あめふら日記

<   2013年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧




ちょっとだけ

今日も素晴らしい目覚め。
で、ムーミンパンケーキとミルクティの朝食も、昨日と同じ。
リンコデ+ロペミン服用。
TS-1休薬4日目、今日はもしかしたら動けるだろうか?



昼、妹から誘い。自然を見に行きたい、と。
この間も「栄養を摂りたい」という申し出を却下したので付き合いたいのはやまやまだが、まだ怖い。
しばし待て、と返し、昼のリンコデ服用。
しばし待つ。
……こぽこぽしてきたー。昼食食べてないのにー。

結局妹は一人で旅立った。


そして私は諦めた。
何食べても下痢するんなら、食べちゃえ。
昼は焼きそば。
食べ終わって、やっぱりこぽこぽぎゅるぎゅるいう腸。
でも、昨日に比べれば、トイレに行くのは全然我慢できる。
腸の中で暴れているのは主にガスらしい。
ちょこっと下痢をして、もういいや、と思って、昼寝した。


夢の中で、夢だと分かったので、あれこれと食べた。
きっと実際に口がもぐもぐしてたに違いない。布団カバーくらい食ってたかも。



夜、晩ご飯はさくらんぼ。
食べたそばから腸がぐるぐるする。
うん、でも我慢できる。しかし我慢できるのは余計に辛い……
トイレに行っても出ないんだもの。
しかしまあ、昨日に比べると水様便が減ってきたのは、腸の粘膜がもとに戻りつつあるのか、エレンタールを飲んでいないからか。
リンコデ+ロペミン服用。
その後お茶を飲んだらまたトイレ。鬱陶しい。
しかし落ち着く時間も早くなってきたので許してやらんこともない。
明日は頼むぞ。



いろいろ考えてみると、どうも朝の調子がいいのは、胃も腸も空っぽだかららしい。
で、朝食べて、3~4時間経って食べたものが胃を出て腸に入る頃には昼過ぎで、そうすると腸が暴れはじめると。
エレンタールの処方が「朝1」になってたのはそういう理由?それとも書きようがなかったから?

結局どうやら「何を食べるか」というよりも「胃に物が入ること」自体が下痢を引き起こしている模様。
食道の痛みや味覚障害もあいまって、食べる量がどんどん減ってしまい、下痢が始まってから体重が2キロほど減っている。
でも、お腹は空くんだよねー。夢に見るくらいに。


あー、いっそ入院したい。入院して絶飲食・点滴が一番いいと思う。お腹空かないし。ポート使えばいいし。
病院から通勤できれば楽なのに。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村


[PR]



by amefurashimodoki | 2013-06-30 22:21 | Comments(0)

エレンタールとリンコデと

昨日の話。
朝、パン一枚食べて、ロペミンを飲む。

昼、そうめん食べて、やっぱり下痢をして、ロペミンを飲む。



で、夕食はエレンタールを飲んでみた。
液体だし、消化の必要がないっていうし、きっと腸も反応するまいと。


しかし、甘かった。
やはり胃が反応すると腸も動いてしまうので、エレンタールの袋を前に腹痛開始。
うう。

でも負けない。指示通り、一袋を既定の300mlの倍量、600mlに溶解。
フレーバーは薬局いちおしの(というかこれしか出ないと言っていた)青りんごで。

えーと、甘酸っぱくて、匂いが粉末のマッシュポテト。
まずいとかまずくないとかではなく、なんか不思議なのみものだ。


で、一気に飲むと下痢をするそうなので、ちびちびと・・・・・・ってどのペース?
ニフレック2リットルを1時間で飲んでしまうので、きっと自分は飲むペースが速いに違いない。
そう思ってゆっくりゆっくり飲んでいたら、結局2時間かかって300mlしか飲めなかった。(おかしい。)
そしてやっぱりお腹が痛くなるので面倒になって、コデインリン酸(愛称リンコデ)を飲んで寝た。




