あめふら日記

<   2013年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧




IRIS3クール目 day23

昨日が1週休みの3クール目、後半のイリノテカンの日だった。
またまた怒涛の診察で、まぁいろいろとすったもんだあったものの。
しかしまあ、何ですったもんだしたのかなぁ。
先生倒れませんように。



でもいつもよりうとうとしている時間が長かったからか、はたまた空いてる病室に通されたからか、点滴は何だかあっさり終わった印象。
とはいえいつも通り、病室大トリではあったが。


コリンの発汗もそんなにひどくなかったし、お腹がごろごろしてる感じがあったのは、TS-1の余波とコリンだったと思う。うむ。

髪の毛については、看護師さんにも「髪の毛あるねぇ」と言われる程度に残っている。
頭のてっぺんをしげしげ見ない限りは大丈夫らしい。
でも気になるので、分け目を逆サイドに展開してみた。
でもてっぺんは隠れない。
でもでも大丈夫。自分背が高いから。


でも何となくの習慣で、帰宅して夕方に昼寝をしてしまったら、夜中に目が冴えてしまって大変。
結局1時間眠れたかどうか・・・・・・



それで今日は朝からきっちりフルタイム勤務どころか残業2時間半つき。
頑張った。
いやむしろ、今日は帰れなかった。

ていうか、まずいんじゃないかこれ。
熱とか出ませんように。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村





by amefurashimodoki | 2013-08-30 23:51 | IRIS+BV | Comments(0)

IRIS3クール目 day18

3回連続だとさすがにダメージが大きいのか、味覚がほとんど戻らない。
困ったな。

食道も炭酸で焼ける。


でも負けずに食べている。
予定より下痢が大人しいので太るかも。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村





by amefurashimodoki | 2013-08-25 23:38 | IRIS+BV | Comments(0)

IRIS3クール目 day17

3回ルール発動につき、今回の点滴は1週お休み。
で、万全の体制でTS-1の下痢を迎え撃つつもりでいたのです。

が、なんか空振り気味。



いつもなら金曜日あたりから 食べる→トイレ になるはずなのに、なんか大人しい。
昨日だって昼は鶏サンド、夜はハンバーグでかなりしっかり食べたんだけど、沈黙の胃腸。

今日も夕方ちょっとあやしい雲行きだったが、リンコデ+ロペミンでまたもや沈黙。



あれれ、このままいけるんだろうか。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村





by amefurashimodoki | 2013-08-24 23:35 | IRIS+BV | Comments(0)

夏休みの反省

先週のケモから早めのお盆休みに突入し、うだうだしてたらもう来週から仕事じゃないの。



休み後半になるといつも思うのが、「ああ、今回の休みに自分はいったい何をしてたんだろう」という反省。


答え:何もしてない。


何やってんだか分からないうちに、さよなら夏休み。



で、完全に自己責任で落ち込んでしまい、落ち込みながらこれじゃいかんと手に取った『サイコオンコロジーを学びたいあなたへ』と『女性のがん心のケア』。
……おそらく(いやきっと確実に)これは患者が読むための本じゃないと思う。




2年前、お腹の手術が終わるまでは、毎日が新鮮かつエキサイティングだった。
(と思うことで気を紛らわせていた、ともいう。)

でも、そのうち外科でやることがなくなって、身体には訳わからんポートなんてもんが入って、あと残ってるのはエンドレスの化学療法しかないという状態になって、さすがにへこんだ。

へこんで、不安になって、……で、世の中には精神腫瘍学(サイコオンコロジー)というものがあることを知った。


確かそのアドバイスは、「総合病院ならサイコオンコロジーをやっている先生がいるかもしれないから、一度診てもらえばよいのではないか」というものだった。
がん患者の心のケアについて、専門にやってる精神科の先生がいるんじゃないか、と。

でも実際には周りにはいなかったので、自分で勉強することにした。(ここで大きく軸がずれた。)
しかし2年前の自分には、これらの本を読むのはまだきつかった。で、寝かせていた。
いつの間にか、夏休みの宿題状態に。



「痛みがうつ症状を誘発する」のはなるほどその通りと思う。
遊びに出ても何をしていても、お腹に鈍痛が起こると途端に不安になって、口数が少なくなってしまう。
考えてみればむしろ常にどこかに違和感や痛みがあるので、その状態で一人で家でぼんやりしてたらまぁ気が塞いでしょうがない。


