あめふら日記

<   2014年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧




IRIS13クール目 day20(6) 3年くらい経った

不正出血だと思っていたら、月経だったよう。

強い治療をしてるせいか、身体がそっちにエネルギーを傾ける余裕がないようで、どうも3カ月ぶりとかの月経である模様。
おなかの痛みがすごく微妙。下痢の痛みなのか、月経痛なのか・・・・
どちらにせよ、下腹部の鈍痛というのは面白くないものだ。


今日も相変わらず食道が痛く、それでも加減しながら何とかちょっとずつ食べることはできるようになってきた(というか食べないと死んじゃう)ので、出勤前にコンビニでいろんなものを買って登場。
昨夜から「からしめんたいこおにぎり」が食べたくて仕方なかったんだが、コンビニおにぎりのからしめんたいこの破壊力を甘く見ていた。
カプサイシンおそるべし。
そして、糖分高めのスポーツドリンクは食道にしみるようだ。浸透圧?



いやーしかし、ちょっと気を抜くとやっぱりお腹が下る。
ということで、やっぱり日中も(ロペミン+リンコデ)×2であった。
それでも30分で効いてくれるだけありがたい。



そしてたぶん、手術から3年経った。
まぁ再燃してるからどうってこともないんだが、やっぱり3年経ってもあの時真っ二つになったお腹は引っ込まないんだなー的な。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2014-07-29 21:33 | IRIS | Comments(2)

IRIS13クール目 day19(5) しおしお

体調が良ければ受け流せることって結構ある。



先日からの「食道痛い」で、今朝も柔らかいパンをよくよく噛んで飲み込んだのに悶絶。
いつものEM-X入りホットミルクティーかなりぬるめ、もやっぱり悶絶。

で、結局エネルギー不足のまま職場へ。


そしてやっぱりきたTS-1。
出勤早々、やっぱりお腹痛い・・・・
でも今まで微妙な便秘だったから、安易にロペミン&リンコデは飲みたくない・・・・

結局午前中はちょっとトイレに籠ってしまい、何だかお腹も下り気味になり、そしてそこに不正出血らしく・・・・
ああ、これってだめなパターンだ。


と、しおしおのパー的状態で席に戻り、やっぱりロペミン&リンコデ服用。


何とか昼になり。
お腹は空いてます。ぐーぐー鳴ってます。でもね、今っていろんな意味であまり食べられない・・・・とへたへた。

と、そこへ。
「あめふらさん!アイス食べない?アイス!」
と同僚Aさん。
「アイス食べない?あー私すごいアイス食べたいからいろんな人誘っちゃう!アイス食べよう!」
Aさんが先日買ってきたアイスは職場の冷凍庫でしっかり冷えていて、AさんのものなのでAさんは自由に食べてよくて、私は食道が痛くてさっきからトイレ行ったり来たりでごはんも食べられなくて、・・・・ってさっき話したの聞いてます?
「あ、アイスだめならいちじくは?いちじくなら食べられる?」
・・・・Aさんは善意とエネルギーの塊のような人です。


そして午後になり。
いよいよ口がきけなくなってきた自分。
そこにAさん。
「なんか今日って暇?暇?暇なのって私だけ?」
確かに今日はちょっと時間に余裕があります。割とぐったりできます。
「ああよかった、みんな暇なんだ、じゃあ話しかけちゃっても大丈夫なのね」
・・・・私はぐったりしつつ仕事してますが・・・・

で、何かと思ったら、
「自分の上司が何だか仕事を抱え込んで自分に教えてくれないんだが、これが こ の 業 界 の 仕 事 の や り 方 っ て こ と な の か」
という愚痴だった。

Aさんはこの春にうちの職場に入ってきた人で、それまでは全然違う畑でバリバリ働いてきたという経歴の持ち主。
全く違う職場に来たから、仕事のやり方から何から分からないのは仕方ないこと。
なんだけど、

「これが こ こ の やり方なの?」

と言われるとなぁ。一気に距離ができちゃうよなぁ。
(ちょっとAさんの上司が変わり者なので、)仕事の進め方としては違いますおかしいです、と何十回も言ってるんだけどなぁ。
私も、周りの人も。

