あめふら日記

<   2015年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧




いちご

実家から、自家製いちごをもらった。
実家で採れたそうな。

でも自分、ベランダ菜園やってるくせに、そういうの苦手でのう……


それでも何個かそのまま食べたんだ。
自家製の割に味も乗ってて結構美味しかったんだが、ふといちご表面をしげしげと見てしまい、ああ、すごいタネがブツブツしてるなあ、なんて余計な事に気付いてしまい……

ちょうどミックスベリーを煮たやつがあったので、残りはそれと混ぜて明日食べる事にした。
混ぜちゃえば分かんないさ!
きっとね!

[PR]



by amefurashimodoki | 2015-05-31 23:43 | 日常生活 | Comments(0)

ぼやき沼から

こないだぼやき沼に浮かんでみて、一つ分かったことがある。


私には、できないことがたくさんあります。



ということ。
いやむしろ、私にできることは、ほとんどありません。



でもこれって、自分の無力さを実感した、というのとはちょっと違うのよね。

私には、あなたのお悩みをたちどころに解決する神通力もないし、解決策を教える知恵もありません。
だから、隣で黙って座っていましょう。
涙をお拭きとも言わないよ。
泣き終わるまで隣にいるよ。

ということ。


まぁ開き直って役立たずと言われればそうなんだけど、人の悩みと向き合った時に人間ができることなんてたかが知れてるし、こっちがいくら善かれと思ってアドバイスしたとしても届かないものは届かないんだし(それはこっちの問題ではなく相手の受け取り方の問題だし)、だったら「うまくアドバイスできなかった」なんて見当外れな反省をして苦しい思いをするよりも、いっそ黙って徹底的に相手に寄り沿ってみるのがいいのかなと。
なんかそう考えたら楽になった。
やっぱりどっかで「私が何とかしなければ(いや、してあげる、か)」という気持ちがあったんだろうなあ。
ないないない。
黙って見守るのも立派な仕事だってじいちゃんも言ってた。



ということで、

的確なアドバイスをしなきゃ
まずは傾聴しなきゃ
寄り添う以外には何もできなかろう ←今ここ


なんかそのうちタヌキの長老みたいになりそう。
座布団の上のホコリの塊みたいなやつ。

[PR]



by amefurashimodoki | 2015-05-30 10:02 | 日常生活 | Comments(0)

IRIS22クール目 day9 今週も乗り切った

いやはや、今週は実に長かった。
月曜日 → 午前中で早退
火曜日 → 一日休んだ
水曜日 → 出勤するも熱烈な帰れコール
木曜日 → 残業2時間でリタイヤ
金曜日 → 残業1時間でリタイヤ

よっぽど目を見開いてパソコンに向かってるんだろうかと思うんだけど、目がヒリヒリするんですよね。
いや、きっとよっぽど目を見開いているんでしょう。
だってここ数日はコンタクト入れてないし。
メガネなのに、目がヒリヒリ。
すごく乾燥してるみたいな。思い当たる節なんて、いやまさかそんな。
とりあえず目薬さしとこ。



あ、メイバランスゼリーはメイバランスのドリンクタイプよりも更にレベルが高くて、自分には到底攻略不可能だった。完敗。
エンシュアリキッドって何味なんだろ。

それでもこりゃいかんと思って妹と外食。
別に胃が痛いとかではなく、ただ吐き気がして食欲がわかないというだけ(だけ?)なので、ふらりといつもの焼き鳥屋へ。
で、最近あまり食べなくなった妹と同じくらいのペースで頼んだんだが、それでもちょっと多かった模様。
なんか、胃がきつい。
よくある食べ過ぎの「胃がぱんぱん」なきつさではなく、言ってみれば四角い枠にはめられたスイカのきもち。
今までにない感覚を味わっております。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-05-29 22:19 | IRIS | Comments(0)

IRIS22クール目 day7 ぼやき沼

昨日は仕事を休んでしまった。
職場に欠勤の連絡を入れて、開き直って休むと決めても気持ちはちっとも楽にならず、食事をしても具合悪くなり、かといって食べないともっと具合悪くなり、という状況で、寝て、起きて、食べて、寝て、という新生児のような一日を過ごした。
食べるとお腹痛くなったり、下ったりするんだよね。
で、何と一時、体重が手術前の数字まで戻ってしまい……つまりは一ヶ月前の入院騒動から4㎏減ってことで、まぁ結局これは瞬間最大風速ではあったものの、もしかしたら体重って一度減り始めたら結構簡単に落ちちゃうものなのかしらん。



