あめふら日記

<   2013年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧




銀のエンゼル!

パチパチチョコボールに衝撃を受け、数年ぶりで買ってみた。
そしたら、生まれて初めて銀のエンゼルゲット!

……銀って、5枚集めなきゃならないんだよね?



最近ブロッコリーに飽きてしまい(見るのも嫌になった)、代わりにみかんを食べることにした。
代わりになるかはさておき。
いくら体にいいとはいえ、そればっかり食べるのも無理があるのだ。
みかんとりんご食べてれば何とかなるんじゃないかな、とか思う。旬のものだし。


で、今日の夜中あたり、イリノテカンの遅発性下痢が起きる予定。
昨日から集中して野菜を食べてるのもあってか、結構頻繁にトイレに通う一日だった。
血圧は相変わらずで、145/85といったところ。
この間の塩分過多高血圧疑惑事件から、あれこれ食べるのがなんだか怖くなってるんだけど、と思いつつ、あれこれ食べすぎてるんだなー。


ま、食欲の秋だし馬肥ゆる秋だし、コレステロールには抗がん作用があるとかないとかいうし、ってことで。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村


[PR]



by amefurashimodoki | 2013-10-27 23:29 | Comments(0)

IRIS5クール目 day5 高血圧

今日は天気も悪かったし、週末に割と動いたので、じっとしていることにした。
無理に動いても良いことないのはちょっとずつ学習中。



で、衣替えしたり(まだしてなかった)昼寝したりしてうだうだ過ごして、夕方。
何かすごく肩がこってる感じ。ぱんぱんというか。
そしてこめかみも張ってる感じ。
これってもしかして。


で、血圧測ってみた。


145/105ですってよ。


なにこの数値。




午後のワイドショーでちょうど高血圧についてやってて、いやーねー気を付けなきゃね、と思ってたから誘発されたのか。
それにしても、こんな数値見たことない。

でもこの肩こり感やら頭痛やらは割とおなじみなので、きっと今までもこういう状態になってたんだと思う。
血圧測ってなかっただけで。

ちなみに今日は背中もずっと痛いし胸やけもひどいんだけど、これも血圧のせいなんだろうか。


まぁ私の場合、高血圧はあきらかにアバスチンのせいなわけで、そしてアバスチン止めたからってそうすぐに下がるもんでもないのも経験済みだし、いかんともしがたく。
せめて日常生活でのリスクは下げなきゃね、とは思う。
ここ数日、ちょっと塩分摂りすぎてたかしら。
いや、そんなんですぐに血圧って変化するのかな?
とにかく、気を付けます。


もう、家でじっとしてるといいことないわあ。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村


[PR]



by amefurashimodoki | 2013-10-21 23:28 | IRIS+BV | Comments(2)

IRIS5クール目 day4 夢見が悪い

昨日は休日出勤で、とはいえ月曜が代休になるので厳密には単にシフトが変わっただけなんだけど、まぁ体調がどんどん谷に向かっている時にあえて忙しく働くのも(体力が続くのであれば)悪くないのかなと。

ただ、午後になったらひたすら眠気がこみ上げてきたのには参った。
眠らないように、できるだけ座らずに過ごして定時で退散。



そして今日。


今日も仕事がらみでちょっと早起き、午前中は何だか力が入らない状態で、それでも半分仕事みたいなことをした。

で、午後になって、ごはんでも食べれば力が出るかしら、と思ったものの、食べても結局力が出ず、何となく何かを食べて横になって、撃沈。



暗い夜道を、見ず知らずの家族連れと一緒に歩く夢を見た。
しかも、お互いに全く接点ないまま。

何だこの夢は。



目が覚めてもしばらく状況がつかめなくて、なんかもう、どんより。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村


[PR]



by amefurashimodoki | 2013-10-20 23:24 | IRIS+BV | Comments(0)

