あめふら日記

<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧




検査再開

隣市の総合病院へ。

予約時間より早く着き、更に担当の先生の時間が遅れているので、看護師さんに了解を得て病院内を探検。

……していたら、なんと院内放送で呼び出された。
早く回ってきたらしい。


担当の先生は思いのほか若い先生だった。
そして雰囲気が。何だかラフ。
「最初の病院で何か言われましたか?」
と言われたので、素直に
「がんに見えます、と言われました」
と答えてみる。すると、
「確かにがんに見えますね。」
ありー。
しかしこれで3人目の見立てもがん。

「でも細かくいろいろと検査して、まずはこれが何かはっきりさせましょう」
望むところです。


必要な検査のラインナップは、前回の病院とほぼ一緒。
ただ今回は、やはり若年での発症は珍しいとのことで「ゲノム不安定性検査」を付け加えることを提案された。
がんが発症しやすいかどうかの遺伝子検査で、もし発症しやすいという結果が出れば一族郎党への警告もできるし、自分の体調管理にも役立つし。
一族におけるカナリヤ的存在。
「でもあなたが発端者になっている可能性もあります」
確かに。
ここから歴史が始まっているのかも。


後は
胃カメラ → つらい検査ですが大丈夫です。うちの機材は最新のハイビジョンですから。
大腸カメラとバリウム → 若いと途中で腸が突然収縮して痛いことがありますけど、まぁ大丈夫ですから。

えー。
しかし先生に「眠れるかどうか」「精神的につらくないか」を重ねて問診されたので、もしかしてその胃カメラの売りもネタなんじゃないかと思ったりする。
あるいは本当にハイビジョンなのが売りなのかな。対患者最終兵器なのかな。


それともうひとつ。
最終的に手術となった時に、もしうちでは人工肛門しかないと言われたら、セカンドオピニオンというのもありです。
県内でもっとほかの手法がとれる病院もありますし、あるいは国立がんセンターなんかも紹介できますから。
毎年それで患者さんを何人か紹介してるので大丈夫です。
これを言ってもらえたのは大きかった。


引き続きまして、本日の検査。
血液検査 → 検尿 → 胸部・腹部レントゲン → 心電図
ここまでは前回も経験済み。

さらに追加で。
心エコー。
これは単純に心臓のエコー検査なので、プローブでぐりぐりされながら半寝。

そしてなんと!
胸部・腹部CT!
あの憧れの検査が、なんと今回ついに実現の運びとなりました!
いや、うれしくはないけどわくわくします。というか心の準備が。

検査衣に着替え、検査台に横たわる。
初めて実物を見た。でかいぞCT。
テキパキしたたくましい看護師さんと、かなり若いけどテキパキした技師さん登場。
背中から頭の下に斜めクッションで、上半身が軽く持ち上がる。
ひざ下にもクッションでやや曲げ。
そしてバンザイ。
つまり、軽く「ひゃっほう」の姿勢。

造影剤の承諾書にサインをして、それをわざわざ外来から持たされていたのに造影剤は?と思っていると、まずは造影剤なしで撮影してから造影剤を入れるとのこと。
そうですか、右手に見えるあのまるで装置の一部であるかのようにがっちり固定されて90度の角度をなしているあのシリンジたちがそうですか。

そしてワープのような音がして、息を吸って、止めて、……撮影終了。
ほほー。
なんか快適顔と息止め顔のランプが点灯・消灯してるぞ。
そして機械の中で何かがくるくる高速回転してるのが見えるぞ。
とにかくなんか、なんかかっちょいい!

と浮かれていると、「では造影剤を入れていきます」との声。

おかげさまで私は血管が細い。献血は必ず左腕。それでもうまくいかないこともある。
成分献血の遠心分離後の血液が、血管に入らなくて激痛、とか。

さっき左腕で採血した時点で、今日は血管の調子が悪いことに気づいていた。
そして造影剤は右腕に刺すらしい。ただでさえ見えにくい&出にくい&入りにくい今日の血管に。
覚悟を決める。
造影剤が入ると体が熱く感じますけどみなさんそうですから、と言いながら、たくましい看護師さんがテキパキと針を刺す。
いや、痛い。血管というより、肉に刺さってる感じ。やっぱり今日は血管のキャパが。
思わずきゅーきゅー言ってしまい、看護師さんがたくましく心配してくれる。
たくましく心配されながら、また「ひゃっほう」の姿勢。ひゃっほう。

と思っていると、何かが入ってきた。
大丈夫、そこは血管。入りたまい。
すると。
ものすごい勢いで、体中の血管という血管に熱い何かがたぎっていく!
造影剤が入った血管が、全てものすごい熱を発していく。
これって「体が熱い」んじゃなくて、「血管が焼ける」と言ってくれた方が。
おかげで「胴体、特に内臓・生殖器周辺には、手足よりも多く血管が走っています」というのを実感することができた。
きゅー。

