あめふら日記

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧




UFT/LV 6クール目 Day1

この間のCTトラップ事件に関してはいろいろあったものの、きっとあの先生は覚えてないに違いないのであえて触れずにおこうと思っていた。


そしたら、診察開始後すぐに自供が。




あまりにもCTの結果が良かったので連絡した。
悪気はなかった。
今もわくわくしている。




だって。

もー先生、おかげですっかり免疫下がりましたよ私。
何があったかと思って心配で。
とか言ったらば、最終的には「余計なことしてごめんなさい」になってしまった。



でも、ちょっと考えた。

自分は自分の症例しか知らないから、この状態が当たり前だと思っている。
しかし。
ステージⅣからの腫瘍消失、そしてその状態が1年近く続いてるっていうのは、普通に考えて実はものすごいことなんじゃないか。
たくさんの症例を見てきたならなおさら。


あー先生ごめんなさい。
その価値が分かってませんでした。


電子カルテに「CTの結果について、何かあったら連絡」と記載してあったけど、きっと「CR継続」ってのは「何かあった」うちに入っちゃうのね。
だから先生も珍しく覚えてたのね。


今は反省している。これからもこの状況を大事にします。



ただし、CRだからこそ、これからもUFT/LVは続けていくことになった。
内心はそろそろ本当に休薬になるんじゃないかと思って期待してたんだけど。
やっぱり欲が出るよね。
これだけ効いてて抑えこめてるから、これからも続けていきたいよね。
先生にしてもFOLFIRIからUFT/LVに変更することは最大の譲歩だったわけだし、自分も確かにいざ治療中止といわれると踏ん切りつかない気がするし。

関節が割れたり胃が痛くなったりするのは鬱陶しいけど、副作用がほぼこんなもん(骨髄抑制もそんなに進まないし、肝機能もコレステロールも基準値に収まったし、脂肪肝も改善してきた)だと考えればベネフィットの方が多いのかもしれん。

CVポートについても、これからもフラッシュしながら維持していくことに。
だって抜くのも手術だし、右手が利かなくなったら仕事にならないし。
もちろん再設置なんてことになったら、次回は断固全身麻酔を要求するし。
フラッシュがてらUFT処方がてら、月1回通院して血液検査してもらうのが安心、という結論になった。
つまり何も状況は変わらんということだ。
いいさ。このまま頑張っていこう。

そしてしつこい胃痛に、試しに内服の表面麻酔みたいなものを使ってみることに。
これはよくわからん。


まぁでも、なんとなくすっきり晴れ晴れとした雰囲気で診察終了。



今日のフラッシュは時間が読めなくて、ユーパッチを貼り損ねた。
しかし今まで無痛できたので、もしかしたらという気持ちもあったのでそのまま行くことにした。

でもね。

やっぱり今までより全然痛かった。(ぷつん、という程度だったから全く問題なかったんだけど)
思わず「次はやっぱりちゃんとパッチ貼ります」と言ってしまい、フラッシュしてくれた若手先生を慌てさせてしまった。
……ていうか、皮膚に針刺したらどうやったって痛いでしょうが。
化学療法やってた頃は「果たしてこれって効いてるの?」と思ってたけど、ちゃんと仕事してたのね。





by amefurashimodoki | 2013-02-22 23:56 | UFT/LV | Comments(4)

久しぶりに腹が立ったこと

正月ぶりに実家に帰ったら、



私の同級生の母上とうちの母との間で、ちょっとしたやりとりがあったらしい。



同級生母「あめふらちゃん、仕事休んでるんだって?うちの娘が言ってたんだけど」



「うちの娘」さんとは、もう10年近くお会いしてないんですが。
「うちの娘」さんとは、行政区が違うレベルで離れた場所で生活してるんですが。



同級生母「うちの娘が、『お母さん、最近あめふらちゃんの車見かけたことある?ないでしょ?』って言ってたんだけど。」



って。
母がとぼけて「どこからそんな話が?」と尋ねたら、

「あんまり言うと娘に怒られるから」

とはぐらかされたそうだ。
どうも「うちの娘」さんとその母上は、結構具体的な話をしてたみたい。




で、その話を聞いて私は言いました。


「で、その人はお見舞いいくら持ってきたの?」


と。



だってさぁ。
「仕事休む」って、産休とか育休とかじゃない限り、絶対に面白くない理由があるわけでしょう。
それ分かってて、わざわざ聞いたんでしょう。
そしたら、話だけ聞いて、はいさようなら、ってこともないでしょう。
とんでもない話が飛び出してくるのを覚悟で質問してるんだろうから、もちろんお見舞いぐらい置いていくでしょう。
そういう話をざっくばらんにできるほど、親しいお付き合いしてるんでしょう。

