あめふら日記

<   2011年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧




運命が扉をたたく音

たとえば寝込んでる時に着払いの荷物が届いた時の玄関のチャイム。

不在票の問い合わせ番号を何度パソコン上で入力しても「登録されてないもんね」と言い張られて途方に暮れる。

きっと結構重要度の高い荷物なんだけどな。
困ったな。



いやいやそういうことではなく。


腸の内容物が出口をたたく音も、結構運命的だと思うのだ。
(どちらかというともふもふに毛糸を巻いたマレットでこんこんやられてるイメージだけど。)
だって受け入れざるを得ないんだもの。
たとえそれを無視して出かける準備を始めたとしても、「あ、ホームじゃないんだ、じゃあ大人しくしとこ」なんて展開にはならないんだもの。

だって運命だから。


自分はもともと運命論者で、しかも「運命だと分かっている上で、それにいかに抗うか」という生き方をする運命を持っている(と考えている)。
川を遡るサケとか、水流に向かって泳ぐメダカみたいな。

しかし残念ながら、腸に関しては自分本体の運命とはさらに別所帯な気がする。
腸は第二の脳とはよくいったもので、自分では納得しているつもりのことに勝手に反旗を翻してくれたりして(病院いやー点滴いやートイレどこー、とかね)、全くもって直感的、素直かつマイペースな活動を展開してくれている。
エゴグラムでいうところのFC全開の生き様である。
所属している本体の都合には基本お構いなしである。むしろ本体は自分だと思っている節すらある。

本体にしてみれば、非常にオートマチックかつ天衣無縫な振る舞いにみえる。

でも、別所帯と考えれば。
きっとこいつはこいつで必死で生きているに違いない。
ちょっとリーチ短くなっちゃったのに。

もうちょいいけるかな、あ、無理?なんで?こんこん、だって長さ足りないもん、知らないよそんなの、こんこん。あーけーてー。

的な。



と思えばね。
肛門痛やら頻便やらで家から出られなくても、何となく心あたたまるわけですよ。
あーがんばってんだね仕方ないねー、と。困るけど。
で、今日も運命に扉をたたかれているのです。
寝ている間はたたかない、というスキルは覚えたようです。えらいぞ。
[PR]



by amefurashimodoki | 2011-11-30 23:29 | Comments(0)

鶏海老餃子を作ったものの

タネを練ろうと思ったら、しびれが出て続行不能に。
仕方ないのでヘラで練る。


鶏と海老なので下味はしっかりと。
と思ったが、……味が分からないぞ。


つけだれはいつもの通りで醤油+酢+ラー油で……
味が分からないぞ!


いやあ参った。
今回は酸っぱいとか苦いとかじゃなく、味覚自体がぼけぼけになってしまったらしい。
いやあこれは。がっかり。
[PR]



by amefurashimodoki | 2011-11-30 21:24 | 食べ物 | Comments(0)

おいしいものが食べたい!

と切に思う今日この頃。



オキサリも大分抜けて生活しやすくなったものの、しつこく残るのは(というか毎回発現するのは)味覚障害。
味がしないんだよな。
で、下手にうまみがあると酸味と苦味に認識されちゃうんだよな。
味がしないモードになると、ケーキとかプリンとかいう生菓子が一切だめになると判明。
今日は久しぶりに焼きプリンを食べて、ほとんど味がしなくて驚いた。
甘いも苦いもなく。
ああ、もったいない。


ほぼ日刊イトイ新聞(http://www.1101.com/home.html)の中で、以前観た「南極料理人」の堺雅人さんがごはんを食べていて(「堺雅人さんと、満腹ごはん」)、これがまたすごくおいしそうで、ああ、おいしいものがいろいろ食べたいなぁ、と痛感した。


食事療法と称して揚げ物とか肉類とかほとんど食べてないものが多いし、食べたとしても味覚障害で味が分からないし。
自分で作って自分で食べる分には問題ないといえば問題ないが、せっかく作ったのにおいしくないというのはかなりダメージでかいし。
ぶつぶつぶつ。
やはり早くオキサリとは手を切ることが必要なのだ。


何を食べてもおいしいというのは、生きるエネルギーだし。
ちゃんと食べてちゃんと出すのは生き物の節理だし。



ああ、おいしいものがたべたいわ。
[PR]



by amefurashimodoki | 2011-11-29 23:55 | Comments(0)