そして今日の話。
あら、夜中に腹痛で起きることなく眠れたのは久しぶりだわ、と実感。
どうも眠りが浅いと思っていたが、夜中に睡眠を寸断されるのは結構辛かったらしい。
久しぶりに楽に眠れた。

朝はムーミンパンケーキとミルクティーをゆっくりゆっくり摂取。
そしてロペミン。
異常なし。


いけるか?今日はおでかけか?と思ったら、



昼、やっぱり腹痛、そして下痢。
リンコデの効き目は12時間てことか。
もういいや、と思ってリンコデ服用。
処方は1日3回なので、やっぱりちゃんと飲まなきゃだめなんだな。



ところが夕方からさらに状況が変化。
腹痛なしの水様便が30分置きに。
水分なんてほとんど摂ってないのに、腸内洗浄?みたいな状態で出る。
立ったり座ったりのタイミングでトイレに行きたくなるってことは、これってまさか。
腸が職場放棄したとしか思えない。
朝にはロペミン、昼にはリンコデでこれか。何かおかしくないか。

と思いつつ、今日の夕飯はエレンタールのパイナップル味にした。
意外なことに、パイン臭がマッシュポテト臭をマスキングすることを発見。
青りんご味より好きかも。
しかし600mlは飲み切れない・・・・・・
変な胸やけ、相変わらずの下痢、もう何がなんだか。
昨日に比べて腹痛がなくなっただけ、前進したことになるのか?そうなのか?
何となーく感染性の下痢の気配はするものの、熱も吐き気もないからなぁ。



せっかくの休日ですが、やはりリンコデ飲んで寝るのです。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村


[PR]



by amefurashimodoki | 2013-06-29 23:53 | IRIS+BV | Comments(2)

IRIS1クール目 延期

ここのところ、毎日下痢をしている。
これがTS-1の下痢なのか、と思いつつ、今日も朝から(朝ごはんも食べてないのに)下痢で萎え萎え。



で、通院。
看護師さんに「今回のケモはスキップしたい」と予め伝えてあったので、先生に苦笑で迎えられる。

「大変だった?」
「愚痴しか出ないんですけど」

てな感じで。



下痢に関しては、やっぱりイリノテカンの遅発性下痢→TS-1の副作用、で延々続いてると考えるのがよさそう。
また、物を飲み込みづらいので食事も飲み物も摂りたくないんだけど、別に喉が腫れているわけでもなく。
下痢、食道の痛み、胃酸が上がってくる感じ、などは、結局全て粘膜が薄くなってることが原因と推察。


よって、今回はまず粘膜保護を優先。
アロプリノールのうがい薬が復活。
アルロイドG内服液(液体糊みたいなやつらしい)は食前に飲んで食道保護。
あとは、エレンタールという栄養補助剤。(これは粘膜と関係あるのか?)
順番に試して、楽なやつを見つけようという趣旨らしい。


あとは、下痢止め。
ロペミンに加え、コデインリン酸も投入された。
かなり強力だという話なので期待。
(でも、トランコロン+ロペミンも便秘になるくらい強力だと言われてたのよね。実際そんなことなかったのよね。)



そして、もうとにかく気乗りしないし具合も悪いので、IRIS2回目のイリノテカンは延期をお願いした。
諸般の事情で結構間が空くので、次は仕切り直しで1回目、みたいな感覚になると思う。

治療自体をやりたくないわけじゃないし、きちきちやって腫瘍をつぶしてしまいたいのはやまやま。
携帯ポンプを使わない治療だというのもありがたいから、この治療法で進めたい。
ただなんか、ちょっと今回は辛かった。
下痢が続くのが、こんなに大変だとは。



今日は一日病気休暇だったので、薬局で膨大な量の薬を受け取ってふらふらと帰った。
やっぱり食べてないのにお腹痛いし。しつこい。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村