でも、今日は(ぎりぎりまで悩んで)出勤。
まぁ職場に登場した途端に帰れコールが起こり、ちょっと困った。
実際にすごく具合が悪かったので、明るく爽やかに装うことは不可能。
でもいろいろあって、帰るわけにはいかないのだよ。
固形物は食べる自信がなかったので、朝食がわりにメイバランス(キャラメル味)をすする。
なんか……コーヒーフレッシュみたいな飲み心地。これはきつい。
そしてカロリーメイトゼリー、野菜すりおろしゼリーを駆使。何ならエレンタールもあるよ!
ふらふらする上にアバスチンの副作用で首やら肩やらががちがちに張って痛くて大変だったけど、イブクイック頭痛薬で乗り切ったよ!(うっかりロキソニン切らしてたよ!)
ていうか、痛みが治まったから頑張れる、ってあんまり身体に良くないよなあ。



そして今日思ったこと。沼。
人間関係がうまく作れない、周りの人たちにうまく溶け込めない、と若手に泣かれた。
でもねえ。
今がずっと続く訳じゃない、これから何十年も人生続いていくんだから先を見よう、って言われても、納得いかないよね。今が辛いんだもんね。
でもねえ。
人間、どうやったって自分自身でしか解決できない問題ってあるんだよね。
周りの人とどうやったらうまくやっていけるか、って、自分自身にしか解決できない問題なんだよね。
残念ながら、誰にも助けてもらえない、自分一人でしか乗り越えられないことって、世の中結構多いもんなんだよね。
若手よ、君がこのことに気づくまでにはまだまだ長くかかるんだろうなあ。
いろんなこと諦めて、乗り越えて、図太くなっていかなきゃいけないんだろうなあ。

とかいうことを思いながら、泣き続ける若手を見守るしかなかった。
残念ながら、気がきいた慰めの一つも浮かばなかったよ。
そして自分もいろいろと諦めを身につけてしまったな、と改めて思い知らされた。
浮かぶ瀬がない沼っていうのも、人生にはあるのだよ。
そんな沼の真ん中に、一人でぽつんと浮いてるような気持ちになった。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-05-27 20:47 | IRIS | Comments(2)

IRIS22クール目 day5 食べないと負ける

昨日は夕方に横になったらそのまま眠ってしまい、目が覚めたら午前3時。
仕方ないので夕食とTS-1は省略してそのまま5時くらいまで横になって、今日は早く出勤して仕事しよう、と思ったわけです。

しかし、身体が動かず。
一食抜くと、これだけ動けなくなるのか⁉︎というくらい身体が動かない。
でもとりあえず何か食べなきゃね、と思ってその辺にあったパンなんぞもそもそかじったら、そのまま腹痛。
これは便秘を恐れて飲んでいたカマのせいかもしれないけど、うーん、一気にテンションだだ下がりというか、朝から途方に暮れるというか。

そして何のせいだろう、手のひらの皮がむけてぼろぼろ。
一晩でこんなに乾燥するんだろうか、というくらいぼろぼろになっていた。

で、あーとかうーとか思いながら、結局いつもと同じ時間で出勤。



体調悪いです、ごはん食べられないです、で入院するのはすぐだけど、回復してもすぐにまたケモが始まって同じこと繰り返してたら意味ないなあ。

食べなきゃなあ。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-05-25 20:01 | IRIS | Comments(0)

IRIS22クール目 day3 味覚障害

今朝も天気が良かったので朝から洗濯機をフル回転させたものの、恐ろしいほどの強風に外干しはほぼ断念。
それでも風の様子を見ながら2〜3時間は干したと思うんだけど、気がついたらワイヤーのハンガーは何だかねじねじしてるし、ここまで風が強いと洗濯物が乾くより先に埃で洗い直しになるんじゃないかと……。
ま、でも8割方乾いたのはさすがー。



