あめふら日記

<   2015年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧




ななな何年ぶり

8月に入り、どこもかしこも夏祭りの気配濃厚であります。



さて、うなぎを平らげた日の夜、勤務終了後に出張のため移動。
出張といっても中身は研修なんだけど、会場はわが母校のある町でありました。
内陸の盆地という夏も冬もそれは過酷なロケーションながら、それなりに文教地区としてのプライドを持つ彼の地よ。


……暑いんじゃ!



勝手知ったる、と思って駅から宿まで15分ほど歩いてみたら、うっかり遭難しそうになった。
飲みかけのペットボトル持って歩いてて良かったー。



そして宿は大学入試の時に泊まったホテル。
なぜってそこが会場だから。移動面倒だし。

えっと、何年ぶり?


……20年以上前の話ですってよ奥さん!ぐっはー。



翌朝、ホテルの最上階で朝食を摂りながら町を眺めてみたらば、大学病院と国立病院がやたらにょきにょき成長していた。(というよりも、往時はどちらも不安になるくらい古い建物だった。)

そしてもう一つ。

大学本部の奥の方に、にょきっとビルヂングが建ってるんですけど。
あれは理工か⁈理工のビルヂングなのか⁈

儲かってんのかしらー。
うちの学部は内部リフォームで終わってたぞー。
でも文系劣勢の昨今、リフォームしてもらえただけラッキーなのねきっと。



研修は、途中で吐き気がしてくるほど勉強になった。
理論より実践と申しますが、一年に一回ぐらいは脳みそに新しい風を送らないとね。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-07-31 20:56 | 日常生活 | Comments(0)

うなぎ2015

引きこもりの翌日、うなぎ。
d0238636_22292564.jpg








ホヤ刺しもつけました。
d0238636_22375174.jpg





にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-07-30 22:46 | 日常生活 | Comments(4)

IRIS24-7 今日もお休み

前回のケモで「ひたすら休んで眠ったらすっきり回復!」だったので、それを狙って今日も休んだ。
なぜなら、週末出張でちょっと長距離移動するから。
どうせ行くなら無事に帰ってきたいしさぁ……最近めっきり自分の体力に自信ないしさぁ……


ところが。
やっぱりね。



寝れないんだよぉぉぉぉぉ。



何のせいだか分からないけど、明らかに夜眠れてない。
さすがにだるくなって、昼寝しようかな、と思って横になっても、やっぱり眠れない。
こんなんじゃ回復なんてしないよう。


それでも家にいると職場より断然体は休まっていると思うんだけど、ただ、家にいると自分の体に意識がいっちゃってそれはそれで辛い。

おなかいたい、吐き気がする、胸やけがする、暑い、などなど。
もうおなかいっぱい。




そして、これはがん治療をしてる多くの人がぶちあたると思うんだけど、「何を食べたらいいのさ」問題。
自分はもう積極的な食事療法はしてないけど、それでも下手なものは食べられないなという気持ちの縛りが大きい。
塩分多いのはだめだし、添加物多いのもだめだし、砂糖が多いのもだめだし、炭水化物の取りすぎもだめだし、……
でも一人だと、そして暑かったり具合が悪かったりすると、そんなにまめに作れないよねえ。
おやさい、おにく、おさかな、なんてやってられないよねえ。
一人分作っても、食べきれなくて捨てることも多いし。

で、なんか「これじゃ何も食べられないよ」という気持ちになってしまって。

参ったなあ。




とかなんとか言いながら、あるものを食べてはいるんだけど、やっぱり問題はお腹。
なんでだろう、お腹に関する副作用はまだ出ない時期のはずなのに、やっぱり食べるとおなかいたい。
というか、食べる体勢に入るとお腹が痛み始める。
左側、臍の横から下のあたり。

さらに「いったんやるとやりすぎる」という悪癖がさく裂。氷出し緑茶を飲み始めて数日、どうやら飲みすぎたらしい。(いや、作り方とかは守ってましたが……)
緑茶飲んでもおなかいたになるようになりました。


でも、ちょっとだけ進歩。
スキル「うけながし」を覚えたかもしれない。
あ、おなかいたい、でもこれは大事にならないからスルー、というスキル。
おなかいたいだけで気持ちは十分に滅入るけど、こだわらない!




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-07-29 22:43 | IRIS | Comments(0)

IRIS24-6 胃が苦しくて

今日は最初からお休みを取っていた。
休める時には休んでおこう!という方針。


で、家で体を休めようとは思うものの、やっぱり暑い……
どうも、居間にいると寝室が涼しく感じ、寝室に行くと居間が涼しく感じるらしい。
人ひとりが出す熱量ってそれなりなんだなー。



今回は便通もあって消化器官は詰まってないと思うんだけど、それとは別件でやっぱり調子悪い。


お腹が苦しくてどんよりとした吐き気がするんだけど、これは胃かな、それともお腹全体かな。

なんか、お腹は空くんだけど……そもそも吐き気があるので固形物は食べたくない。そして胃に食べ物が入っている状態の不快感が辛い。
お腹もぽーんと出てる感じ。かっこわるい……
室温28℃に扇風機で頑張ってるんだけど、やっぱりそれでも体が冷えてるのかしら。だから胃腸が止まってて具合悪いのかしら。いやいや、いつものことか?



