あめふら日記

<   2016年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧




スプラウト日記

種まき。
d0238636_13441403.jpeg
6日目。
種まきからはずっと遮光。もやし状態。
d0238636_13444383.jpeg
9日目。
草丈3〜5cmになったので、窓際に移動。
どう見ても美味しそうではない……
d0238636_13451526.jpeg

1日日に当てると、スプラウトっぽい色に。
d0238636_09400032.jpeg
これはなかなか。
奥にいるニンジンの葉っぱも、独特の風味。



どうでもいいことなんだけど、最近「いただく」が気になる。
さっきテレビから「皆さんにもっと美味しくいただいていただくために!」とか聞こえてきたけど、「いただく」って「食べる」の謙譲語だから、自分(あるいは相手から見てこちら側)の動作にしか使わないんじゃないのかな。
どうも「いただく」は「食べる」のざっくりした敬語表現だと思われてるような節があるんだけど(ざっくりいうと間違ってないけど)、相手の動作に使う尊敬表現は「召し上がる」ですからね。謙譲語「いただく」の後に何をくっつけても尊敬表現にはなりませんからね。それともあるいは二方向への敬語?何時代?

だから、それを言うなら「皆さんにもっと美味しく召し上がっていただくために!」だと思うの。
ごはんの時のごあいさつは、「いただきます」「召し上がれ」だもんね。

(敬語って、中途半端なのが一番厄介。あめふらはいっそ「こうしたらもっと美味しかった!」という姿勢で生きております。)






by amefurashimodoki | 2016-04-30 09:55 | 日常生活 | Comments(0)

Cet2-5-1 焦る

朝から焦っていたのです。


いつもより5分くらい早く病院に着いて、でも受付番号はいつもより5人分くらい遅くて、ほうほうと思いながら採血の順番のカードを取ったらこっちはいつもより2~3人早くて、ふーんそういう日もあるのねと思って。

今日の採血は無口だけどやり手の看護師さんで、ほぼ無言ではあったけれども全くストレスのない採血で、採血2本しかなかったとはげに惜しいことよ、とか思いながらぱぱっと終わって外待合に戻って、何をするでもなく今日は何の日、とスマホのスケジュールなんぞを確認して。

なんか忘れてないか自分。
なんか大事なことがなかったか自分。

……ぁあああああ。
あれ、今日何日⁉

ゴスペラーズファンクラブの更新!
今月いっぱいが期限!!
いやいやまだ今日は28日、いやまて明日は祝日。明後日は土曜、明々後日は日曜、やなさっては5月2日。
ごがつふつか!平日だけどもう5月!

ていうことは、

やばい。今日中に手続きしないと。


それでそこから自分の頭の中は「どうやって今日の日付でファンクラブの会費を郵便振替するか」をめぐってぐるぐると回りはじめ、窓口ならば確実性を取るなら14時半、ATMならば15時までに手続きをすれば今日中の扱いで振替になるという情報を得、振替の日付が今月中なのでそこを何とか、ってできるのかな、でもとりあえず今日はアービタックスだけだからよかった、あれなら14時には終わるはずだからそこから郵便局まで歩いて5分、伝票書いて5分、よし何とかなるはず、まぁ万が一間に合わなかったら新規になるから入会金が余分にかかるけど、もしそれならそういう思し召しだということで仕方がない、ただそうやってすぐに諦めるのが自分の悪い癖で、だから自分は上海にも富士山にもなれないんだよな、とかつらつら思いながら……

……なんで今日に限って診察に呼ばれるのが遅いの。


外待合で「中待合におはいりください」の表示が出るまでに数十分待ち、中待合でも結構待って、でも自分の前に診察を受けていた人が見たことのある冊子を持って出てきたのでああそれは仕方ないよね新しいレジメンのご提案だったんだね、と納得しつつ、さらに待ち。