そしてこの時期は味覚障害が出て「何を食べても甘い」という状態になるんだけど、これがどのくらい続くのかはそういえばデータ取ってなかった。
昼に野菜どっさりの味噌ラーメンを作ったらば、これが甘いこと。
それならばと酢を足してみたら、今度は見事に甘酸っぱくなった。
で、仕方ないので冷蔵庫の奥底から具入りラー油を発掘してちょっと入れてみたら、何とかなった、ような、感じ。
まさかこの状況でラー油が活躍してくれるとは思わなかった。
ラー油(というかカプサイシン)と乳酸菌は鬼門確定だったけど、ラー油に関しては使いようかも。

今のところ、もちろん甘味を一切入れてないお茶も甘いし、ドライフルーツやらチョコなんかは後味でろでろです。
大根おろしとミツバどっさりの冷たい鶏そばがそのままの味で食べたい。


味覚障害と身体のかゆみが同じくらいのタイミングで消えるんだったら、明日あたりは大分楽になってるはずなんだけど。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-05-23 23:03 | IRIS | Comments(0)

IRIS22クール目 day2 季節の変わり目

そろそろ乾燥がきつい時期も終わったかな、と思いつつ、ヴェレダのザクロオイル(2年もの…)とニベアローションをスネに重ね付けしてたんだけど、ふと見たらふくらはぎ側に粉吹き発見!
指の関節の割れは大分良くなったんだけど、やっぱり足は手強いなあ。
そしてヴェレダのボトルが2年間保ってしまったというあたり、いかにズボラかという。
今のオイルを頑張って使い切ったら、オリーブオイルに変える予定。

久しぶりにIRISを始めたら、やっぱり身体がかゆい。
これは乾燥とは関係ないものなのね。



2日目とあって午前中は無駄にブンブン回っていたものの、残念ながら勢いが続かなかった午後。
ちょっと残業して来週に備えるつもりだったが、謎の腹痛もあって結局ほぼ定時で帰ってきた。
本当に身に覚えがない腹痛で、でも一応左脇腹の痛みだしトイレに行ってみたものの何の反応もなく、いやーでも人間あちこちにダメージくるもんね、内臓足りてないしね、てことで気にしないことにしてみた。
で、こないだの病休の申請書類ができたので帰りに提出しようと思っていて、お先に失礼します、って部屋を出てからしばらくして書類を手に持ってないことに気づいて、やれやれと思って取りに戻って無事に書類を提出して職場の玄関を出てから、あ、バッグ持たないで出てきたじゃん自分、と。
机から書類を取って、代わりにそこにバッグを置いたんだな。
今日はその前にもスマホがしばらく旅に出て焦ったんだけど、さすがに職場にバッグ置いて帰ろうとしたことに関しては、心から自分自身に自信をなくした。

一応週末に備えてスーパーに寄って帰ってきたものの、会計を忘れて店を出ちゃわないかとか、サッカー台に財布を置いて帰ろうとしないかとか、カゴにケータイ入れたまんま返したりしないだろうかとか……
どれもこれもやりそうなことだったので、かなりびくびくしながら帰ってきた。
余計な買い物をしてしまったのはいつも通りだから気にしない。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-05-22 22:44 | IRIS | Comments(0)

IRIS22クール目 day1 ひとつかしこくなった

久しぶりのケモ。

先生が覚えているか心配だったras検査については、電子カルテにこれでもかというくらい大きなゴシックで入力してあったので一安心。
でもなんだかいつもよりも先生がおたおたしており、しきりに何か頼りなくてごめんねと繰り返していた。
よっぽどIRISのレジメンが苦手なご様子。
で、処方箋の指差し確認をしたものの、自分もうっかり見落としていて、テルネリンの処方が抜けていた。まあよかよか。



で、今回の学習事項。

限度額認定証は、同一医療機関でも、入院・外来それぞれ別個に適用となります。


実は自分このことを知らなくて、会計の時に変な声が出た。
前回の入院時はGW中に退院したので会計が出ず、次の通院時にまとめて支払うよう言われていた。
で、今日。
前回の入院は4〜5月にまたがっていたので自己負担的には額が大きくなるけれど(これは分かっていた)、4月もケモを2回やっていてとっくに高額療養費の上限まで行ってるし、5月も今回のケモで上限まで行ったから、きっと入院費と今回のケモ代を合わせても支払いはせいぜい50,000円ちょいかなあ、なんてお気楽に考えていた。

ところが実際に出てきた金額は約100,000円。
4月分の入院費が約15,000円、5月の入院費が約40,000円、そして今回の外来ケモ代44,400円。
そりゃ変な声も出るでしょうよー。

入 院 と 外 来 は お 会 計 が 別 な の ね !