FOLFOX7回目 Day5

鎖骨痛は何だか落ち着いた、ような気がする。
とはいえまだひどい肩こりのような感覚はある。なんだろうこれ。
ちなみにポート周辺に痛みはないので(表から触った感じつながってるし)、神経痛の類ではないかとご拝察。



それに代わって軽やかに躍り出てきたのはいつもの便秘・頻便・肛門痛。
今日はペンギン型コーヒーメーカー2号機の交換日だったが、ごめんなさい出られません。
いつもほんとごめんなさい宅配便の方。


ペンギン型コーヒーメーカー1号機はすすぎ段階で大河の最初の一滴のような水の出方で、ポンプがほとんど作動していなかった模様。
そんな状態じゃコーヒー抽出なんてできるはずもなく、問い合わせの結果の交換となったもの。
2号機はすすぎモードでさーっと水が流れてきたので感動。
エスプレッソも楽々抽出。
これで家から出られなくてもカフェラテが飲める。



今日はご飯を作る気力も出てきた。
久しぶりに野菜も食べた。
しかし下剤は飲むべきかと。



今日食べたもの
 トマトチーズパン
 くるみパン
 ミルクティ
 バナナ
 カフェラテ
 南部せんべい
 白飯
 鶏にんにく煮
 温野菜
 緑茶
[PR]



by amefurashimodoki | 2011-11-28 23:44 | FOLFOX | Comments(0)

FOLFOX7回目 Day4

昨日に引き続き、何だか久しぶりに副作用でぐだぐだ。
寝たり起きたり。


食べないと気持ち悪いし、食べても気持ち悪いし。
指先が赤く腫れてパンパンになっている。
足の裏も痛い。歩けないほどではないが。
関節の皴が白くなっているので、せめて割れないようにクリームを擦り込んで手袋。
右鎖骨痛といい、便秘といい、相変わらず。



今日食べたもの
 ホットサンド(トマトチーズ、リンゴナッツ)
 ミルクティー
 南部せんべい
 煮りんご
 クリームパスタ
[PR]



by amefurashimodoki | 2011-11-27 23:34 | FOLFOX | Comments(0)

FOLFOX7回目 Day3

今日はもう、しょぼしょぼ。


吐き気、げっぷ。
謎の右鎖骨痛。
何かを飲み込んだり呼吸をすると痛い。
折れてんのかな。
便秘も始まった。
寒冷刺激もかなり出ている。


ああもう、一つ具合が悪いと全部悪い、的な。



今日食べたもの
 ウイダーインゼリー
 アップルミルクティー
 煮りんご
 南部せんべい
 食パン
 コーンスープ
[PR]



by amefurashimodoki | 2011-11-26 23:57 | FOLFOX | Comments(0)

FOLFOX7回目 Day2

昏々と眠った。
倦怠感はほとんどないと思っていたが、目を覚まして活動しようと思ってもすぐに布団が恋しくなるということは、やはり倦怠感があるのだろうか。
あるんだろうな。


2日目は、目を覚ましてベッドから降りた時に足がつることが多い。
今回も、両足。
全くもってびっくりだ。



吐き気、げっぷがもやもやとある。
げっぷに関しては、腸の動きを促進させればよくなるかもしれないとのこと。
でもそうなるとトランコロンと逆になるから下痢するかもよ、と。
げっぷと下痢なら断然下痢の方が困るので、げっぷとは共存することにした。



今日食べたもの
 きのこのキッシュ
 紅玉パイ
 ミルクティー
 煮りんご
 野菜ジュース
 玉子粥
 紅茶ねぎごま鶏
 緑茶
[PR]



by amefurashimodoki | 2011-11-25 23:25 | FOLFOX | Comments(0)

FOLFOX7回目 Day1

今回は特に下痢しなかったなーと思っていたが、やはり前日夜半から怪しい雲行き。
結局下痢までには至らなかったが、お腹が落ち着かない一日。


腸は心の鏡なり。



採血結果も順調で、先日のCT所見も「新メンバーの加入は確認されず。旧メンバーには消失あるいは縮小が見られる」とのこと。
つまり薬はちゃんと効いてるのだ!