検査終了後もしばらくは造影剤が体内にとどまっていて、ときどき血管の自己主張を助長していく。
通りすがりに、すれ違いざまに「これ血管だから」「うちら造影剤だから」と一言言い残されるような不思議な感覚。
でも決して快適ではないので、ひたすら水分を摂って体外に排出するよう努める。
造影剤の気持ちはわからん。

以上で本日の検査は終了。
最後にがんケア専門の看護師さんを紹介され、家族の状況などについて話をし、私たちがついてますから、あと次の診察の時にはご家族の方も同席したほうがいいですよ、とアドバイスを受けた。
看護師さんて、心を緩ませる何かを持っている気がする。

そして会計が終わって病院を出た時には、1600を回っていた。あらら。
ちなみに本日のお会計は20K↑だった。さすがCT。


今回は今後の検査について日時を何も確認されなかったが、渡された予定表を見ると、結果的に検査と結果通知は来週中に全て終わらせるようになっていた。
一旦職場に戻り、休みを取ったり事務仕事を片付けているうちに、熱っぽくだるくなってきた。
おそらく朝から一切固形物を取ってないからだと思われる。
ただ、造影剤がちょっと気になったので、水分を摂っては排出を繰り返す。
まぁきっと疲れたのもあったんでしょうよ。
1930まで仕事をし、諦めて、帰った。






by amefurashimodoki | 2011-06-30 22:10 | がん発覚~入院まで | Comments(0)

あああ

仕事の引継ぎ上、一応伝えておかなくてはならないこと。

「これから入院します、突然になるかもしれません、つきましては……」


言いたくないけど一応あちこちに断らざるを得ない。
だって仕事は止まらない。
明日から来ません後はよろしく、ってのも困るでしょ。


ところが。


関係各位より、


「突然辞めるかもしれないって本当ですか?!」



いや違います。
入院する可能性最大ですが仕事は辞めません。
ただ、いつになるのか分からないので予め各方面にお伝えしていました。
配慮に欠ける表現だったことをお詫びいたします。


はぁぁぁぁ。
難しいなぁ。






by amefurashimodoki | 2011-06-28 23:54 | がん発覚~入院まで | Comments(0)

小休止

次の検査が30日なので、何だか実感がないまま日々を過ごす。

とはいえ、多分夏の間は職場を離れるだろうし、離れる前提で各方面具体的に調整する時期になってきた。
ある意味夏はオンシーズン真っ只中なので、ここで若輩ではあるが私が抜けると仕事が回らなくなるわけで。
何をどうしてどう持っていけば丸く収まるか。自分の中で協議中。


こうやって忙しくしている方が精神的にいいのだろう。






by amefurashimodoki | 2011-06-27 21:41 | がん発覚~入院まで | Comments(0)

総合病院へ

紹介してもらった総合病院へ。


画像を見て、医師もやはりがんであろうと言った。
35歳で直腸がんというのはあまりありません。
しかし、組織検査の結果はまだですが、手術を前提にして検査をしていきます、と。
検査をしてみないと、どういう手術になるか、人工肛門になるかはわかりません、と。
あれよあれよという間に、検査項目が付け加えられていく。

血液検査、胸部・腹部レントゲン、心電図、心臓エコー、内視鏡、造影剤撮影、CT。

ああこれが現実か、と思いながら、今日は血液検査、レントゲン、心電図。

来週は2日に分けて残りの検査、そして再来週にはその検査をもって外科と手術の相談。
その頃には組織検査の結果も上がってくる。


結果いかんによっては、内視鏡手術だけで済むかもしれませんね、と看護師さんは言ってくれた。
うむ。



思いのほか近日中に休みを取らなくてはならなくなったので、職場に向かう。
職場に向かう車の中では「どうやったら泣かずに説明できるか」が大問題だったが、やはり仕事スイッチが入った。
仕事の調整をし、各方面にお願いし、今度は管理職に「手術前提の検査が続きます」と告げた。
すると「保健室にも連絡してください」と。

あー。

保健室に入ったとたん、看護師さんに会ったとたん、無理だった。
わー。
初めて人前で泣いた。
駄目だった。
そういえば去年祖母が亡くなったと仕事中に連絡があった時も、保健室で泣いたんだった。
生徒か。
「ここはそのための場所ですから」と言ってくれた看護師さん、ありがとう。
でも心からは泣けなかった。
泣いてられないし。
まだ詳細不明だし。
でも泣けた。
自分のことで泣くのは恥ずかしいことだ。
でも泣いてしまった。