で、
「教えてもらえないから自分でやろうとしたら嫌な顔されたんだけど、これって自分の仕事以外の事はしないっていうルールがあるから?」ときた。

うちってどんな職場だよ・・・・そんな職場ある訳ないじゃんよ・・・・それって偏見だよ・・・・


そういう時に限って周りは出払っていて、Aさんのとめどない愚痴を薄めてくれる人もおらず。
ああ、愚痴ってエネルギーを吸い取るんだなあ、とつくづく感じた。
愚痴の内容そのものというよりも、掘っても掘ってもというか、聞いても聞いても何を返答しても相手に伝わらないもどかしさにエネルギーが取られちゃうんだな。砂の上を走ってるみたいな。
愚痴なんて結局のところ「ただ言いたい」だけなんだから、「ただ聞く」だけでいいんだけど。解決策なんて求められてないんだけど。それが結構難しい。


体調が良ければいくらでも受け流せるんだけどなー。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2014-07-28 20:32 | IRIS | Comments(0)

IRIS13クール目 day17(3) 食道が痛いなぁ

決して日本の南にあるわけではない我が家、しかし今日は朝から窓を開けるのがためらわれた。

何この熱風。

ということで、エアコンを省エネドライにしてサーキュレーターを回し、一日過ごしてみた。
あまり冷やすとお腹痛くなるし、かといって去年の脱水 → 急患室で点滴も思い出されたので、とりあえず水分をちびちびと摂りながら。
でも体力はちょっとずつ持っていかれているらしく、午後からはつい昼寝してしまった。
これもまた汗をかく。でも仕方ない。



先日パン屋でフランスパンをゲットし、もさもさと食べていた時にどうやら食道を痛めたらしい。
何か痛いなーと思っていたのが、数日経っても治らない・・・・
そこに例の胸やけもあいまって、なんかもうご飯たべたくない。
バナナでぞりぞり、そうめんでぞりぞり、ピラフでぞりぞり。愛用のカロリーメイトゼリーも、一口の量を誤るとぞりぞり。
今のところ、半熟スクランブルエッグぐらいが無難。

TS-1の侵襲が微妙にきているのもあるから、いっそ固形食は諦めて、大量に残ってるエレンタールを飲むべきなんだろうか。
今はイリノテカンを腸から排出したい時期なので、できれば下痢止めは飲みたくないんだけど・・・・日常生活に差し支えるからそれも無理だしねぇ。


毎回毎回、体調管理は綱渡り。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2014-07-26 20:12 | IRIS | Comments(0)

IRIS13クール目 day15(1) 夏休みゲット

今日も日傘をさして颯爽と病院に登場。
暑くなると、たくさん水分を摂ってるのに尿検査が難しくなりませんか。私だけ?
今日はあまりにも出なかったので、内科の診察より先に眼科に行かせてもらった。
で、診察の間隔が1カ月 → 2カ月に延びた。
まだ涙目はあるけど、顕微鏡的にもだいぶ落ち着いたらしい。



そして内科に登場。

最近体力の低下をしみじみ感じてるんだが、今日は診察室の椅子につまずいた。
で、まじまじと心配されて、逆にこっちが心配になった。
えっそんなに大変なことしちゃった?

8月・9月は仕事のスケジュールが立て込むので、治療がちょっと不規則になる予定。
で、今日の診察では具体的に治療スケジュールを立ててみたんだが、TS-1の2週内服+2週休薬を崩さないためには、下手に治療の間隔を空けず、1クールきちんとできる時期に治療した方がいいという結論に。
よって、次の治療はなんと8月のお盆明け。ほぼ一カ月の夏休みゲットー。

せっかく治療の間隔が空くから、今しかできないことやればいいよー。
と言われたんだけど・・・・
どうやら 治療のスケジュール変更 = 旅に出るの? と思われてるらしい(残念ながら今回は八割方仕事です)。
例えば山に登るとか?海に潜るとか?
でも、旅に関しては7月結構行っちゃったからなー。
そして秋にも大きい旅行が控えてるからなー。

自分としては、味覚障害がちょっと和らいでくれるとうれしい。
今年のホヤはおいしいので。





・・・ところで、さっきから窓ガラスもしくは部屋の照明カバーに何かが当たってる音がするんだけど・・・
おそらくはあまり良くないものがぶつかっていると思われるので、気にせず寝ることにします。