ここの病院に通い始めて4年、初めて会計が出てから「お金下ろしてきます!」をやった。

そして帰宅してすぐに、保険会社に入院給付金の請求をした。
持ったふりをしていてはいかん。
この先もたぶん入院することが増えると思うので、入院貯金しとかないと。
贅沢カカオのマーブルを買い占めてる場合じゃなかった。
あ、でも10箱くらい残しておきましたからね。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-05-21 17:34 | IRIS | Comments(2)

伝えるべきか、どうか

前回の入院、管理職には当然報告していたんだけど、職場の人には伝えられなかったらしい。
仕事で直接迷惑かけちゃう人には個人的にすぐ連絡を入れていたが、私が連絡を取らなかった人(ていうか一人にしか連絡してなかった)は全く知らなかったので、GW明けも「体調どう?」「いやー三泊四日でした」「どこに!?」「え、いやあの病院に」「そうなのー!?」という有様。

で、あとで管理職に尋ねられた。
病気のことをどう扱えばよいかと。
ううむ。


自分としては、この先もこうやってちょくちょく休むことになるので、だったらオープンにしてしまいたいんだけど。
でも超プライベートな情報だし、聞かされた方も困るだろうから、新しくやってきた管理職としては扱いかねてるんだろうなあ。
ま、年度初めとか人事異動後には必ず出てくる懸案事項よね。



どうなんでしょう。



で、わがままな自分は、友人とレジャーの計画などの話をする時に「あめふらが疲れるだろうからやめた方がいいかなーと思って」とか「あめふらの体力的に大変そうだからやめとく」とか言われるたびに、心にひっかかるものを感じていた。

でも、気づいたの。
自分はそういった趣旨の言葉をかけられるたびに、

そ れ は 配 慮 じ ゃ な く て 押 し つ け だ

と認識していることに。
いや、これはわがままなんですけどね。もしくは自分がねじくれた受け取りをしてるだけなんですけどね。

でも、自分がねじくれた受け取りをしてるからいらいらするんだ、ということに気づけたので、何だか気持ちが楽になりました。
相手にいらいらしなくていいもんね。これで。


……ていうか、自分普段からそういう風に受け取られる言動してるんだろうか。
周りも扱いかねてるんだろうか。
だったらやっぱりなんかめんどくさいなあ自分。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-05-17 23:11 | 病気さまざま | Comments(0)

職場検診

大腸がん検診 → 異常なし
コレステロール → 軽度異常
肝機能 → 軽度異常
血圧 → 要治療
<この結果をかかりつけ医にお見せください>


だそうでした。うむ。

数値的にはいつもより低かったと思うんだけど、年齢に比して異常値が多かったらしい。
でもいいの。全部原因が説明できるから。

そして胸部レントゲンの結果がまだ出てないけど、どうかな。
レントゲンにポートが写ってて、撮影後にその場で「これ何か入ってるの?」と呼び止められはしたものの、まさかレントゲンで分かるほど腫瘍は大きくなってないと思う。たぶん。


「何かが見つかると怖いから、精密検査には行かない」という人がやっぱりちらほらといるんだけど、やーもうとっととカメラ飲んですっきりしてきてくださいよ、と思う。
でもそれって何かが見つかって怖い思いをした人間の意見なのかなあ。
たぶん、何もなかったですよかったね、の可能性の方が高いと思うんだけどどうかしら。
(ま、割とすぐに精検に行った結果のステージ4、ということもあったりするけれど。)





にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2015-05-11 22:14 | 病気さまざま | Comments(0)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る

最新の記事

術後初の診察
at 2017-05-22 17:50
オキノームレポート
at 2017-05-20 21:01
これまじですか
at 2017-05-20 20:23
痛い痛いばっかりで
at 2017-05-18 20:25
ここへきてまさかの
at 2017-05-16 18:46

ブログジャンル