先生おなかいたいの?中でたおれてるの?もしかして召されたの?とか心配になったあたりで、やっと呼ばれた。


なんでこんなに時間がかかったかというと、何ということはない、障害年金の診断書が画竜点睛状態だったからでした。
自分のせいでした。ほんとごめんなさいね。


診察室に入ってみたらば、ぎりぎりまで迷って書いて(あるいはぎりぎりになって迷って書いて)、最終的な細かい詰めをするばかりになった診断書が広げてありまして。
至近距離ではあったものの、残念ながら文面の解読は不可能でありました。
でも大変頑張って書いてくださったようで、「これは体調が最悪の状態を想定して書くものなので、ひどく書いてあるが悪く思わないように」とのこと。
体調が最悪の場合、家でどういう生活になるのかと聞かれたので、瞬間最大風速的に大変きつうございます、と答えておいた。

で、ストマなし疾患のみでの請求は先生初めてとのことで、しげしげと「そもそも障害年金ってどういうものなんだろうねえ」とおっしゃるので、「就労が難しくなった場合に受けられると聞いております」と答えたらば「それだとどんな疾病でも当てはまるよね」とのこと、「その通り、でもみんな知らないから請求しないらしいです」と。


これあとでプリントアウトして差し上げますからね。


ケモ終了後、診断書が仕上がった由を社労士さんに連絡し、これですべて書類がそろったのでいよいよ請求(社労士さんが)することに。(たぶん。)
後学のために結果は教えてくれろ、と先生はおっしゃっていた。もちろん貴重なケーススタディになることでしょう。なにしろ化学療法だけで障害年金を請求するなんて、今まで病院全体でも例がないだろうから。
職業柄、いろんな情報と経験が将来ものすごい裏打ちになることがあるのは自分も知ってるし。
診断書の中身をちゃんと見てない(コピーお願いするべきだった!痛恨!でも振り返らない!)ので何とも言えないし、請求するまでに書類のお金もすごくかかるし、その上で通るかどうかは出してみなければ分からないから(さらに、もし通ったとしても3級はそれだけで生活が何とかなるような額ではないし、傷病手当と相殺されちゃったりもするから)、世の人に積極的にお勧めできるものではないけれど。

でも、なんといっても障害年金はぼくらのゆめだから。
で、このケース、先生ならちゃんと活用してくれると思うんだ。


今回はあまりにも体調何ともなくイリノテカンを終えることになり、果たしてそれで就労に制限ありの障害年金請求うんぬん言えるのか?とか思われたらどうしようなんて考えたりもしたけれど、先生は「でもきっと今の状況で職場に出たら具合悪くなるんだよね、やっぱり仕事するってそれだけきついんだねえ」と。
とりあえず自分としては、具合悪くても「具合悪いんで休ませてください」と職場に電話しなくていいのがとても心安らぐ。
あとは、「この程度で仕事休むなんて自分のばかばか根性なし」と反省しなくてもいいことが。
つまり、そういうことだと思います。




ていうか!
そうじゃなくて!
ゴスペラーズ!
結局そんなこんなでケモセンターにたどり着いたのがいつもより1時間近く遅くなり、おそらくピークの時間帯だったためにセンター中が大騒ぎの状態。
いつもなら朝イチに近い時間で登場するからベッドも選び放題で、にぎやかになる頃には穿刺も終わってポララミンに殴り倒されて昏倒しているんだなーと思う。

14時になっても仕上げの生食を終わらせることができず、ああようこそ新規ご入会、時が見えるよママン、と思ったところで、タイミングよく輸液ポンプがアラームを鳴らして止まった。
ので、おずおずと「今日は生食最後まで入れなくてもいい、かも」と申し出て、そのまま抜去、終了。

郵便局に駆け込んだのが14時半。
間に合うか?と思いつつ、何とか受付印は今日のやつで手続きすることができた。
さて、どうなるかなー。







by amefurashimodoki | 2016-04-28 19:23 | CPT-11+Cet | Comments(4)

Cet2-4-7 おなかが!

因幡の白兎状態。
何かの拍子に擦ってしまったらしく(薄着で腹巻を巻いたからかも)、広範囲に皮がむけてしまったらしい。
お湯がしみるなーと思ったら真っ赤で、お湯もしみれば当然ヒルドイドもしみる。
もうね、痛々しいを通り越して、グロい。
何日か経ったのでやっと落ち着いてきたけど、おなかに関する悩みは尽きない。



日差しが出てきたし、日焼けから色素沈着っていうのも怖いし、と思って、日焼け止めにパウダーを重ねたら見事に白浮き。
ていうか、むしろ青白い。
何かに似てるなーと思ったら、あれだ。
命影郎。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村



by amefurashimodoki | 2016-04-27 23:24 | CPT-11+Cet | Comments(0)