IRIS5クール目 day2 肩痛いかも

やはり朝が辛い。
むかむかする。
朝食のアップルパイをじっと眺めて、でも眺めても減るもんじゃないので、2/3食べて終了。
……やっぱりむかむかする。
むむー。



と思っていたら、イメンドとデカドロンを飲み忘れていた。
そりゃそうだろ吐き気するだろ。
ということで、なんとかぎりぎり午前中に服用完了。


今日明日は仕事が立て込むのでぼやぼやしている暇はなく、アドレナリン出てる気がする。
ごはんもしっかり食べたし、がしがし動いた。


しかし何だかなぁ、ふとした瞬間に、やっぱり肩関節のとこがじんわり痛い気がするんだよなぁ。

こうなってくるとポート云々というよりも、肩関節の問題になってくるような気がする。
何だろうなぁ。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村


[PR]



by amefurashimodoki | 2013-10-18 23:31 | IRIS+BV | Comments(0)

IRIS5クール目 day1 ポート造影

今日は朝からやり忘れていた細々としたことをやるべく一旦出勤。
こういう時、職場が近いといいのか悪いのか。



診察では、季節柄だんだんと関節が割れてきたので軟膏を所望。
ヒルドイド軟膏とマイザーを出してもらった。ヒルドイドの容器がかわいらしくなっていた。
あとは、次回の予約を一日前倒ししてもらおうと思ったら、破顔一笑。
「化学療法は伸ばせても前倒しはできない」ということを思いがけず学習した。
この期に及んでまだ知らないことがあるんだなー、と自分で自分に驚いた。

で、あまりに私がびっくり(⁰⊖⁰)してしまったので気の毒に思われたのか、そしてそうなると次の治療が2週後になってしまうこともあってか、いつもの外来日である木曜ではなく、本来なら検査日の金曜に治療を入れてもらうことになった。

で、そうなると理屈上はここから先ずうっと金曜が治療日になっちゃうんだけど、そこはほら、3回ルールが発動されるから大丈夫。



で、ぽてぽてとケモセンターに登場。
ユーパッチもしっかり貼ってたので、ポートはほぼ無痛穿刺。
そして何だか点滴の落ちがやたらいい。

なんかいつもと違うな、と思いつつ、吐き気止め点滴開始。

そしたら何と、開始数分でポート側に痛みが。
今までも、気の持ちようで何となく痛みがあったりして、でもちょっと待てば落ち着いたんだけど、

今回はなんだかそういう痛みではなく、思い出すのはFOLFOXのずきずきとした血管痛?
しかも痛みが増してる。しかもじわじわと痛む範囲が広がってる。
しかし。
痛いのは肩関節の内側。そこ、たぶんカテーテル通ってない……


でも結局痛みが強くなってきたので、吐き気止めを1/3くらい入れたところでギブアップした。


すぐに外科の先生がやってきて、外側から観察。
腫れてない、変色もない、押してもどこも痛くない、けど吐き気止めを止めたら痛みもひいてきた。
しかし穿刺し直したら滴下しなくなった。
うーん。
これは外からじゃ分からないから、ポート造影するべきでしょうねえ、という結論。
ただ、その先生は今日は造影の時間が取れないらしい。

で、主治医に連絡 → 点滴は(薬用意しちゃってるし)やりましょう、腕で。そのポートはごり押しで使うのは止めた方がいい。で、造影やりましょう。 となり。



抗がん剤、腕で……
ブドウ糖でも血管痛が起こる、腕で……



まぁでも仕方あるまい。
急患室は忙しいから、ざくざくやっちゃうからちょっと痛かったかもね。まぁどっちにしろ痛いのは痛いけどね。
ということで、やっぱり手首付近からライン取る。こんなことなら採血を右でやってもらえばよかった。


で、ライン取りが終わったころ、「主治医の先生から紹介されてきたんですが」とベテラン外科先生登場。
今日は時間がある、ということで、点滴が終わったらすぐにポート造影ができることになった。
驚くほどスピーディーな展開。

右手固定につき何もできず(する気になれず)、でも非常に順調に腕からイリノテカン+アバスチン投与。
もうね、あれこれ考えても仕方ないし、ポートに直接造影剤入れるってどんなよ、とは思うけど、とりあえずまぁはっきりさせましょうよ。

あーポート入れ替えだと入院かぁ、しかも右の現行ポート抜いて左に新設となると両腕使えなくなるのかぁ、そしたらいつ頃ならできるかなぁ、それまでは腕か?