裏を返せば、痛みがなければ何でもできるということ。
何か一つ特別にもらえるとしたら、「健康」一択で。


で、前から薄々分かっていたんだが、自分はやっぱりまだ病気と向き合えていないのかもしらん。
妙に自分を客観視してみたり、病気を軽く考えている(ふりをしている)節があったり。
以前、同僚に「精神があまりに強いか、とんでもなく弱いかのどちらか」と看破された通り、未だに病気の周りをふらふらうろうろしてるだけなのかもしらん。
そういう意味では、やっぱり精神的には追い詰められたまんま(告知の後の混乱状態のまんま)今に至っている。

向き合えてないからだからどうした、と開き直るんでもいいんだけど、経験上、段階はきちんとクリアしていかないと、どこかで大きくつまづくことがある。

全然解決してない。結構やばいんじゃないか自分。



この手の本を読むと、自分のこれからが見えてくるので結構辛い。
2年経ってもきついもんはきつい。
うーん、全然立ち直れなかった……



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村





by amefurashimodoki | 2013-08-18 22:38 | Comments(0)

IRIS3クール目 day10

体重はもとに戻った。
胸やけ、背部痛全開。
飲み込むのがやっぱり苦しいが、食事前に緑の糊薬を飲むとちょっと楽になる。(この糊には賞味期限あるんかな)


飲み込みといえば、服薬補助ゼリーというのは意外といい仕事をする。
薬を飲む時にえずいてしまう自分でも、薬+各種サプリをつるんと飲むことができる。
ただ、コスト的にはどうだろ、これ。



暑くて寝苦しいからか、やけにはっきりとした嫌な夢を見る。



髪の毛もそうだが、至るところ脱毛だらけ。
特にまつ毛が面白いくらい抜けるので、もともとシンプルな目元がさらに涼やかに。
というか、抜けると目に入るので、洗顔の後はじっくり目の中を調べないと大変なことになる。
腕や足のムダ毛も、成長を止めたらしい。


止まったといえば、月経もついに止まった模様。
月経が止まるというのもすっかり忘れてた。
ここから先は、忘れた頃に不正出血がだらだら続く、みたいな状態になるはず。



やっぱり身体の中ではいろいろ起こっている。






by amefurashimodoki | 2013-08-17 23:08 | IRIS+BV | Comments(0)

お盆なので

昨日は一日寝て過ごしたので、体力の谷はやり過ごすことができた模様。
回復期に入りつつあり。



で、今日はお盆の入りで、実家に帰らねばならぬ。……帰らねばならぬ。

……めんどい。

正直体調もそんなに良くないし。


と思いながら起床して、鏡を見たらば、ものすごい顔色をしててびっくりした。
土気色というか、死相出てる。目の周りとか青黒いし。
昨日までごはんをさぼり気味だったから?

よし、今日は実家にごはんを食べに行くんだ。そうしよう。
これはこなすべきミッションだ。がんばれ自分。



実家までたかだか車で1時間。(まぁ混んでるし暑いし運転がしんどい事もあるにせよ。)
でも、もう一個実家に行きたくない理由があった。


再燃した話、まだ両親にしていない。


でもそろそろしとかないと。
これもまた、重要なミッション。健闘を祈るぞ自分。



実家にて、まずは一言。
「また肺にちょっとできちゃったんだよね。」

固まる母。


あわわわわ、と思って、
「でもこういう病気だからさ、これの繰り返しだから仕方ないんだよ。」

「……まあそうだよね、仕方ないよね」
あわわわわわわ。


うん、やっぱりこういうの苦手だわ。


でも、何だか自分は吹っ切れてしまった。
仕方ないもん。
とりあえず、病院も仕事もうまくいってるから大丈夫よ。



その後は何事もなかったように墓参りに行き、お寺に行き、迎え火を焚いて夕食になった。
栄養もいろいろと摂りましたし。

が。


きっと両親は今夜は鬱々として過ごすんだろうなあ。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村





by amefurashimodoki | 2013-08-13 23:48 | Comments(0)

IRIS3クール目 day4

髪の毛が抜けて鬱陶しい。
あちこちに張り付くとか、掃除が大変とか、そういうのも含めて。


自分はもともとかなりの毛量だし、抜けても鬢や襟足の毛は割と残るので、前から見てるとまだ大丈夫だと思う。
でもやはり例によって頭頂部がかなり薄くなってきた。

分け目と格闘しながら何となく隠してみたりして、でもやっぱり不自然に髪の毛がない感じ。
まぁ人の頭頂部をのぞき込む人はいないだろうけど、これがじわじわと前髪の方まで降りてきたら嫌だなぁ、と思う。
前髪は生命線。



