近による頭痛の方が気になった。


day15(8/26)
脇の下のずきずきポイントにちょっとだけ違和感があるが、ほぼ無痛。終わったか?終わったのか?








by amefurashimodoki | 2016-08-27 00:34 | 病気さまざま | Comments(2)

CPT-11+Cet5-1-2 ケモ再開

帯状疱疹のあれこれでこれからのケモについて詰めないまま、昨日診察。


当然「で、今日からどうしようか」となったので、「分子標的薬を使い切ることが不安なこと」「アービタックス開始からまだ1年経ってないのでもうちょっと様子をみたいこと」を挙げ、あと1クールやってみたいと伝えてみた。
で、とりあえず早めにCT撮って判断する、ということで。

ただ、問題は肝臓的にイリノテカンの方かもしれないな、という感じもする。



ケモセンターの看護師さんが「最後のチャンス」とキャリアアップに挑戦し、職場を変わることになった。
歳も近いしすごいお世話になったしでいなくなるのは寂しいけど、なんだかほっそい糸だけど頑張ればこれからも繋がることができそうな気配があるので、そんなに心配はしてないさ。
で、いろいろ話をしながら、そういえば幼馴染も最近新しい環境に飛び込んだなあ、と思ったり。
みんながんばれ。



そして今日。
なんか帯状疱疹の痛みは気配を残して静まった。感じがする。
今回は一か月半ぶりのフルコースでのケモということで、イメンドとデカドロンを飲む。
そこはかとない気持ち悪さはある。
図書館とかうまいものまつりとか行きたいんだけど、「前日夜まではうきうきしてたのに朝になるとどうでもよくなる」現象で結局出ずじまい。
雨降りだけど室内は空気がこもってるので、もうちょっと涼しくなっておくれ、と思いつつ、まだ8月だからねー。

とか書いたら雨脚が強くなって、ひんやーりした風が吹いてきて、おお、いい風、って……って……

はっ⁉


ぎ や ぁ ぁ ぁ ! 室 内 び し ょ ぬ れ ー !



そんないちにち。







by amefurashimodoki | 2016-08-26 16:32 | CPT-11+Cet | Comments(0)

ロキソニン

ずっと愛用してますけどね。


どうも今回の帯状疱疹では、ロキソニン飲んでちょっとすると「血の気が引くような感覚 → 吐き気」が起こるので、おかしいな、と思っていた。胃が痛くなったりはしないんだけど。
皮膚科でも内科でも「痛かったら痛み止め」と言われていて、特に皮膚科では「ロキソニンは毎食後飲んでくださいね」、つまりは痛くなる前に飲みなさい、だったんだけど、どうもその飲み方は自分には合わないらしい。
一番いいのは、「飲んだら寝る」。あとは、本当に痛みがある時に(予防的にではなく)飲めば、そこまで具合が悪くなることもないみたい。
ま、SEが比較的少ない薬とはいえ、ゼロではないので仕方ない。
効く時にはびっくりするくらい効くので、付き合い方を工夫しなくては。



訳あって今までの治療の流れやら何やらをレポートにまとめなくてはならなくなり、5年前の記録をあちこち掘り返していたところ、そこまで繊細ではない自分のハートにも結構なダメージがきている模様。
あの頃は本当に大変だったろうなあ自分、と思う一方で、当然のことながら今の自分はあの頃の自分の延長線上にいて、根本的な問題とか不安なんかは5年経っても一切解決していないということも思い知った。
はーどっこい。







by amefurashimodoki | 2016-08-19 16:37 | 病気さまざま | Comments(0)

ケモ延期

今朝は通院だったのでしっかり6時に起き、おかげで伊調選手の決勝戦をきっちり見ることができた。
そして病院までの道のりで、おや、たまごが……


そしてついに!
きいろいあいつ!
d0238636_19330140.jpg
じゃなくて!
こいつ!
d0238636_19330923.jpg
2kmたまごからゲットだぜ!
しかしなんといっても世代じゃないので、「はじめてみるものには電撃を当てる」なんて物騒ないきものだったなんて知らなかったよ。
まるでマンドラゴラだな。



さて、今日は帯状疱疹のため、「皮膚科で診てもらった結果いかんでこれからの予定練り直し」となった。
ま、発疹はほぼかさぶたになってたので、皮膚科では追加で二日分のバルトレックスをもらって終了。
次のケモ開始は発症から2週間は空けて欲しいとのことだったが、ぎりぎり負けてもらって来週から再開の予定。
採血のデータもぴちぴちで、全く問題なしだった。やれやれ。