悶々としつつ点滴は無事終わって、夕方から透視室。
あのすったもんだの透視室は、実は結構狭い空間だった。
看護師さんは何だかポート抜き取りの準備もしてるみたいだけど、こっちはそんな心の準備はしてませんよ。
着替えて透視台へ。

病室に来たベテラン先生の指示の元、若手ばりばりの先生による造影。
ここでもポート穿刺が無痛だったので、かなり気持ちに余裕が出る。
造影剤入れてみる。
痛みはなし。

何となくもやっとした影が映ってるんだけど、これそうかな?漏れてるのかな?
造影剤足してみて……これかな?でもはっきりしないなぁ……
頭の上でやりとりが続いて、こっちも余裕があるので首ひねって画面を見てみるが、ポートのにょろりとしたラインは見えるが、明らかになんか変だよね、みたいなのは当然分からない。(プロが分からないんじゃ分かるはずがない。)


結局痛みもやっぱり出ないし、もやっとしたのも造影剤を足したから変化するみたいのもないし、結論としては異常なし、無罪放免ということになった。
もしカテーテルが切れてたり裂けてたりしたら、はっきり映るらしいから。

てことは、まさかお得意の血管痛?
しかしイリノテカンで肩の血管が痛くなったとかは今までもなかったはず。



で、やっぱり悶々としたまま帰宅。
ただまぁ、今日はIRISは腕からでも大丈夫、という教訓は得た。
実は腕から入れられないのはアバスチンじゃなくてオキサリプラチンのほうだったのね。
これも勘違いしてた。
でもね、腕からはやっぱり大変だよ。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村


[PR]



by amefurashimodoki | 2013-10-17 23:36 | IRIS+BV | Comments(0)

今日もふらふら

頭の脱毛がまた再開した雰囲気。
しかしまつ毛やら腕の毛やらは伸びてきた感じもするので微妙……
換羽か?換羽なのか?季節の変わり目なのか?



体重は減る気配を見せねども、今日も一日ふらふらするし変な汗かくしで大変だった。
お腹も詰まり気味で重いし、何だかもう。
あまりにもふらふらしていて、昼間の行動が思い出せない……


そして、この週末は主に炭水化物ばかり摂っていたせいか、吹き出物が爆発。
ほっぺたにこんなにぶつぶつ出たのは久しぶりだ。



いずれにしても、ここ数日は体調の谷になると思われる。
背中痛いし。すごい胸やけするし。
寝よう寝よう。そうしよう。

……とか思いながら、ふと血液検査の結果見てたら、CEAが2.0だって。今まで0.5あたりをうろうろしてたから、こんな数値見たことなかった。(まだまだ基準値以下もいいとこだけど)
やっぱりどきどきするわね。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村


[PR]



by amefurashimodoki | 2013-10-07 23:42 | IRIS+BV | Comments(0)

IRIS4クール目 day26

朝、起きた段階では何事もなく。
まぁ休日とは思えないくらい健康な時間帯に起きた、ということだけ。


資源ごみをかたづけた。
掃除をした。
本を3冊読んだ。



で、力尽きた。
夜までに、昼寝2回。



夜になって3回目の眠気がきて、ああこの週末も持ち帰り仕事失敗、とか思いながら完璧に寝ようとして、そしたら逆に寝付けないじゃないの。

眠い、とお腹減った、しかない現在。
赤子じゃあるまいし。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村


[PR]



by amefurashimodoki | 2013-10-06 23:09 | IRIS+BV | Comments(0)

母との距離について相談してみた

こないだケモセンターで話していたことの続き。
家族に対するカウンセリングについて。



うちの母が数か月に一度、私の病気に対する不安を溜めて溜めてぶつけてくる。
周りにあまりそういう話ができる相手がいなくて、一番話しやすいのが娘の私なんだろうけど。
しかし正直、当事者にそれ言ってどうするよ、という内容なのでちょっと参る。