Cet2-4-4 さくら

うす曇りなので
d0238636_20343191.jpg
ちょっと不気味な雰囲気になってしまい

d0238636_20343455.jpg
うっかりすると散ってしまいます

d0238636_20343776.jpg
近所の神社にて。

なんか今年の桜、あっという間に咲いて、あっという間に散ってしまう気がする。
もっとあちこちの桜やら夜桜も見に行きたいけど、体調がそんなに悪くないとはいえ突然電池が切れるので、遠出もし難い。



一応でかいカメラ(といってもEOS KISSですからママカメラですが)も持ってるんだけど、面倒でなかなか持ち出していない。
でもやっぱりきれいに撮れるんだよなー。頑張って持ち歩こうかな。筋トレになるかな。
Hoocapというレンズフードとキャップが一体になったやつ、うちのレンズにも付くのかしら。








by amefurashimodoki | 2016-04-24 20:38 | CPT-11+Cet | Comments(0)

Cet2-4-2 ガッテン、それって……

前回のNHK「ガッテン!」(ためしてガッテン、じゃなくなったのね)で、筋肉の増やし方をやってましたが。
筋トレしたら30分以内にたんぱく質+糖分を摂るといいそうで。

牛乳200cc+どら焼き半分ぐらいがいいらしい。でも運動の後に牛乳か……。
たんぱく質+糖分なら豆乳飲料(砂糖とか入ってるやつ)+チーズとかでもいいのかな。と思って、とりあえずためしてガッテン。


何なら食事の前に運動するといいですよ、と言っていたが、それって……いわゆるちゃんこですよね先生……と思ったのは私だけではないはず。



今日は朝から寝ていられず、吐き気もぼんやり。
毎週イリノテカンって、本当に身体を休ませる時間がない。
だがしかし。日が経つとどんどんだるくなるので、やることやってしまわないと!

ということで、午前中から近所の大型書店へ。
おかゆネコ6巻を買いに……ではなく、とりぱん19巻を買いに……でもなく、万年筆と便箋と封筒を買いに。
そして、ここではプラチナ万年筆を扱っていないことにがっかりしつつ、併設のカフェへ。
お世話になっている人からお見舞いの手紙をいただいていて、そのお返事を書かなくてはならなかったので。

結局1時間くらいかかって書き終えて(封筒1枚と便箋3枚が犠牲になった)、封筒に入れて、口を閉じようとして気づいた。
のりが必要だった。

でも買いに行くの(すぐそこで売ってるけど)面倒。

ええい。
コップに水滴つくでしょう、あれでね、ぐるっと。封筒の、頼りないかぴかぴののりのところを、ぐるっと。
切手も。
同じ要領で。

はがれませんように。



帰りに
d0238636_20285065.jpg
地物のいちごを購入。最近さちのかが好みなことに気づいた。
果肉が柔らかくて甘みが強い。でもだから、とちおとめなんかと比べて日持ちもしないんだろうな。

そして
d0238636_20285447.jpg

こんなの率も高い気がする。
マンドラゴラ。







by amefurashimodoki | 2016-04-22 20:40 | CPT-11+Cet | Comments(0)

Cet2-4-1 ブロッコリースプラウト

採血のベテラン看護師さんって、本当にすごいと思う。
今日も私の肘の内側をひゅうっとひと撫で、いや軽くつついたか?くらいで場所を確認し、迷いなくついっと刺して終了。

ただ、採血結果は。
なぜか白血球が10,000超え。
好中球も8,000超え。
何だろう。体温は36℃ちょいで、平熱なんだけど。感染?春だから?



ケモセンターでは、いつも通りにまずはポートのところに貼っているユーパッチ(麻酔テープ)を剥がして、かぶれ防止のリモイスコートを塗布、乾いたらポート周辺を消毒して……そこで余計なことを考えてしまって大失敗。

あれ、消毒が冷たい……
え、いつも冷たかったっけ?感覚あるっけ?

結果、久しぶりに穿刺が痛かった。多分気のせい全開。やれやれ。

そして、あめふらさんってまだユーパッチ使ってるっけ?使ってるよね?と何度も確認されたのはなぜなんだぜ?