そして。
「病院は選んでくださいね。ちゃんと選ばないとだめですよ。」
隣の市の総合病院を勧められた。
事前に病院を調べていなかったことを激しく悔やむ。

病気のことは調べていたが、なんだかきちんと向き合うことができていなかった。
とりあえず近くの病院へ、とは思ったが、そこで手術をすることまでは現実としてとらえられていなかった。
ひとしきり泣いて、やっと実家に連絡して(まだ詳細不明だが検査が続く、とだけ)、そして病院を変えたいと交渉してみた。
紹介元の病院には本当に申し訳なかった。ものすごい迷惑をかけてしまった。
とんでもないことをしてしまったのだと、自分の仕事上の経験からも実感した。
けど。
いや、本当に申し訳ない。


今日も別の友人と会った。
夏物を見ながら、クールビズだから、本当に暑くなったら今年はカプリで出勤に挑戦するんだ、とか言いながら、でもその頃には入院してるだろうから夏物は買わなくていいな、とか思って空しくなった。
一事が万事その調子だから、それでも何とか回転数を上げようとするもんだから、なんだか不自然なやりとりになる。
疲れた。
でも彼女は、「聞かないけど実はかなり心配してるから」とだけ言ってくれた。
心遣い感謝。
愚痴と不安の吐き出し口にならないように気を付けます。


何だかいろんな人たちに心配と迷惑をかけまくり、支えてもらって生きているんだと思った。






by amefurashimodoki | 2011-06-24 00:23 | がん発覚~入院まで | Comments(0)

大混乱

翌日出勤したら、「どうだった?」と同僚に聞かれた。

なんかありました、と答える。

なんかって?と問われ。
そのキラキラした瞳になんとも言えない思いがし。
というか、とてもとても「人生の経験値が上がりました」なんて生易しい結果じゃなかったのに、この気持ちはどうやっても伝わらないな、という無力感がこみ上げ。
「がんかもしれないらしいです」
つい言ってしまった。
言わないつもりだったんだけど。


つい最近お母さんの乳がん手術に付き添った別の同僚が、複雑な目で私を見ていた。


直属の上司には、組織検査の結果待ちだが腫瘍が見つかったと告げ。
管理職にはこれから検査があるのでまた休みますと告げ。
でもがんの疑いとは言えなかった。


職場に行くと仕事スイッチが入る。
ブースト機能付き。
何だか空回りしながら一日が終わった。



帰り、元同僚と会った。
食欲もなかったけど、お互いいつもよりたくさん笑った気がする。
彼女には検査結果の話は一切しなかった。
でも検査日が昨日なことは話してあったから、もしかしたら勘付いていたかも。
彼女は野生の勘が鋭いから。


実家にはまだ検査結果の話はしていない。
できないし、はっきりしないと徒に心労を掛けてしまう。
とか思って、逃げた。
誰にも吐き出せない。
まだ泣けない。






by amefurashimodoki | 2011-06-22 23:52 | がん発覚~入院まで | Comments(0)

大腸内視鏡への道③

一日休みを取ったので、だらりと睡眠。
9時に腹痛で起こされ、そのままトイレへ。
出す。
あまりすっきりしないが、とりあえず出す。

10時にガナトン1錠。

それ以外は何も口にしないまま、でも検査の時間的に鎮静剤を使うだろうから用心して、とぼとぼと徒歩で病院に向かった。


11時半ジャストに病院着。
看護師さんが透明な液体入りの2リットル麦茶容器とガラスコップを持ってきてくれた。
おそらくこれがニフレック。腸洗浄剤か。

「これを1時間以内に飲んでください。トイレに行きたくなるので、専用のトイレにどんどん行ってください。」

ふむ。
待合室のテーブルの上に広げられた非現実。
最初のコップ一杯はぐいぐい飲んだ。
スポーツドリンクだ。変な味はしない。
そして、我が腸は変化なし。
ちょっとためらって、もう一杯。
……変化なし。
もう一杯。
このあたりから、「もしかしてこれはぬるくなると飲めなくなるかも」という予感がよぎる。
そして「当日はなるべく水分を摂らないで来院してください」の意味を知る。

だって、こんなに飲めないもん。
飲むけど。
ていうか、飲んだ分出るのか?


