あめふら日記

<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧




UFT/LV 4クール目 Day18

どうも今年は手指の乾燥がひどい。
UFTのせいか、それとも去年ほどのケアをしてないからか、はたまた毎日のミューズ攻撃のせいか。

ついにこの間から順番に関節が割れてしまい、一か所治ると次が割れるといういたちごっこ発生。
仕方がないのでハンドクリームを「ブランド・匂い優先」から「なんか治りそう優先」にシフトした。


ところが、尿素・ビタミンE系のハンドクリームは関節の溝に入るとしみるのだ。
痛いのだ。
ミューズ攻撃でぬるぬるになるのだ。
しかしこの時期、ミューズ攻撃を諦めるわけにもいかない。
前に病院でもらって、あまりの臭さに一瞬で使うのを諦めたヒルドイドクリーム、あれはどうやらやけっぱちを起こして旅に出てしまったらしい。
ああ、かあさんをゆるしておくれ。


ということで、強制保湿。
絆創膏を巻きました。
そして薬局へ。
ひびわれ系の軟膏をためつすがめつしていたら、すすーっと寄ってきたおねえさんから勧められたのはロコベース。
薬を使うより、ほとんど刺激のないこういうのを使った方が治りが早いと。
確かにこれは、何でもないただの保湿系だったはず。
で、買ってきた。ちなみに軟膏の2倍のお値段だった。

で、塗ったらあっさり治った。
ちょうど治るタイミングだったのかもしれないが、べたべたがなくなるまでよくよく擦り込んで(この作業も結構怖かったが、クリーム自体に刺激がないので何とか頑張れた)2日くらいで。
確かにちょっとやそっと手を洗ったぐらいじゃぬるぬるしないし。
ありがとうおねえさん。


で、現在は両手の爪が割れている。
やはり末端が乾燥しやすくなってるらしい。



職場の忘年会のビンゴでは、面白いくらい景品がもらえなかった。
よって、今年の運はきっちりと使い終わったことが判明した。
涙と運は枯れるのだ、と学習。
まぁ今年は枯れるくらいの運を使ったので仕方あるまい。
来年もすべての運を健康運に割り振るってことでいいです。
死ぬまでその調子でも文句ございません。
今年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしく。
[PR]



by amefurashimodoki | 2012-12-30 23:42 | UFT/LV | Comments(3)

UFT/LV 4クール目 Day4

今回のフラッシュは、右ポートなのに左側から注射器で、という非常にアクロバティックなものになった。
ヒューバー針がそこにあったのになー。
そっち使った方が、絶対やりやすいと思うんだけどなー。
そしてやはり無痛。



今回はきちんと血液検査の結果をもらってきた。
いつもよりちょっと白血球が少ないけど、標準値の範囲には収まっている。
採血が遅くなったのでマーカーは出てなかったけど、肝臓の値は標準値の上限まで戻っていた。
あとはコレステロールが。下がり続けてはいるけれど。


そして麻しんの抗体価、16~32は欲しいところだが、8しかないとのこと。
(母によると予防接種は一通りやってるはずだそうなので、たぶん時間が経って下がったんだと思う。)
一般人だとぎりぎりの値のようだ。
健康体だったらワクチン接種も考えるところだが、抗がん剤服用中につき、止めた方がいいと。
麻しんは生ワクチンなので、うっかり免疫が下がったところに接種してしまうと、発症するかもしれないって。
発症したらひどい目にあうというのは、前回力説された。


で、
「どうしても接種したかったら、……相談して?」
……何をですか。


ということで、麻しんに関しては専守防衛を貫くしかあるまいよ。



あとは、次の診察とCTの予約をして、今年もありがとうございました、それでは来年もよろしく、良いお年を、で終了。
そういえば去年も、良いお年を、で終了したなぁ。
来年もよろしく、がいつまで続くのか分からないが、とりあえずこれからも毎年、良いお年を迎えたいものです。
それならずっと続いてもいいや。


[PR]



by amefurashimodoki | 2012-12-16 23:53 | UFT/LV | Comments(0)

UFT/LV 3クール目 Day26

雀百まで踊り忘れず、とかそのへんを地でいく職場復帰初日であった。
あまりに初々しさがなくて、自分自身でも心配になるくらい。

ただ、やはり若干テンションは上がっていたような。


ああ、それにしてもよく帰ってきたなぁ自分。
帰ってこれないだろうとは思わなかったが、かといって実際にいつ帰れるのかは考えることができなかった。
この感慨もいつか忘れてしまうんだろうけど、でも一度でもこういうことを実感することができてよかった。
そして、もう二度と実感したくない。



先日の子宮頸がん検診の結果は、異状なし。
よかったよかった。
ただ、薬が弱くなった途端、月経周期が短くなり。
そして経血量が異常に増えた。よく貧血起こさないな自分。こんな状態でも、瞼の裏は真っ赤だよ。
検診の時に受けた超音波検査によれば、臓器は普通に機能しているらしい。
やる気出してきたのかしら。
[PR]



by amefurashimodoki | 2012-12-03 23:43 | UFT/LV | Comments(0)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ。
by あめふら
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

ブログジャンル