そしてかぷかぷとした感じの吐き気。
でも来週はアービタックス単剤、再来週は連休で病院自体がお休み。




夕方帰ってきたら、注文していたこれが届いた。
d0238636_22563343.png
ブロッコリースプラウトの種。
スプラウトのパック4つ分くらいのお値段。


蒔いてみた。
ダイソーで排水口用の金網とそれが収まる小皿を買い、小皿の上に金網、そしてコットンを敷いた上にぱらぱらと。
d0238636_22564880.png
なんか発芽してないか。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村



by amefurashimodoki | 2016-04-21 23:04 | CPT-11+Cet | Comments(0)

Cet2-3-6 やりすぎない



国立がん研究センターが、抗がん剤を使っているがん患者に向けてこういうお知らせをしているそうな。

・骨髄抑制から易感染状態になっている可能性があるので、家屋の片づけ等衛生状態に心配がある作業は行わない方がよい
・血栓ができやすくなっている可能性があるので、水分を多くとり軽い運動を心掛けた方がよい


言われてみればその通りのことで、普段ならマスクに手洗いで感染予防、抗がん剤が身体に残ってる時期はできるだけたくさん水分も摂っている。

でも、非常時なら。

果たして果たして、自分が当事者になった場合、どうだろうかと考えてしまった。

多分、「自分もなんかやらなきゃ」と思ってあれこれ動いちゃって、その時は気が張ってるから意外と何とかなったとしても、後からどーんと具合悪くしたりするんじゃないだろうか。
「日常生活は割と普通に送れる」状態であっても、決して健常者ではないということを覚えておかなくては。


きっとこういう「がん患者にとっては当たり前の注意事項」がわざわざアナウンスされるってことは、無理して頑張ってしまう患者さんがいっぱいいるってことなんだろう。
それに、抗がん剤を使っている = 易感染状態、なんて、普通の人は知らないよね(少なくとも自分は病気になるまで知らなかったよ)。

常々思うけど、「できること」「できないこと」をはっきりさせることって大事。察してくれるのを期待するのは無理。
先日「他の人と同じように動ける体力だいじ」と書いたけれど、それは「具合悪くなって動けなくならないための体力」ってこと。
みなさんくれぐれも、いのちだいじに。



さて、体調。
春になったとはいえ(桜が咲きました)、まだまだ乾燥厳しき折。
うっかりすると関節が割れ、指紋が割れ、指先の皮がはじける。
安いハイテク絆創膏を貼りまくっているけれど、爪と肉の間が割れるのが厄介。

あとは、やっぱりお腹が。
一昨日あたりからトイレ通いが頻回になり、昨日の夜中からついに下痢に。
今朝は久しぶりにロペミン&リンコデ服用。
しかし、それでもいつものイリノテカンのSEに比べたら穏やかだ。何でだろう。



不思議なこと。
夜になると「明日こそステキランチに行こう」とあれこれ思いを巡らせるんだけど、翌朝になると著しく意欲が低下する件。







by amefurashimodoki | 2016-04-19 18:56 | CPT-11+Cet | Comments(0)

Cet2-3-4 非常持ち出し

一応作ってある、非常持ち出しコーナーとリュック。
でも、中身確認してなかったなー。
作った時からは状況も変わってるし……ということで、見直した。



幸いなことに、飲まないとすぐに体調に影響が出る薬は(今のところ)ないけど、それでも絶対必要になるであろう下痢止めとか。
絆創膏はいくらあっても足りないから箱で入れとこう、とか。
逆に、アルコール系の消毒剤は使えなくなってるので外さなきゃ、とか。
あとは、ウエットティッシュ。ラップ。清浄綿なんかも入れとくか。


乾パンとかビスケットみたいなものは、あと数年は賞味期限が残っているみたい。
自宅避難ということで考えれば、普段の生活習慣から食料の備蓄は十分だ。(やたら買い込みすぎている、ということでもある)
ウォーターサーバーも、水の確保という目的があったりする。
ただ、これは持ち出しには向かないなあ。


あとは、体力つけておくことも、今の自分にとっては立派な非常時対応だと思った。
できるだけ、他の人たちと同じように動ける体力。







by amefurashimodoki | 2016-04-17 22:16 | CPT-11+Cet | Comments(0)