夕方になって、近頃になく涼しくなった。
今日は割と寝やすい夜になるのかしら。
うーんしかし、お腹の空気抜きたい。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-07-28 22:34 | IRIS | Comments(0)

IRIS24-3 はたらく細胞

どうやら自分の骨髄抑制は、イリノテカンから3週間程度で一番強く出るらしい。
なので、いつもよりも1週多く治療を休んだりすると、血液検査の数値は少し落ち込む。


とはいえほとんどの場合は基準値内には収まっているし、基準値より低くてもケモの下限値には引っかかるので、特に問題にはされない。
でもねぇ、今回は、あれっと思うことが実は起きてたのよ。


ぶつけた覚えがない(いや、覚えてないだけかも)太ももに、結構でっかい青タンが。
ひじ下10センチという微妙な位置に、これまた謎のアザが。
まぁ普段から、手の甲とかふくらはぎの真ん中とかにもできるけどね、アザ。

きっとうっかり軽く(だから覚えてないのかも)ぶつけたところに、ちょっと血小板が少なくなってたからアザが残ったんだろうなあ。
といっても、データ的には血小板12ちょいはあるんですけど。まだまだ。


とか思っていたところに入手したのは、細胞擬人化漫画『はたらく細胞』。
割と血液内の細胞の動向に敏感な我々にとって、非常に興味深い作品であります。
血小板かわいいなあ。



今日は舌先に軽く麻痺を感じる。

うちは構造上寝室が一番熱がこもる部屋なので、昨夜はいっそ居間に布団を引きずってきて寝てみたんだけど、やっぱり暑いものは暑くて寝付けず。
その分を軽く昼寝で取り戻すことができたためか、思ったより眠気や倦怠感はきていない。
今朝はちょっと強めの胸焼けが来ていたけれど、それも時間とともに引いたし。
むしろ吐き気があまりなくて楽だし。

でも、「何食べても甘い」と「舌先の麻痺」があいまって、ごはんも途中でリタイヤ。
かなり諦めてはいるものの、作ったものの味付けの着地点が予想と違うと、やっぱりダメージ大きい。


とりあえず、ミネラルたっぷりの黒砂糖で黒豆を煮てみようと思う。
これをバナナ黒酢ゼリー(ゆるめ)と混ぜて食べるとおいしいのです。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-07-25 20:51 | IRIS | Comments(2)

IRIS24-2 泣き病棟のご提案

昨夜は吐き気が強く、おまけに暑くて湿度も高い上にコリン症状で汗がじわじわと引かず、よく眠れなかった。
そして気圧なのか何なのか、頭も痛い。
ロキソニンとエチゾラムを飲んではみたものの、そして枕元にペットボトルを置いてちょいちょい飲んでみたものの、いまいち。


で、具合が悪くて眠れない、となると正直ろくなことを考えない訳で、いろいろな思いで一人でぐだぐだと泣いてしまった。

でも、一人で泣くのもやっぱり寂しい時もあるのよね。


ということで、泣き病棟のご提案。
一晩入院して、ほんとにただ泣くだけ。泣き言を聞いてもらうだけ。
需要ないですかね。
いや、その前にスタッフがいないかー。
っていうか、それって病院ですらないか。





にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-07-24 21:32 | IRIS | Comments(2)

IRIS24-1  一応、マーカー2倍

今日は久しぶりに腫瘍マーカーが出た。

CEA 4.2
CA19-9 21.9

ええ、余裕で基準値内なのですよ。
でも、私にとっては見たことない数字。

2月  CEA 1.8
   CA19-9 20.4

3月  CEA 2.2
   CA19-9 20.2

5月  CEA 2.0
   CA19-9 17.8

6月  CEA 2.7
  (CA19-9は検査中だった模様)

……ときて、
7月  CEA 4.2
   CA19-9 21.9


先生は「上がってるとは言わないよー」と言うけれど。
確かに何と言ってもまだ基準値内だし。

しかし術前のマーカーがCEA1.8とかだったらしいので……
そこからほとんど変動なかったので……
いよいよ自己主張始めたか?という。


そして5年生存率について聞こうと思ってたけど、どうも先生から漂ってくるオーラが不穏だったので言い出せなかった。



うーん、そして今回は吐き気がきつい。TS-1は明日の朝から飲み始めまする。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-07-23 19:34 | IRIS | Comments(0)

無理しない〜

3連休の過ごし方。

1日目:天気もイマイチだし頭も痛かったので、洗濯とドラクエ
2日目:久しぶりに往復400㎞のドライブ


そして今日。
出かけようかな、どうしようかな、と思っていたところに、友人からメール。

「屋台メニューじゃない、ステキなものが食べたい」

こういう曖昧なメールが来る時って、こっちがあれこれ提案すると「なんでもいいけどそれは嫌」になりがちなんだよなぁ。
相手の中では決定事項があるのに、なぜかそれを後出しじゃんけん的に出してくるっていう。