ちなみに、今回のイメンドはくっついたやつがきました。
シートに切り取り線があるやつとないやつがあるらしい。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2014-07-24 21:57 | IRIS | Comments(0)

なんで動いてるのか分からない

日帰り旅行の翌日です。
熱は出ませんでした。
でも、喉が痛いです。



今日は光回線のルータ氏について。

しばらくブログの更新をさぼっていた、というか、そもそもパソコンの電源もここ数日入れておらず。
で、wi-fiは普通に使えていたので、ルータ氏がどうなってるかなんて全然気にしてなかった。

今日になってパソコンを立ち上げてネットにつなごうとしたらば、「なんかつながんないよ」とパソコンが言う。
「なんもいじってないんだから何とかしてよ」と言ってみたものの、「やっぱむりだよ」と。

あれ、気が付かないうちに雷でも落ちたかしら。

そこでルータ氏を見てみたところ、

なぜか「初期状態」のランプが橙点灯している。で、「PPP」ランプは消灯している。
どうも「初期状態だから設定し直してたも、このまんまじゃネットできないよ」ということらしいんだけど・・・・なに勝手に初期化してんのよ的な。


で、じゃあ初期設定してやろうと思ったものの、設定画面に入れない。


30分、いや1時間も格闘してどうにもならなくて、仕方ないので本気でルータを初期化し、さてIP確認とかマニュアル通りにやってみるか、と思ったら、

なんかわかんないけどつながったよ。

だって。


でも、ルータ氏は相変わらず「初期状態」橙点灯で、「PPP」は消灯のまま。
つまるところ、何でネットに繋がってるかがわかんないんだなー。
さすが、所詮は家電。

でもおかげで、今日は早く寝ようと思ってたのが台無し。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2014-07-22 23:11 | 日常生活 | Comments(2)

ゴッホとかアトムとかピンクリボンとか

がん情報ナビゲーターの受講料が・・・・ちょっと高いなぁ、で二の足踏みまくりの昨今。
とりあえず、ピンクリボンアドバイザー認定試験(初級)は受けてきたのです。

なんかねー、全然わかんない問題もあったよ・・・・
今時の試験て、試験問題は持ち帰れないのね・・・・

でも終わった試験は振り返らない主義なので、あとは結果が来るまで忘れることにする。



そして、ゴッホのひまわり(黄色)を見る。
印刷物と実物とではやっぱり大違いで、このひまわり、子どもが見たら泣くだろうと思うくらいの情念の塊に思えたというのが正直なところ。
これでもかこれでもか、みたいな。

そしてそして、手塚治虫×石ノ森章太郎も見る。
手塚治虫の原画は以前も見る機会があってほれぼれとしたわけですが、今回もやっぱり強くて滑らかな線にうっとりした。

やっぱりいずれにせよ、本物には本物だけの力があるなと。



でまあ、ピンクリボンにかこつけた日帰り旅行の体だったのですが。
はてさて、これでまた熱が出るんだろうか。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2014-07-21 22:46 | 日常生活 | Comments(0)

IRIS13クール目 day3 眠るのも体力が

何と今日は朝5時に目が覚めて、そのまま眠ることができず7時から掃除と洗濯開始・・・・
おかげさまでいろんなものが日光の下で干せたんだけれども。
昨夜も結局眠れたのは0時過ぎだったからなぁ。
眠るにも実に体力が必要ということかー。



そして何となく吉報かもしれない。
この時期(イリノテカンの遅発性下痢が始まるまで)割と便秘に悩まされているんだが、カマ+重曹に更に炭酸水摂取で何だか腸の動きがいいような。
ただ、炭酸は腸にとって結構な刺激になるので誰にでも有効な手ではないけれども。
私の場合、乳酸菌禁止だし食物繊維多く摂ると詰まるしかといって便の材料を食べないと出ないし、というので憂鬱だったので。これは私にはちょっと使える手かも。 

しかしまぁ暑くなってきたので、水分はどんどん摂っていかないと。
スポーツドリンクばっかり飲んでても身体壊すので、うまく織り交ぜながらねー。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2014-07-12 20:57 | IRIS | Comments(4)