Cet2-3-2 障害年金、ちょびっと動く

社労士さんから申立書の件でメールが来ていたのをうっかり見過ごしていて、今朝ちょっと電話で打ち合わせ。
本当に診断書揃えるのから何から全部やってもらえるんだなあ、と感動した。

で、やっぱりつらつら振り返ってみると、自分日常生活を送る上ではあんまり困ってない……とはいえ、やっぱり寝込んでしまうと炊事・掃除・洗濯・買い物あたりはできなくなるので、「援助があれば」ってことになるのかなあ。

それよりも何よりも、これからの仕事の方が心配。
その点に関してはしっかり診断書に書いてもらわなくてはならないんだけど、まずは申立書から。
……あ、「治療に専念するため休職」ではなくて、「治療に専念せざるを得なくなり休職」が正解かな、とかね。
電話の後で自分でも一度まとめてみて、送信。
電話であれこれ聞かれて話したけど、自分でまとめ直してみると「そういえばこういうこともあったわね」という思い出しもあり。
イリノテカンをずっと休んでたので、SEの厳しさを忘れかけていたのだ……自分やっぱり記憶装置が犬だー。

ま、とにかく可能性に賭けてみる。他に賭けるものないし。カシオミニ持ってないし。
あとは政府広報オンラインでもプリントアウトしとこうかな。



体調はといえば、今回あたりからいよいよSE通常営業の兆し。
今朝は寝ていられず、朝からぼんやりとした吐き気でスタート。
まだグラニセトロンゼリーに手は伸びないが、何だか雲行き怪しいぞ。

本当に寝込んでしまうと怖いので、久しぶりにおこもり対応の買い出しもした。
買っても食べない防止とひきこもり防止を兼ねて「今日食べるものは今日買う」ことにしていたけど、家の中で遭難したらたまらん。

ラッキーなことに、便通はある。珍しく今日は午前中に結構出たので、その点は楽。(むしろ下痢にならないことを祈るばかり。)
イリノテカンの下痢が始まったのか、めかぶ&もずく効果か(春の味覚)、飲む亜麻仁油効果か、朝のアバンド300cc一気飲み効果か(今朝は胃が痛くなったので、これからは無理しませんです)。
しかしなあ。眠いんだ。何だかとっても眠いんだ。おかしいなあ。まだ早いなあ。



昨日は吐き気やら何やら不快だったけど、結局夜中までテレビの前から動けなかった。
だからといって何ができるわけではないけれど、まずは余震が収まりますように。
あとはちょびっと、今ここでできることを。







by amefurashimodoki | 2016-04-15 20:34 | CPT-11+Cet | Comments(4)

Cet2-3-1 体調の目安

今日も朝からすっきりせず、何か調子悪いなーと思っていたんだけど。
通院のため病院まで歩いてみて分かった。


調子が悪いと足が重い。


もうね、すたすた歩けない。
足取り的には、学校行きたくない小学生みたいな。
気を確かに持ってないと、立ち止まりそう。
倦怠感ってなかなか分かりにくいSEだけど、やっぱり身体が思うように動かないので辛いっす。



とはいえ、採血の結果は超ぴちぴち。
そしてこないだのドキドキ☆CT大会の結果、一概に縮小とはいえないものの、それぞれ何らかの形で薬の効果というか影響が出てるらしい。
今回のCTは年明けからのケモ(アービタックス単剤おさぼりバージョン)の効果測定だったので、なかなか上々。
一番大きい腫瘍(35mmくらいだったかな)は真ん中に空洞あるいは石灰化した部分ができていて、どうも壊死してるようだと。
この腫瘍は病膏肓に入る位置にあって厄介だったので、効果が出てくれて良かった。しかし腫瘍が壊死、ってなんかすごい響き……



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村



by amefurashimodoki | 2016-04-14 18:29 | CPT-11+Cet | Comments(0)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る

最新の記事

そして、気胸になる①
at 2017-06-26 14:47
にういんしてます
at 2017-06-12 19:28
答え合わせ
at 2017-06-09 07:18
傷、なのかもしれない
at 2017-06-07 10:09
全ては神経痛なのか?
at 2017-06-03 16:54

ブログジャンル