[PR]



by amefurashimodoki | 2013-06-27 23:57 | IRIS+BV | Comments(0)

IRIS1クール目 day13

何か今日も初めてのことがたくさんなので、書く。



夜はやっぱり下痢だった。
腹痛で目が覚め、トイレに籠り、隙をついてロペミンを飲み。
夕食の後は特に異変がなかったんだけどなー。


昨日の「パン食べたら腹痛」から学習し、今朝は「ヨーグルト食べて一休み」にしてみたが、そこは大丈夫。



ところが出勤してしばらくしたら、よくわからん腹痛が。
左の肋骨の下が痛い。鈍痛。手のひらを当てて温めると楽になる。
何だこりゃ。
仕方ないので、使い捨てカイロを貼って過ごす。まさか6月の末にカイロを使うことになるとは……


そしてやはり、昼すぎに下痢。腹痛はこれか?と思うが、どうも下痢の痛みとは違うんだよなぁ。
下痢ってもっと、腸の動きが分かるんだけど。
そして、こんなに下痢を引きずることが今まであったかなぁ。



何を食べてもほとんど味がしないので、食事が苦痛。
何をどれくらい食べれば空腹が収まって、かつ下痢にならないのだろうか。
口の中~喉が乾き気味でものを飲み込むのが辛くて、本当は飲み物も摂りたくない。
でもそれじゃ死んじゃうよなあ。
これで2回目の点滴するですかー。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村


[PR]



by amefurashimodoki | 2013-06-25 23:29 | IRIS+BV | Comments(0)

IRIS1クール目 day12

余裕をかましていたら、やられた。
日付が変わる頃、イリノテカン遅発性スイッチが入った模様。
それから結局200過ぎまで、「自分今日はトイレに泊まるんだろうか」的な展開。
腸の隙をついてロペミン飲んだって、それが何か?てなもんで。
腹痛と下痢でふらふらになった。



で、何とか落ち着いてきて一眠りして、今朝。
TS-1飲まなきゃ、と思って食パンを一枚食べたら、そのまま胃と腸が大反乱。
これが下痢や嘔吐ならまだしも、どこにも解決方法がない「ただただ痛い」状態。
うう、15分だけ横になって何とか、と思ったもののそんなに甘くなく、くの字になったまま身支度をして出勤。。。




昼は昼で、ご飯食べたら即だもの。
夜になってやっと落ち着いたものの、やはり忘れた頃にやってくる遅発性下痢は怖いなあと。

ただ、この遅発性下痢が終わると本当に身軽になれる気がする。
今週もケモだけど。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村


[PR]



by amefurashimodoki | 2013-06-24 23:33 | IRIS+BV | Comments(0)

IRIS1クール目 day11

突然の下痢に備えて、自宅待機の一日。
最近寝つきが悪いので、ちょっとぐらいだるくても昼寝は我慢。


・・・・・・しかし。
なんだかなー。
曖昧な腹痛と便意こそあれ、下痢は始まらず。
せっかく今日は休みだから、腸にお任せの気持ちだったのに。
(そしてこうやって気に病んでいると、腸も緊張して動きが悪くなるという。)

そしてそして、自宅待機をしていたのに、持ち帰り仕事の進捗状況は0%ですよ。
こんなことしてる間に働けばいいのに、自分。



何だか口の中が痛い。
口内炎ではないけれど、奥の方の粘膜が痛い。
で、実は何となく痰が絡む気配があるんですが、これはきっと気のせい。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]



by amefurashimodoki | 2013-06-23 23:36 | IRIS+BV | Comments(0)