育毛剤の説明的にはそろそろ結果が出る頃なんだけど、どうなんだろう?
上手く効いていれば、このあたりで脱毛はひと段落するはずなんだけど。
8割抜けるところが3割程度で落ち着けば、ウイッグなしで大丈夫かもという話。



で、どうせ育毛剤の実験するなら頭部の写真も経過観察的に撮っておけばよかったなーと思って、とりあえず今の状況を撮ろうとしたが、頭頂部の写真なんて自分で撮れるもんではないと実感した。
汗だくで格闘して、しかし結局何だか分からん毛玉しか撮れなくて、諦めた。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村





by amefurashimodoki | 2013-08-11 23:16 | IRIS+BV | Comments(0)

IRIS3クール目 day3

なんか、これでいいのかな、というくらい平穏。



イメンドとデカドロンはきちんと飲んでいるが、もしかして飲まなくてもいけるんじゃないかと思うくらい吐き気がない。
お腹すいても即吐き気とはいかないし、倦怠感もほとんどないから朝はきっちり起きて夜中まで起きていられるし。


今はイリノテカンが標準から20%ちょっと減量になってるけど、これってイリノテカンが少なすぎるのかなぁ、しかし少なすぎるという話があるんだろうか、副作用的にまだまだいけるから薬増量しましょうってどんだけMよ。

などと思いつつ、効いてるんならいいけどちょっと不安になる。



夕方になってさすがにちょっと眠くなりうとうとしてたら、結局夜まで寝てしまった。
もう夕食も面倒な時間になっていたが、TS-1を飲まなくちゃいけないのと、このパターンで食材を無駄にすることが多いのでとりあえずなんか食べる。

この手の治療をしていると食欲やなんかに波がありすぎて、食べる予定で買っておいたものをうまく使いきれないことが多くなる。
とりあえずすぐに食べられるものを準備、と考えていても、気が付いたら賞味期限が切れてたり。
かといって何も準備してないと初回のような目に遭うしねぇ。

よくないよくない。



<今日食べたもの>
  かぼちゃベーグル
  ミルクティ
  プリッツ
  おろしツナそうめん
  野菜ジュース
  かまぼこパン?







by amefurashimodoki | 2013-08-10 23:08 | IRIS+BV | Comments(0)

IRIS3クール目 day1

旅に出たら熱が出ました、と言って、やはりまた驚かれた。



しかし本当に驚かれたのは「空咳が続いています」の方だった。

いきなり30分遅れからのスタートだった今日の診察で、先生は機嫌が悪いのか具合が悪いのかあるいはその両方なのか非常にもそもそとしていたけれど、「空咳が出ます」と申告したところ、「まずは写真撮りましょう、詳しい話はその後」となった。


実は私も「間質性肺炎」という言葉がずっとちらついてたので、二つ返事でレントゲンへ。



実際のところレントゲンに問題はなく、何でもないね、ということになった。
でも咳→肺炎というのは一番重篤な副作用で、起こる可能性はとても低いけどそういう患者さんもいたから、そういう時はすぐ連絡してほしい、と言われた。

一応念のためで背中を丸めた状態で呼吸音を確認し、先生がじっくり呼吸音を聞いている間、私は腹の肉とじっくり対話をして、そして非常に反省した。
特に脇のあたり。



そして今日の教訓。
コリンの発汗に猛暑が重なると、大変。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村





by amefurashimodoki | 2013-08-08 23:50 | IRIS+BV | Comments(2)

熱も出た

去年の8月も、2泊3日の旅に出ていた。
去年の8月といえばFOLFIRI真っ只中だったので、診察で「そういえば旅に出てました」と報告して驚かれたりしていた。
でも全然大丈夫だった。



のにさ。



帰ってきて、さっそく下痢。胃痛。
汗はかくのにぞくぞくと寒気がして頭が痛くて、何かおかしいな、おかしいな、と思っていたら、38.5℃あった。
熱を出しつけないのでどうすればいいのか分からず、とりあえずロキソニン飲んだら何となく下がったから、これでいいのかな。

きっと体力が落ちているに違いない。ちぇ。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村





by amefurashimodoki | 2013-08-05 23:13 | Comments(2)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

帰ってきて、大変だった
at 2017-08-20 21:48
初めてのお泊まり
at 2017-08-11 22:08
一方そのころあめふらは
at 2017-08-08 09:13
ひよっこ
at 2017-07-29 08:26
暑中お見舞い
at 2017-07-27 11:23

ブログジャンル