ただし、結局肺に転移巣が何カ所あるのかは分からず。
(きっと主治医はまだこのCT画像を見てない)
焦ってる訳ではないですが、切れるとなったら切りたいですと意思表示しておいた。
まぁ化学療法は最低半年覚悟してるので、治療で小さいのが消えて、その後で残った転移巣が切除できるなら御の字ですとも。



今日の化学療法は、ちょっと吐き気が残った。
後は右側の鈍痛。
胸とか背中とか。
抜針したら治ると思う。
アレルギー止めが効いて、眠くて仕方ない。


寒くなったこともあり、寒冷刺激パワーアップ。
ニット帽子に眼鏡、マスクにマフラーをしても、その隙間から寒風が入ってきて顔がピリピリ痛い。
目出し帽?



今日食べたもの
おにぎり
玉子焼き
煮物(大根、人参、結びこん、焼き豆腐、高野豆腐)
いちごココア
ほうじ茶
ハニーチュロ
雪だるま
カフェオレ



[PR]



by amefurashimodoki | 2011-11-24 20:12 | FOLFOX+BV | Comments(0)

CTを撮ってみた

化学療法が始まって約3か月、途中経過としてのCT。
撮れば撮るほど造影剤の衝撃が薄まっていくのは気のせいか。


今日は上半身全部の撮影だったが、やはり見れば見るほどかっちょいい設備でほれぼれ。
この部屋をぐるりとしばらく見学させてはもらえまいか。
直角シリンジの装置はどこにつながってるんですか?


きっと重粒子線の治療装置なんかに生で出会った日には、口開いちゃうんだろうな。



そして造影剤の注射も(針刺されるのは嫌であることに変わりないのだが)月に2回の採血と点滴を繰り返している身には何てことなく終了。


そういえばポートの手術の時に「今まで大きな怪我したことないでしょう」と看護師さんに言われたが、もしかしてあれか、何度も怪我を繰り返していればちょっとした外科処置なんてお茶の子さいさいになるんだろうか。
いや、慣れたくないけど。



なんて事を考えてるうちに、あっさり終了。
結果はいつかしら。
[PR]



by amefurashimodoki | 2011-11-22 20:14 | FOLFOX | Comments(0)

できないこともある、あるいは調子に乗りすぎた

今回は、FOLFOX6回目から7日目に冬タイヤを買いに行った。
その後、母と買い物にも出かけた。


その次の日は、天気も良かったので4キロ以上歩き、美術館を眺め、カフェでお茶までした。
その後車の給油がてらエンジンオイルの交換もし、なじませるためという口実でドライブした。


帰ってきてから翌日に控えた某資格試験のおさらいをし、日付が変わらないうちに床に就いた。



で、今日。

試験は昼過ぎからなので、ちょっと早めに出て駐車場を確保し、適当なところでランチを摂りながら最終確認すればいいや、と思いながら呑気に朝食のワッフルを焼き。
何事もなくワッフルを食し、昨日から漬けておいたヨーグルト+ドライマンゴーを食し、お茶を飲み。


そこで異変。


肛門痛。そして頻便。
何でよりによって今日。
負けじとシャワーを浴びてみる。
負けそうになる。
いつもなら何となくごまかせるのに。
とりあえず、出かける準備のぎりぎりのリミットまでトイレに籠ってみる。
しかし腸は私をトイレから出したくないらしい。
まるで鳴り止まないアンコール。迷惑。
しかも、便が固い。(だから水分とか酸化マグネシウムとかプルーンとか摂ってるのに。)



温めたりなだめたりすかしたりしているうちにどんどん時間は過ぎていき、試験の開始時間も過ぎた。
たまの外食ランチも流れ、普通のはちみつとマヌカハニーをお湯で溶いたものが今日のランチとなった。
試験終わったら久しぶりに友人と会う約束だったのに。
結局夕方になっても腸の主張は止まず、それでもやや小声にはなったものの、相変わらずくるくる言ってるし。



今回の敗因
  1、久しぶりのプレッシャーに腸が負けた。(そういえば病院の前日も腸の調子が悪くなるけど……)
  2、雨降りだった。(割と気圧の変化には弱い。)
  3、前日・前々日と調子に乗って動きすぎた。


試験が受けられなかったことそのものよりも、試験当日に突然調子が狂ったということの方が今の自分にはショック。
まだまだ助走期間なのかもな、と思わざるを得ない結果で非常に残念。



ていうか、これからもこのやり方が通用すると思ったら大間違いなんだからね!
[PR]



by amefurashimodoki | 2011-11-19 23:56 | Comments(0)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ。
by あめふら
プロフィールを見る

最新の記事

ブログジャンル