あめふら日記

<   2012年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧




FOLFIRI2回目まとめ

一昨日、お腹が張り気味だったのでフォルセニッド2錠服用。
で、予想通りの緩慢な効き具合、特にすっきりすることもなく。
まぁ激しく具合が悪い訳でもなかったが、げっぷやらしゃっくりやら食欲不振やらあいまって、結局ほとんど寝込んで過ごしてしまった。


そして、不定愁訴は気持ちを落ち込ませるのでよくない。
ほんとはこの程度の体調不良なら我慢して日常生活を送るべきなんじゃないのかな、と思いつつ、でもそこまでの気力がわかない自分にイライラする。
こんなに気分がふさぐのも久しぶり。



指先の痺れが辛い。指先がどこに触れているのかよく分からないことが多い。
痺れを甘く見ていた。
味覚障害は甘味過多。口の中が常に甘い。
脱毛は一旦落ち着いたと思ったが、再開。
FOLFOXよりも簡単に抜ける感あり。
ウィッグやら帽子やらいろいろと手はあるが、やはり滅入る。
[PR]



by amefurashimodoki | 2012-01-31 23:25 | FOLFIRI | Comments(0)

FOLFIRI2回目 Day3

イメンド+デカドロン+ペラプリンの相乗効果か、1回目よりも楽に過ごせている気がする。


ただまぁ消化器系の運動が緩慢になっているのは相変わらずで、げっぷなんだかしゃっくりなんだか全盛。
しかしこれでめげて食事を飛ばすと具合が悪くなるので、さぼらずに食べて、薬を飲む。



ここ数日かなり寒い日が続いていて、日中は暖房もつけっぱなしでいる。
前回のシュアフューザーが11時間オーバーだったのも寒かったのが原因かと思っていて、できるだけ布団にくるまっているようにはしていたのだが。
今回も9時間オーバー。
そしてキーボードをたたく指先のしびれること。
冬は辛い。


FOLFIRIを2回やってみた結果、やはり副作用はこっちのほうが辛いと思う。
1回目に比べればだいぶ楽になったが(血管痛も起こってないし)、しかし1日目の吐き気のしぶとさには参る。
しかしこの治療もぎりぎりまで続けなくてはいけないので、乗り越えよう。



今日食べたもの
  ぶどうパン
  バナナ
  プリン
  ヨーグルト
  炒り鶏
  かまたまそうめん
  雑穀ごはん
  ハーゲンダッツ
[PR]



by amefurashimodoki | 2012-01-28 23:21 | FOLFIRI | Comments(0)

FOLFIRI2回目 Day2

昨日はワイパックスを飲み、何となく眠れた。
今朝もわりとすっきり起床。



昨日までの経験から、吐き気に空腹が重なると大変な目にあうと学習。
とはいえ何となく食欲もないので、かるーく食べてイメンドとデカドロン。
8錠という量の多さにおののきつつ、ざらざらと。


食欲が復活するほどではなかったものの、そんなにひどい吐き気も出ずに今に至る。
しかし最近、以前よりデカドロンの眠気が弱くなった気がする。
昨日の点滴だって、前までなら帰ってからも眠くて眠くて大変だったのに、ここのところ点滴中に一眠りするとすっきり目が覚める。
(目が覚めてもやることがないのでまた寝るけど。)



吐き気というよりも、やはり胃腸の機能低下でげっぷがたまっている。
気持ち悪いのを払しょくするためには、実は食べ続けるのが一番楽なんだけど・・・・・・
オキサリ終了につき寒冷刺激がなくなったので、例えばプリンとかカップアイスなんかを1時間かけて食べたり。
やっぱり食べつわり、だよなぁ。
しかし食べると胃にたまって具合悪くなったりして。
早く薬抜きたいー。


夕食後にデカドロンを飲み、眠くなったので一眠りしたらすっかり目が覚めた。
なんだかなぁ。
そして胃が重い。


今日食べたもの
  ロールケーキ
  ブロッコリー
  雑穀ごはん
  納豆
  玉子
  チキンナゲット
  チョコレート

甘いものばっかりで、口の中が甘い。
[PR]



by amefurashimodoki | 2012-01-27 23:39 | FOLFIRI | Comments(0)

FOLFIRI2回目  Day1

受付時間が早かったので、点滴も早く始まり早く終わった。



血液も問題なく回復してたし、吐き気も先週からなんとかなってきて、結果体重もすくすく回復。
吐き気対策は前回プランBが発動したので、薬を飲むタイミングを確認し、いざ、センターへ!



結果。
時間が微妙でごはんのタイミングがずれて吐き気があるのか?と思いつつ。
トイレに行くまではいかないが、腸もこぽこぽしてる。
点滴終わってからおにぎりを食べ、一応ペラプリンを飲んだがやはり吐き気。
自宅までのルートが厳しい。
玄関のドア開けた瞬間、むかむかと嘔吐が来たが耐えた。


だって昼のおにぎりの具、納豆だったし。



ワイパックスを飲み、お布団入団。
ちょっと眠ったら楽になったが、やはりしばらくするとすーっと寄ってくる吐き気。


明日はイメンドとデカドロン、だめならグラニセトロンまで。



今日食べたもの
  おにぎり
  キャベツサラダ
  ブロッコリー
  蒸し鶏
  プリン
  カフェラテ
[PR]



by amefurashimodoki | 2012-01-26 21:53 | FOLFIRI | Comments(0)