IRIS13クール目 day1 採血と病気のはなし

どうやらわたくしとても健康体に見えるみたいです、めでたしめでたし、という話。



今日は診察前採血の後で一旦職場にとんぼ返りし、ざっと仕事をこなしてから診察 → ケモ、という予定。
時間的に苦しいので、採血開始の1時間近く前に家を出て、採血の予約札も一桁前半をゲット。

しかーし。

こんな日に限って、採血開始が10分ほど遅れ・・・・

やきもきしてたら、ブロック待合の隣のソファに座ってたお父さんが「今日は採血が遅いねえ」と話しかけてきた。


うーんそうですね、と適当に返事をしていたら、聞いてもないのにお父さん、自分の病気について話し始めた。

8週おきに通ってこういう薬を使ってるんだ、と抗がん剤ではないけれど高額な注射薬の使用同意書を見せられ、病院で支払ってるのは高額療養費の上限44,400円だけだけど、他にも何だかんだで医療費が月に30万?かかってて苦しいという話をされ、こういうの持ってるんだよ、と限度額認定証を見せられ・・・・うん、お父さん、私も使ってる薬は違うけど同じような状況だよ、その薬がすごく高いのも高額療養費多数該当のことも限度額認定証も知ってるし持ってるよ、と思いながら生暖かく聞いていたら、採血に呼ばれた。


こういう病院の待合室で病気の話なんかしちゃだめさあ、みんな似たり寄ったりなんだしさあ、と思った。
総合病院の採血のスケジュールを把握してるって時点で(ここ何回かは時間通りに採血スタートしてるけど、それまでは5分くらい遅れてスタートしてた)、この人常連だなと分かってもらえると思うんだけれども。

でもお父さんの話を総合すると、どうも今日の採血が今後の治療方針を決めるのにとても大事なものだったらしい。
で、緊張してて、どうもよっぽどぴちぴちして病人らしくない私についつい話しかけちゃったんだろうな、という結論にしておいた。

まぁ実際のところ、そういう患者さんも多いけれどもね。ぱっと見ぴちぴちしてそうな人も、病気のはなしがしたくて仕方ない人も。


採血も無事に終わり、一旦外出して仕事してバタバタと戻って診察室の前で待っていると、隣の診察室から声が聞こえてきた。
3年前の自分が聞いたような内容で、正直聞きたくなかった。
普段は全然聞こえないんだけどな。
ここはそういう場所なんだよな。

そして、シュアフューザーの患者さんも今日は多かった気がする。
針跡に汗が染みる時期になりましたね、と、今日も保湿剤+超弱粘性の保護フィルムで肌が赤くなって看護師さんにびっくりされながら思った。



病人らしく見えない、という点では、院外処方の時も実はちょっと辛い。

何せイメンドとTS-1が処方されてるんだからバリバリのがん患者だと薬剤師さんも分かってると思うんだけど、きっと薬剤師さんは「この患者さんがどういうタイミングで薬局に来てるか」までは分からないのよね。
だから目の前で長々と薬の確認をする時も、絶対に椅子があるブースには案内しないのね。
きっと「次の日がケモだから、イメンド取りに来てるのね」ぐらいの認識なのね。

こっちはイリノテカンの吐き気とコリン症状で実はふらふらしてるんだけど・・・・でも調剤が終わる間に買い物とアイスだから、体調悪いようには見えないんだろうな。
ああ、イメンドのシートを切り離して出すのと(これは切らないでくれと頼んだ。ほかの薬と紛れちゃって面倒だから。どうもイメンドカプセル125㎎と80㎎という形で管理してるみたいなんだが、そもそもシートには「切るな」と書いてなかったかしら)椅子に座って説明してくれないのを除けば、薬の在庫もしっかりしてていいんだけどな。
待ってる間、アイス食べに行けるし。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2014-07-10 21:17 | IRIS | Comments(0)

白菜と発熱

180分並んで、翠玉白菜を見てきた。
さすがに180分並ぶとお腹も空くので、白菜手前でがんがん流れていた白菜プロモーション映像が飴細工にしか見えず、白菜そのものもまぁおいしそうな餅菓子に見えてしまい。
というか、勝手に「白菜とは丸いもの」と考えていたので、かなり平べったくて片手で持ったらちょうどいいサイズだったことに驚いた。
で、片手で持ってぱくっとね、みたいな。