……で、あっさり断った。
無理しない〜。もう自分から虎穴に飛び込んだりしな〜い。
自分に良いように生きていくの〜。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-07-20 23:05 | 日常生活 | Comments(2)

IRIS23-25(11) どうした、腸

すてきディナー
(翌日)
頻便→下痢?
午後になってやや落ち着いたものの、4時間おきにロペミン&リンコデ
(翌日)
日中はずっとガスが出まくり
夜、友人と夕食→帰宅後、やはり頻便
(今日)
ガスも出るし、トイレ頻回だし、何これ



こないだの治療からずっと、毎日何かしら腸がおかしい。
特にアルコールが入ったり、外出したりするとてきめん。
おとなしくしてろ、ってことなんだろうなあ。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-07-12 22:41 | IRIS | Comments(0)

IRIS23-23(9) 腹痛のゆくえ

TS-1の副作用といえば下痢。
もうIRISを始めてかれこれ2年になりますが、このTS-1の下痢対策には毎回苦労させられた。

で、前回、今回と久しぶりに結構しっかりした副作用があって、いつものロペミン&リンコデでは症状を抑えることができなくて正直参っていた。
考えてみれば、IRISの最初の数クールも同じような状態で、ロペミン&リンコデがきっちり効くようになるまでにはちょっと時間がかかったんだった。(そして今、なぜかその時と同じ状況になっている。)

今回は先週木曜日に点滴 → 金・土は仕事(便秘) → 日曜日の夜から頻便 → 月曜日から下痢、という流れ。
ちょっとでも胃に何か入ると腸が絞れてくるので、日曜日の夜から食べる量が極端に減り、またまた3キロほど落とした。
で、日曜日 = 話にならないくらい完璧な頻便
  月曜日 = 時期的にもTS-1の遅発性下痢で確定
  火曜日 = 〃
  水曜日 = 〃(でもそろそろ落ち着いてもらわないとほんとに困る)
という状況。
今回は下痢がなかなか治まらないので(とはいえいつも一週間くらい調子が悪い)やきもきしていたのです。


なぜかというと、昨日、スペシャルなディナーの会があったから。
普段なかなかゆっくり一緒に食事できないメンバーと、ボーナス出たから年に一回くらい行ってもいいよね、というお店で食事を楽しむ(ごはん食べる、じゃなくて)会がかなり前から予定されていたのです。
これは出たい。
絶対出たい。
お腹痛いからキャンセル、とか冗談じゃないし!

ということで、水曜日になっても落ち着かない腸を毎食後のロペミン&リンコデで抑え込み、木曜日も朝から毎食後にロペミン&リンコデ、更にコロネルという薬まで投入し、「お腹痛くなるかどうか分からないけど痛くならないように頑張る!」というかなりの力技で臨んだわけです。


結果、食事会は大成功のうちに終了。
店を紹介してくれた知り合いにも「ありがとにゃん」という心のこもったお礼を述べ、興に乗って2次会はホテルの最上階のバーに繰り出して語らい、大変気分よく帰宅したのです。

ここまでは良かった。

ところが、空が白み始めるころ、お腹が痛くて目が覚める。
トイレトイレ、と寝ぼけてあちこちぶつかりながら行ってみれば、なんといわゆる水様便。
そして地震。
そしてロペミン&リンコデを投入するも、収まらぬ腹痛。

きっと数日間半絶食だったところにいきなりフルコースが投入されたので、お腹がびっくりしたに違いない。
きっとそうだ。
いやでも本当のところはきっと、TS-1の遅発性下痢の余波、というか続きだ。

4時間おきに薬は飲んだものの、結局今日一日、夜になってもお腹のぐずぐずは続いた。はぁ。


まぁ食事会 ~ バー ~ 帰宅までの間、全くお腹が暴れなかったというのはとてもありがたいことだったんだけどさ。
でもやっぱりお腹の痛みって気持ちも下げてしまうんだよね。
ただなあ、腹痛の心配が全くない時期ってほとんどないから難しい。


そして食事会メンバーが絶賛していた「あわびの煮込み肝ソース添え」について、実は私、ほとんど味を感じることができなかったのですな。
肝ソースだけでなく、いろいろなだしが出たスープでじっくり煮込んだためにあらゆるうまみをがっちり吸ったというあわびの味も分からなかった。
塩味なのか何なのか、肝の苦味もだしもうまみも全く分からなかった。
(正直その場でちょっと固まった。バカ舌とはいえ……衝撃だった。)

なんかちょっと、それって結構問題だと思うんだけど。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-07-11 00:40 | IRIS | Comments(4)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る

最新の記事

術後初の診察
at 2017-05-22 17:50
オキノームレポート
at 2017-05-20 21:01
これまじですか
at 2017-05-20 20:23
痛い痛いばっかりで
at 2017-05-18 20:25
ここへきてまさかの
at 2017-05-16 18:46

ブログジャンル