IRIS1クール目 day10

またまた、味が分からない。
自分の香水の匂いにすら不快感を覚える。
点滴から3日後に急激に体調が崩れたのは、アロキシの効き目が切れたからだと思う。
食道の粘膜はかなり薄くなった模様。辛いものが全くだめになり、ポテチののりしお味・七味風味が食べられなかった。
温かいお茶やごはんを飲み込むのも辛いので、困ったときはアイスが効くかもしれない。パピコで生きていけるかも。
髪の毛はまだ抜けていない。家にいる間は育毛クリームで頭がべたべたでうんざりするけど、3週間乗り切れれば希望が見えるという話なので、とりあえず続けてみる。



そろそろイリノテカンの下痢が始まる頃なんだけどなー。
2、3日前からお腹が動いてる感じはあるものの、むしろどんどん便秘度がかさんでいて不快。
お腹が張るというよりも、腸がいっぱいいっぱいになって止まりそう。


今日も朝からきちんと起き、朝ご飯を軽く食べ、TS-1も飲み、さて何するかな、と思ったところでトイレへ。

うん、やはり気配はあれども便通はなし。

そして吐き気。
あれれ。


2時間後、仕切り直し。

やはり気配はあれども便通はなし。

そして吐き気。
そして・・・・・・なんだこの腹痛は?

横になってみる。
仰向けになってみる。
腸の真ん中あたりから、周囲に発散していくような激痛。
それが数回続き、しかし便意は起こらず、なんだこりゃ。
とにかくお腹が痛い。
腸閉塞も消化管穿孔も、「今まで経験したことない痛み」だそうだけど・・・・・・
いやまさかこの程度の痛みでは・・・・・・


と思っているうちに、寝てた。



その後もそれなりのお通じはあって、腸は動き始めたようだが、下痢の兆候はなし。
明日かな。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

[PR]



by amefurashimodoki | 2013-06-22 23:34 | IRIS+BV | Comments(2)

IRIS1クール目 day8

今日は謎の「午後から診察」の日だった。



午後からでいいから、とはいうものの、仕事のやりくりもあって、朝イチでとりあえず採血だけしに行く。
で、昼ごろ再登場したところ、やはりちょうど1時間待ち。



こないだの急患室での採血、今日の採血ともに特にデータに問題はなく(肝臓の数値はIRIS前よりもなぜか下がってたりして)、「今日も点滴していく?」「いやです(ニッコリ」だった。
だって痛いし、と言うところだった。こないだの点滴跡がまだ痛い。


ただ、やはりそこまでの吐き気があるのは問題で、タイミング的にも吐き気の原因はやっぱりイリノテカンだろう、という結論になり、よしそれならば、と思い切って薬の減量を提案!
次回から、今までのFOLFIRIよりもIRISよりもうんと少ないイリノテカンとなりました。
これでちょっとでも楽に乗り切れるようになればいいけど・・・・・・



体調的には一番の谷は脱したものの、食道の粘膜が薄くなってきたのが実感できる。
いつもの胸やけが始まったんだが、確実に胃酸が食道を焼いてると思う。
夏になったら検診がてら胃カメラを飲もうという話をしてきたが、早いうちに胃~食道に不調が出て、胃カメラ飲む?になるはず。


そしてイリノテカンから8経ったので、そろそろ下痢が始まる頃のはずなんだけど、まだ便秘。
まぁ確実に下痢になるだろうと踏んで、特に下剤も飲んでいないが、正直ちょっと辛くなってきた。
いつもなら食べると腸が動くんだけど、今はその様子もなく溜まっていく一方なので、何だか吐き気が。
イリノテカンの下痢も突然始まるので気分良いものではないが、なんか、早く出したい気持ち。


[PR]



by amefurashimodoki | 2013-06-20 23:51 | IRIS+BV | Comments(0)

IRIS1クール目前半まとめ

結局昨日は夕食前にも吐きまくり、急患室で点滴を打ってもらった。
といってもそもそも半分は食べられないのが原因の吐き気で、処置といっても輸液2本+ペラプリンで、まぁ吐き気は軽くなったけどゼロになったわけではなくて。
それでも翌日の身体の軽さは驚くほどだった。
……次からどうしてもだめならこれだな。