半分飲んだあたりで腹部エコーに呼ばれて中断。
このあたりから何だか出始める。
水分+もやもやした何か。
これが透明になるまでトイレに行くのね。


結局、1時間で飲み切った。

途中で病院の昼休みになり、受付も一旦閉まり、一人待合室でトイレ待ち。
13時過ぎから大分排泄物が透明になった。
14時には検査OKとの判断。


服も下着も全部脱ぎ、検査衣に着替える。
検査室に通され、検査台で横向きに寝るよう指示される。
途中で体位変換があるので、指示があったら仰向けになって右足を左足の上に組んでくださいね。
ちょっと練習してみましょう。
……あれ、鎮静剤は?
すると再び横向きになるよう指示され、目の前に投げ出された左腕に太い注射が。
あー。
そして何だか分からないうちに検査が始まり、「胃カメラより楽ですね」と言った自分の呂律が回っていないことに驚き、仰向けになり、横向きになり……終了。
脇を支えられて着替えの部屋に戻り、ふらふらと着替えて奥の部屋のリクライニングな椅子に座らされ、リンゴジュースを1パック手渡され、飲んで……しばらく眠った。


結局2時間近く休み、その後検査結果を教えてもらうために診察室に呼ばれた。


まずは盲腸。きれいです。
それからずーっと降りてきて……問題ないです。
で、ここからなんですが。
直腸です。こうなってました。


鮮やかな画像がモニタに映る。
ぼこぼこしている。
白地に赤がにじむ。
それまでの腸内の画像とは全く違う。
なんだこれ。


これが出血の原因です。
私も軽い気持ちで触診したんですが、痔がないのでおかしいと思ったんですが。
出血しています。
組織の検査の結果を見ないとはっきりしませんが、これはおそらくがんです。



は?



カメラは盲腸まで通りましたから、そこは問題ないんですが。
……今まで出血なかったの?
出血があったらすぐ内視鏡ですよ。
まぁ今言っても仕方ないですけどね。
大きい病院で検査してもらったほうがいい。
どこがいいですか?



どこがいいですか?と咄嗟に言われてもわからない。
これが後々大問題になったんだけど。
とりあえず、市内の総合病院をお願いした。
その場で予約を取ってもらい、その日は終了。

帰り道、とぼとぼ歩きながら知り合いにメール。
下血があったら即病院!と。


痔じゃなかった。
親に何て言おう。
なんか実感が湧かない。
おそらくがんです、なんてあっさり言うんだろうか。






by amefurashimodoki | 2011-06-21 23:30 | がん発覚~入院まで | Comments(0)

大腸内視鏡への道②

これを書いているのは6月23日。
何だか遠い昔のようだ。

この日も午前勤務OKだったので、帰ってから検査食。
思ったよりおいしいが、何せ量が少ない。
くらくらするくらいお腹がすく。
……消化にいいから当たり前よね。
あまりに空腹なのでちょっと寝ようと思ったら、23時に目が覚めた。
あわてて夕食を摂り(検査食を残しても仕方ないから)、指定された薬を飲む。
コンスーベンは目薬みたいな容器に入った水薬なので警戒していたが、味はただの砂糖水なのでそのまま。

3時に腹痛で目覚める。
とりあえず出す。
収まったのでまた寝た。







by amefurashimodoki | 2011-06-20 23:26 | がん発覚~入院まで | Comments(0)

大腸内視鏡への道①

今日は午前勤務。
さて、懸案事項を片付けなくては。


大腸精検と言われ、どこに行くか考えた。
隣席のE氏は労災病院で2泊3日内視鏡だったという。
しかし総合病院は午前中のみの診療だから、説明を受けるために仕事を休まねばならぬ。
職場の近所の病院は、胃カメラで大変な思いをしたので避けたい。


で、恐る恐る自宅近くの内視鏡検査の評判がいい個人病院に電話。
そしてそのまま病院へ。


身長、体重、血圧、採血。
既往症、服薬中の薬などなど、看護師さんと一通りのやりとり。
検査は6月21日となった。
検査まで間があるので、先に説明をしてもらう。


検査前日は
朝食:白かゆ、梅干し1個、豆腐のみの味噌汁(自分で用意)
昼食:検査食(クリアスルー)
夕食:検査食(クリアスルー)
これ以外は飲食禁止。
あとは水分を2~3リットル摂ること。
毎食後にガナトン1錠。
就寝前にコンスーベン2本、マグラックス2錠、センノシド2錠。

検査当日は食事禁止。
10時にガナトン1錠。
11時半までに来院して、腸洗浄剤を飲んで検査。
終わるのは18時くらいかな?

あと、検査2日前から下剤を飲んでください。


とのこと。
クリアスルーは保険適用外だって。
1食1,000円。おお。



by amefurashimodoki | 2011-06-06 23:15 | がん発覚~入院まで | Comments(0)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

復帰延期
at 2017-10-11 10:57
今年度上半期を振り返る
at 2017-09-20 14:20
骨折、そしてTDRに行きたい
at 2017-08-30 12:15
杖を使って生きていく
at 2017-08-26 11:14
帰ってきて、大変だった
at 2017-08-20 21:48

ブログジャンル