あ、これは決して白菜をけなしているのではなく。
やはり本物を見た上での感想ってあるんだな、としみじみ思った次第であります。
第一、「いい玉あるから白菜彫っちゃおうぜ」という大らかかつ自由で豪華な発想がすごい。


そして、三度目の訪問にしてやっとスカイツリーに登り、モナカとバウムクーヘンとなぜかクロワッサンたい焼きまでゲットして、ほくほくしながら帰ってきたわけですが。
(ちなみにどれも美味かった。)



翌日、かねがね誘われていた両親とのランチがやっと実現。
というか、私は何だか気が乗らなかったものの、両親が「そろそろ行っとこうよ」みたいな雰囲気を出し始めたのでまぁいいか、といった雰囲気。
ところが、朝から何だか皮膚が痛い。
背中とかね、腕とかね。
あとはぼんやり腹痛。ああ、帰りたい。
しかし頑張って遠慮なく生うに丼(大きくてぶりぶりで美味かった)をごちそうされ。
両親はさらに果物も食べに行きたかったらしいが、・・・・やっぱりお腹痛いです、自分。
ということで、ランチのみであっさり解散。

帰宅したら、36.9℃あった。
いやでも、ここでさらに上がって「発熱と腹痛です、昼食は生うに丼」なんて病院で言いたくないので、とりあえず寝た。
(去年の発熱の時は旅行から帰ってきてすぐがつんと上がったので、今回はそれほどでもないと判断。)
夕方になったら平熱に戻ってたので良かったものの。
やっぱり旅は体力使うんだな、と実感した次第。

しかし行けるうちに行きたい所に行っとくんだー。

小松菜と角煮も見たいので、やっぱりここはひとつ台湾ですかねー。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2014-07-06 21:03 | 病気さまざま | Comments(2)

さくらんぼから青梅、そしてあんず

こないだの下痢は結局一晩で収束。
で、そこからまたぴたっと腸が大人しくなってしまったので、TS-1の侵襲である下痢が今回は来ないのかしら、と思っていたら、やっぱりやってきた。
休薬から1週間も経ってから。おかしいな。

ここ数日便秘で、それが今日の明け方から朝にかけて腹痛があって、このパターンだと便秘から一気に下痢になるんじゃないかという予感がしていたが、案の定だった。
とりあえずロペミンを2時間おきに飲みつつ、仕事しながらこのお腹はつらいよう、と思いながら一日を過ごした。

でもいつもよりは軽く済んでいる気がする。少なくとも重力に負けたりしてないし・・・・気のせいか。



先日のんびり日帰り出張があって、さくらんぼの名産地に行ってきた。
(自分それほど果物を好んで食べないが、いちごとさくらんぼと桃とすいかは積極的に食べるものだと思っている。)
佐藤錦はもう終わりかけらしくあまり出ていなくて(そもそも佐藤錦は産直でもそれなりのお値段するし、あんまりお得感がないので買わない)、ジャンボ錦(紅てまり?)と紅秀峰、香夏錦、南部錦をお買い上げ。
職場でさくらんぼ大会開催。

自分的に大ヒットだったのは紅秀峰。
果肉がしっかりしてるのが実に好み。そして甘味も強い。
なるほど食べ比べると全然違うのね。


そして実はさくらんぼのピークは過ぎていて、産直のかなりのスペースを占めていたのが青梅とあんず。
さくらんぼの名産地はあんずの名産地でもあったわけで。

今年は久しぶりに自分の中で梅仕事ブームが来ていて、せっせと梅酒とシロップを漬けこんでいた。
で、南高梅を見つけては買い、青梅を見つけては買い、梅系をミックスして梅酒を作るのもありだと聞いてプラムも買い、焼酎で漬け、ブランデーで漬け、結局3瓶分。
本当はあんずも足したかったけど瓶の置き場所もないしもういいや、ていうかあんずなんてスーパーで売ってるの見たことないし、と思っていたが、やはり黄色くなったあんずを見たら買わないわけにはいかなかった。
で、あんずも1キロ購入。
これは杏露酒を目指して漬けてみた。
あとは5年くらい存在を忘れたらできあがり。
長生きせねばのう。





にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2014-07-04 21:53 | 日常生活 | Comments(2)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ。
by あめふら
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ブログジャンル