ただ、輸液だからいいや、と思って腕からラインを取ったところが痛いこと痛いこと。
おまけにタオルケットが血だらけになる始末。
いや、やっぱりこういう事態にならないように、次からは飲み物も食べ物もちゃんと用意します。
どうしても急患室に行くときは、枕持っていきます。


でもね、もういっそ入院しちゃうのもいいかも。
と思うくらい、大失敗の前半戦だった。



今日はさすがに朝は生まれ変わったように気分よく目覚め(そして若干寝過ごし)、ちょっと食べて薬を飲んだところでちょっと具合が悪くなりかけたものの、頑張って出勤。
頭の中で回っているのはたんぱくしつ。
ついでに目も回る。
軽く死相が出てる。
熱っぽいのは蒸し暑いせい。
お腹もぐるぐるしている。
しかしここで早退しては年休が!と思って何とか過ごした。


何より異様だったのが、頭頂部の痛み。
まるで頭のてっぺんから何か生えてくるんじゃないか、という感じの、頭皮が突っ張る痛み。
これが午前中いっぱい続いた。
タンパク質主成分の脱毛を防ぐシャンプー&クリームで髪の毛ごわごわべたべたなのに、やっぱり抜けるのかしら。


で、妙にこまめにお腹がすく。
きっと身体も栄養を摂ろうと必死なんだと思う。
でもやっぱり、げっぷと胸やけが出てきた。あと、飲み込む時の不快感も。
そして昨日あんなに美味しく感じたDAKARAが、今日はやたら金属的な味で舌に残る。



結局家でがっつり食事を用意する気力もなく、残業だった友人の仕事が終わるまで大人しく待ち、外食。
きっとこれだけ食べたら胸やけどころか胃痛が出るかも、と思いながら、胃腸にやさしいものばっかり食べてたらいつまでたっても体力戻らないからと頑張った。
友人を待ってる間よっぽど寝そうになり、オーダーしたメニューが出てくるまでにも寝そうになったけど。
でも頑張って食べた。
たんぱくしつだ。たんすいかぶつだ。



仕事を続けたいです、というのは簡単だけど、やっぱり続けるための努力をしなきゃならないと思うのだ。
現在の状況でいえば、自己管理。
体力をつけること、副作用に備えること、そのへんはもう素人じゃないので自分でしっかりしなくては。


[PR]



by amefurashimodoki | 2013-06-19 23:36 | IRIS+BV | Comments(0)

IRIS1クール目 day6

今朝は明け方から吐き気に苦しみ、ついに朝からおう吐。
何年かぶりで吐いた。
で、吐きはじめるともうどうにもならず、とりあえず水を飲んで吐き、うっかり野菜ジュースを飲んで吐き、ああ、このまま吐き続けるならいよいよ病院で点滴してもらおう、と思いながら力尽きた。
一体どうなっているのやら。


副作用に吐き気はつきものなので、どのレベルまでいったら病院に連絡するべきなのか分からず。
丸1日全く飲まず食わず、とかいうレベルでもないし。
病院行ってもきっと吐き気がピタッと止まる訳でもないだろうし。
うーどうしようどうしよう、と思いつつ寝た。



頭では何か栄養になるものを食べなくては、と強く思っていて、何が食べられるかな、とぐるぐるしてるんだけど、食べられそうなのはパンとかそうめんとかだもんねぇ。
そしてやっぱり胃に物がはいると気持ち悪いもんねぇ。


ということで、TS-1も飲んだら吐きそうだったので1回飛ばした。



木曜日の診察、渋りながらも入れておいてよかったわ。
これで採血のみ、診察なしになってたら泣くかも。


[PR]



by amefurashimodoki | 2013-06-18 23:28 | IRIS+BV | Comments(0)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ。
by あめふら
プロフィールを見る

最新の記事

ブログジャンル