だからね母よ。
もしこれから他の人についてそういう話(病気とか休職とか)を聞いたとしても、本人あるいは家族が直接話してくれるまで、決してこちらから尋ねてはいけないよ。
話したくない話だから言わないんだよ。
まして本人より家族の方が、心を痛めてることが多いんだから。
興味本位で尋ねていい話題じゃないんだよ。
絶対に尋ねてはいけないよ。



こないだのCT事件の話をしたら、半泣きになってしまった母なんだ。
私の病気ですっかりトラウマ的心理状況になってしまった母なんだ。

何で世の中の人は、そういうことを知りたがるんだ。
言えることなら言ってますって。
自分が逆の立場だったら、聞かれても平気なんだろうか。
私は到底聞けないよ。



本当に知りたかったら、お見舞い持って私のところに直接聞きにくればいい。
懇切丁寧に教えてやるから。
ただし、正座な。



by amefurashimodoki | 2013-02-10 23:37 | Comments(4)

不驚の誓い

あっさり破ってしまった。
今となっては笑い話なので書く。



こないだの診察の時に、CTの結果を聞きに来るかどうか確認された。
自分は「何も映ってないはずだから、次の診察の時でいい」と主張。
先生は「じゃあ何かあったら連絡するから」と。
で、一応CTから1週間後に自分の名前で予約は入れておくけど、特に来院は不要ってことで終了した。


で、CTから1週間後の予約の日。
一応病院から連絡が来ても大丈夫なように、携帯電話は確認しやすいポイントに待機。
しかし結局連絡は来ず、やっぱりねーと思いながら帰宅した。

翌日は公私ともにばたばたで、帰宅したのが午前0時近く。
そして気付いた。


家の電話に留守電が入ってる。
しかも病院から。


「先日のCTの件でお話があるので、週明けに連絡ください」


えええええ。
ない頭で考える。

①CTの撮影データに不備があった
 →撮影したらすぐに確認してるから、もしそうならその場で何か言われてるはず
②胃痛の原因である何かが発見された
 →何かって何よ
③以前の検診で指摘されてた良性の腫瘍が目立ってきた
 →目立ってきちゃだめじゃん
④変なところに何かが見えた
 →だから何かって何よ

どう考えてもろくでもない結論しか出ず、しかも一番妥当な線は転移・再発。
FOLFOXとかFOLFIRIを再開することになると確実に仕事は無理。
でも期間的にまだまとまった病休は取れないらしい。
XELOXとかIRISで何とかなるかな。1週おきに2日休ませてもらえば頑張れるかな。きついな。
ていうかむしろ、転移・再発って状況自体がかなりきついんじゃないか。
この間も管理職との面談で、8時間勤務が本当に可能かどうかしつこく確認されたし。

ああ、食生活が乱れたからか。
それとも職場のストレスか。
確かに前よりも生活が適当になってたからなぁ……



とか悶々と考え続けた週末。
外出する気にもなれず、ごはん食べる気にもなれず。
これが週末にかかってなかったら、すぐに電話してたと思う。



で、考えて考えて、週明け。
いい加減考え疲れて、まぁそうなったらそうなったで仕方ない、月間予定と年間予定を持って病院に行けばいいさ、とか思いながら、仕事の切れ目に病院に電話した。

したらば。
外来の看護師さんが。




「先生から伝言預かってました。



こないだのCT、異常なかったので大丈夫です。



だそうです。」




って。何さそれー!何かあったら連絡するって話だったから、連絡きたから何かあったと思ってたのに!
へこんでへこんで、この数日で無駄に免疫下がりまくったのに!
何さそれ!

この先生のことに関しては、これから何が起こってももう驚かないと心に決めていたのに。
ああ、思いがけない展開。全く予測だにしなかった、斬新な切り口。
完敗しました。きっとこの先生にはこれから先も勝てない。


とにかく何だか無性に腹が立ち、その夜は焼肉に繰り出しましたとも。




しかし何だ、よかれと思ったことが全て裏目に出るタイプなんだろうか。
そう考えると気の毒だ。
でもさすがに今回は腹が立った。
自分がCTの結果をすごく気にしてたとかならともかく、次でいいっすよーとか言ってたのに。
むむむむむ。
やはり自分、まだまだ修行が足りないらしい。まだ終わらんぞ。





by amefurashimodoki | 2013-02-05 23:54 | Comments(2)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

最新の記事

赤じそジュース
at 2017-05-26 10:36
術後初の診察
at 2017-05-22 17:50
オキノームレポート
at 2017-05-20 21:01
これまじですか
at 2017-05-20 20:23
痛い痛いばっかりで
at 2017-05-18 20:25

ブログジャンル