痺れる

最近、すっきりはっきりクリアに痺れを感じる。
手は親指が一番痺れが強く、小指に向かって弱くなる。
足は、足の裏全体。


オキサリプラチンが入ってたうちは、寒冷刺激に気を取られてあんまり意識してなかったんだと思う。
今は割れてきたのもあって爪を短くしてるので、指先を使う作業がすごく苦手。
そして冷えると麻痺感が増す。
意外と厄介。
[PR]



by amefurashimodoki | 2012-01-26 02:14 | Comments(0)

帰ってきた消化器症状

「化学療法後10日前後で下痢をする」という消化器症状が復活。
復活というか、ここ1か月ほど割と腸と良好な関係を築いていたのでちょっと残念。
まぁ、軟便でお腹が落ち着かなくてトイレにすぐ行ける状況じゃないと不安、というレベルなので、大したことはないのだが。
あと、ちゃんと薬は飲んでいるけど何だか胃が痛いなーと思うことが増えてきた。
やはり新しい薬と信頼関係を築くには時間がかかる模様。



そして、味覚障害が治まったと思っていたのだが、そう簡単な話でもなさそう。
確かに、あからさまに変な味はしなくなった。けど、何となく味がしない、何となく酸っぱい、何となく金属味、ぐらいのレベルで違和感がある。
いやむしろ、結構長い時間味覚障害にさらされてきたので、どれが障害のない状態の味覚かが分からなくなっているのかも。


指先や足の裏の麻痺もしっかり感じられるし、冷たいものを触ると(寒冷刺激とは違う形で)しびれを感じるので、やはり末梢神経障害はそう簡単には消えないらしい。
[PR]



by amefurashimodoki | 2012-01-22 23:10 | Comments(0)

薬が増えた

FOLFIRI1回目のご機嫌伺いに、血液検査。
まぁ下がってはいるけど、見たことのある数字。


  白血球 6700 → 4300
  好中球 57.0%(実数3800) → 45.3%(実数1900)


前回の数値はドーピングの結果だし、今回は一番数値が下がるであろうところで測ったデータなので、あまり食べられず体力の回復が遅れてる割には骨髄は頑張ってるということか。
それにしても採血に微妙に時間がかかるようになってきた。
冬だなぁ。



遺伝子検査の結果、重い副作用が出る可能性は低いとのことで一安心。
しかしやはり吐き気は辛いので(昨日あたりから大分食べられるので無理やり詰め込んでいるが、実はうっすらとむかむかが続いている)、プランB発動。
イメンド+ペラプリンという今までの布陣に加え、ワイパックス、デカドロン、グラニセトロンという外人傭兵部隊が投入された。
とにかく徹底的に吐き気を抑え込むべく、物理的にも精神的にもかなりの増強。


・・・・・・今まで常用薬として処方された薬の中で、一番おねだんがたかいものだったのは

  メニエール疑い時のイソバイド

だったが、彼女はまだまだお手頃な薬価だったんだと思った。



何だこれ、この大人の階段を上る大学生みたいな感想。
[PR]



by amefurashimodoki | 2012-01-19 23:39 | FOLFIRI | Comments(0)

FOLFIRI1回目 まとめ

寒冷刺激はすとんと治まった。
その反面、指先と足の裏の痺れをはっきりと感じるようになった。
味覚障害も八割方治まった。
血管痛も起こらなかった


下痢の気配は全くなし。これは拍子抜け。
ここまでがよかったこと。



吐き気はしつこい。げっぷやしゃっくりもある。それに伴う食欲減退。ぎりぎり我慢できるところまで我慢して、しぶしぶ食べるような状況。


食べる量が減ったせいか、抜針後数日経ってもちょっと出歩くと気持ち悪くなる。
明らかな倦怠感はないが、疲れやすい感じ。体力の戻りが遅い。
体重は計ってないので。


体調不良がだらだら続いているため、気持ちもふさぎ気味。


全体的にぱっとせず、正直次の治療が憂鬱。
恐らく心身ともにまだ慣れていないのがあると思うが、次までには遺伝子検査の結果も出てると思うので相談しよう。
薬減らして欲しい…
[PR]



by amefurashimodoki | 2012-01-19 00:12 | FOLFIRI | Comments(0)

FOLFIRI1回目 Day5

FOLFIRIは下痢になりやすいとのことで構えていたのだが、逆に便秘。
吐き気・げっぷ・しゃっくりに便秘が重なるとたまったものではないので、昨夜のうちにフォルセニッドをきちんと2錠服用した。


そうしたら。
そうきたか!


腸の中で長期滞在中にきっちり水分を絞られた便を、必死で排出しようとするわが大腸よ。
ういやつめ!



ということで、久しぶりに肛門痛+頻便に悩まされた。
FOLFIRIとの距離の取り方は、まだまだ学ばなくてはいけない模様。


オキサリ投与が終わってから、手足のしびれが意識されるようになってきた。
指先は両手ともにしびれている。
足の裏も。



吐き気などなどにより食欲がなく、あまりにも食べていないので「食べたものリスト」は省略。
主食はエネルギー系ゼリー。近未来。
[PR]



by amefurashimodoki | 2012-01-16 23:32 | FOLFIRI | Comments(0)

FOLFIRI1回目 Day3

いつもならシュアフューザーは48時間前後で終わるはずなのに、6時間経っても終わらず。
「抜いていいですよ」の一言を期待して、病院に電話。
するとやはり、「せっかくだから最後まで入れてください」とのこと。

結局12時間遅れでFOLFIRI1回目終了。

うーん。
寒冷刺激がなくなったのはとてもありがたいんだが、それ以外の副作用がどうも。
吐き気、げっぷ、しゃっくり。
食欲減退効果てきめん。
これは先生に相談だな。
[PR]



by amefurashimodoki | 2012-01-14 20:47 | FOLFIRI | Comments(0)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ。
by あめふら
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

ブログジャンル