病気が悪くなったらどうするの?とか。
この先仕事ができなくなったらどうするの?とか。

どうするの、って言われても困る。
それ考えてもどうにもならないから、今できることやってるんだけどなー。


おそらく母は私を心配しつつ、自分の不安を吐き出してるんだと思う。
私にとってみればそれらはほとんど過去の問題なんだけど、でも永遠にくっついてくる問題でもあるから、話を聞かされるとちょっと引きずられるところもあったりして、ほぼケンカ腰で切っちゃうんだけど。
切った後で、罪悪感にさいなまれたりするんだよね。



残念ながら、看護師さんと話をしても、明らかな解決策は浮かばなかった。
母の性格でもあるから。

ただ、それに患者である私自身が引きずられてストレス溜めるのが最も良くないことなので、自分で辛くなったら看護師さんなり誰なりに話すのがよかろうとなった。

あとは、(電話してくる可能性はかなり低いけど)がん相談室に電話させること。
(専門機関を紹介しても、そういうところに自分から電話できる人は、そもそもいろんなことを溜めこんで誰かにぶつけるようなことはしなかったりする……)

母の心配する気持ちも分かるんだけど、やっぱり患者自身の治療や精神状態を優先させるべき、という点では意見の決着をみた。



休職して治療してた時と比べると、今の生活はあらゆる意味でひどい環境悪化を起こしている。
でもそれでも腫瘍が現状維持できてるんだから、治療はかなり上手くいってると思うんだよね。
……でもそういう問題じゃないんだろうなぁ、家族にとっては。



昨日も例によって点滴明けとは思えぬ通常勤務だったので、今日明日はひたすら体を休めようと思いつつ過ごした。
お腹は空くけど食欲はあんまりないなぁ。
しかし野菜は摂らなくては!と思いつつ、うむ。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村


[PR]



by amefurashimodoki | 2013-10-05 23:11 | IRIS+BV | Comments(0)

IRIS4クール目 day22

1週間空けてのIRIS。


診察にて。

TS-1の下痢はやはりそう簡単に抑えることができず、ロペミン&リンコデをちょっとでもさぼるとすぐに症状が出る。
ということで、診察前夜もしばらくトイレに呼び出されてやれやれ。

あとは「忙しすぎて副作用で具合悪いとか言ってられなかった」ということもあり、特にこちらから報告することはなかったんだけど。
そうそう、やっぱり胸やけがひどいので、胃薬追加してもらった。

それから、TS-1の休薬期間が1週間伸びることになるので、それで先生の頭の中で薬の処方箋の計算が始まり、どういう計算になるのかしばらく見守った。


で、それだけで終わりそうになったので、「先生、ところでCTの結果は?」と水を向けたところ、はっとした模様。

あーおそらく取り立てて何もなかったんだろうな、と思ったが、案の定。
腫瘍のサイズには特に変化なく、そもそも小さい腫瘍だから切り口のずれ一つでサイズなんか変わるからねぇ。ということだった。
つまり現状維持できている。
もともとちっちゃい腫瘍だから、もしかしたら消えてるかなと思ったんだけどね、ってとこは同意見。

もし大きくなってたり数が増えてたら、薬の量を増やすのも止むなしと思ってたんですがと正直に申し出た。
あ、TS-1じゃなく、イリノテカンのほう。
でも結局「決して極端に減薬してる訳じゃないし、それより細く長く続けていけることの方が大切」ということで、薬の量もこのままでいくことに。


安心半分、うんざり半分といったところ。



ケモセンターでの点滴中も、看護師さんと「結局現状維持」の話になった。
でもどうやら今の投薬状況はいろいろと「最強」らしく、「副作用対策をがっちりしながらのかなり攻めの治療になってるから大丈夫」との評価。
だから安心して治療しましょう、ってことかな。
うん、そこは大丈夫。



あとはちょっと治療の間が空いたからか吐き気がいつもより強い気がして、あんまり食べないで寝てばかりいた。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村


[PR]



by amefurashimodoki | 2013-10-03 23:45 | IRIS+BV | Comments(0)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

心配……
at 2017-04-20 20:48
次いってみよう
at 2017-04-17 23:32
アイバンク
at 2017-04-12 21:54
RFAから1週間
at 2017-04-11 19:30
RFAへの道⑪ 左肺RFA実施
at 2017-04-09 20:58

ブログジャンル