しかしまだまだため息が出るくらい痛い。
どんどんロキソニン飲めっていうけどさあ……やっぱりちょっと気持ち悪くなるんだよなー。
そもそもずきずきした痛みには効かないのが分かってるので、無理には飲まないことにするさ。







by amefurashimodoki | 2016-08-18 19:51 | CPT-11+Cet | Comments(4)

とにかく痛い

相変わらず帯状疱疹と格闘中。
何をしててもとにかく痛い。
思ったより痛くなかったなんて言ってごめんなさい。ここ数日、帯状疱疹の本気を見た。
人間、痛みがあると精神的に病むね。






by amefurashimodoki | 2016-08-17 22:23 | 病気さまざま | Comments(0)

帯状疱疹でした

結局、痛みがだんだん強くなってきたので、急患室へ。
かゆくてひりひりするだけでも結構鬱陶しいのに、時々くる刺すような痛み。
ちくちく、じゃなくて、えい(ぶすり ← 竹串)、って感じのとか、えい(ピンセットで挟んでひねりあげる)みたいなやつ。
まぁそれでも思ったより痛くないのは、症状が出たのが顔とか頭とかじゃないからか。
や、でもね、十分痛いんですが。
自分は右側のわきの下と肩甲骨わきに発疹が出てるので、なんかその、車の運転姿勢が、……ヤンキーくさくなるよね。


お盆だし、急患室が野戦病院化してたらどうしよう、と思ったけど、ちょうど谷だったのか待合室に患者さんは少なかった。
(それと、診察即入院で待合室に帰ってくる人が少なかったのと。)
登場したお医者さんは3人。トリプルチェックにより帯状疱疹と確定。
何だかんだいって奥の方にたくさん患者さんがいるようで、さらに今飲んでる薬やら何やらと帯状疱疹の薬との兼ね合いを調べたりしなくてはならず、2時間近くかかった気がする。
最終的には主治医も登場。あーでも帯状疱疹だって知っておいてもらえて良かった。

今年の夏は帯状疱疹で幕を閉じるのだなあ。
でもお盆中なのに薬がもらえて良かったわ。
そしてケモは?(帯状疱疹アピール)







by amefurashimodoki | 2016-08-14 19:24 | 病気さまざま | Comments(2)

ひりひり…

アービタックス中なので、皮膚の異常には慣れているつもりなんだけど、

昨日からのこの、かゆみにかぶせてくるひりひりちくちくとした痛みは何なんだろうかと。

胸から背中にかけて、しかも右側だけ。
赤いぶつぶつができている。
服がこすれると痛いし、何もしてなくてもやっぱり痛い。


今まで自分で背中の状況を見たことがなかったから、これまでもこういう発疹があったのかもしれないけどね。
部位的にも、ちょうど下着でこすれる部分だから、汗でかぶれてる可能性もあるしね。
うんうん。


……でも、あせもって痛くないよね。






by amefurashimodoki | 2016-08-13 11:34 | 病気さまざま | Comments(3)

一番力になるものは

こないだのがん相談室でのぐちまつりの時に、病気は進むけど看護師さんにも先生にもほんとに一生懸命やってもらってるからそこには不安はない、みたいなことを話したら、それはあめふらさんが頑張ってるからだよう、と言われた。
えへへへへ、と思ったけど、むしろこの病気で治療してる人って、頑張ってない人はいないと思うのよ。
多かれ少なかれ、頑張らないと心身ともに耐えられないもの。
誰だって心の底の底の方で、やっぱりがっちりと踏ん張ってる何かがあるんだと思うのよ。


へこんだり沈んだりしなびたり、どうしたらいいか分からなくなったりした時に、一番力になるものって、やっぱり同じく病気と(あえて)戦っている他の誰かの言葉なんだなーと思った。
自分のこのブログについても、自分自身のための記録でもあるけれど、もしかしたら一回ぐらいは偶然これを読んだ誰かの役に立つかもなあ、という思いがある。
それは意図して啓発しようとか励まそうとかそういうのではなく、読んだ人の状況とか考え方とかにお任せの部分だけど。



そして今日も黄色いにくいやつには会えなかった。
でも毎日よく歩かざるを得ないので、これもある意味治療・療養の一環。本気で言ってます。







by amefurashimodoki | 2016-08-12 17:34 | 病気さまざま | Comments(0)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

そして、気胸になる①
at 2017-06-26 14:47
にういんしてます
at 2017-06-12 19:28
答え合わせ
at 2017-06-09 07:18
傷、なのかもしれない
at 2017-06-07 10:09
全ては神経痛なのか?
at 2017-06-03 16:54

ブログジャンル