あめふら日記

カテゴリ:FOLFIRI+BV( 65 )




セカンドオピニオン

近所の腫瘍内科にて。
担当医はその道の権威。
なかなか押し出しのいい先生で圧倒された。
今までの紆余曲折も笑い飛ばされた。
しかし便箋を何枚も使ってどんどん書きながら懇切丁寧に説明して下さる。


まず、現状について。
 
 1、たちのいい大腸がんであったこと。
 2、低位前方術で何事もなく手術ができ、原発巣を取り除くことができたこと。
 3、人工肛門にならなかったこと。
 4、化学療法が絶大に奏功し、腫瘍が消えたこと。

とにかくラッキーだったということを確認。
ここまでいくのは全体の10%程度だそうな。

で、復職に関しては全く問題ないので、明日からでも働けばいいんじゃない、と。



それに伴う化学療法の今後について。

 現在の状況(原発巣も転移巣も消失した)を、ステージⅢb(遠隔転移なし)原発巣完全切除と同じ状況と考える。
  ↓
 そうすると、現在行っている化学療法は術後補助療法6か月と同等と考えられる。
  ↓
 腫瘍消失が分かったのが3月なので、そこから術後補助療法6か月となると、完了するのは9月。

ということで、必要なケモはほぼ完了したと考えてよいのではないかとのこと。

これからの治療としては、
 1、投薬をやめて数か月ごとにこまめにCTを撮影し、経過を観察する。
 2、内服による抗がん剤を一定期間使用し、その後経過観察に移行する。
 3、内服+点滴(持続投与なし)を一定期間行い、その後経過観察に移行する。
などの方法を提案していただいた。


体内の細胞レベル、遺伝子レベルで考えれば、がんの元になるものはそりゃあまだ残ってるだろうけど、そこまで考えたらキリがないと。
で、QOL向上のためのケモが逆にQOLを下げてしまっては本末転倒だと。
(副作用がきついとか、治療のスケジュール的に仕事が続けられないとかね。)

まぁ自分の場合は腫瘍消失までこぎつけたので言えることなんだけど。

だから、腫瘍が消えたんならここで一旦経過観察にして、万が一また出てきたらケモ再開、手術などの手を打てばいいのではないかとのことだった。
自分はFOLFIRIもFOLFOXも使えるし効くし、分子標的薬も他にも使えるやつがあるし、新薬もこれからどんどん出てくるし。
で、

投薬だけが治療ではない。経過を見守ることも大切な治療。

と言われた。



それから、
30代で大腸がんになるというのはやはり早いので、遺伝子的にがんになりやすい状態なんだろうとのこと。
なので、これから転移・再発というよりも、新しくがんに罹患するリスクが高いことは覚悟した方がいいと言われた。
まぁ手術を機にタバコはやめたし、酒も普段は飲まないし、あとは食生活とか生活習慣に気を付けなくては。
で、まめに検診受けて、診察受けて。
自分の身体を過信せずに生きて行こうと思うですよ。



で、最後に、「あなたの主治医は、おそらくあなたの希望を全部聞いて叶えようとしてくれると思うよ」と。
「だって、セカンドオピニオンに出してくれたんだしね」と。
ああ、これで今までの治療とセカンドオピニオンがつながるんだな、と思った。
こういうふうにして出して(患者を戻して)やれば、こちらとしても主治医のところに戻りやすくなるんだな。
と、いうことで。
帰って相談なのです。



by amefurashimodoki | 2012-08-27 23:13 | FOLFIRI | Comments(0)

FOLFIRI13回目 Day5

今日もまぁ、背中痛はぎりぎり避けられたような。
しかし体調・体力もたず。
午前中に家のことやって、そのまま昼寝。やばい。
しかし昏々と眠ることができる。
このままうっかり室内で熱中症になってしまいそうだ。



味覚障害が本格的に出てきて、よっぽど夕飯を捨ててしまおうかと思った。
舌に金属コーティングしてあるような感じ。
鶏肉の脂とかきのこの出汁とか、いつもこの時期は嫌な思いをするのについ作ってしまう。
作って一口食べて撃沈して、その後しばらくは匂いを想像するだけで具合悪くなるのに。
なんだ、塩むすびとかが一番いいのか?
未だに味覚障害と距離が取れない。



今日食べたもの
  グリーンスムージー(ブロッコリー、オレンジ、キウイ、レモン)
  ムーミンパンケーキ
  目玉焼き
  ウインナ
  笹かまぼこ
  パピコ
  鶏きのこうどん
  もずく



by amefurashimodoki | 2012-08-21 01:12 | FOLFIRI | Comments(0)

FOLFIRI13回目 Day4

食欲なし。
どうもやはり胃腸が止まっている。

水分をたくさん摂るようにしている。
といってもスポーツドリンク系は好きになれず、水とミネラル補給系飴で何とか。
トイレが近くなったとかいう実感は全くないが、とりあえず突発的背中痛は今日のところはなかった。
単に治療の間隔が空いたせいか、それとも薬の排出が上手くいっているせいか。



あとは、味覚障害。
舌の周辺部はひりひりする感じ、そして全体的に甘どろい感覚。
味の感覚自体も鈍ってるからなぁ。
皿を目の前にして逡巡すること数十分、無理に食べて具合悪くなるのも嫌なので、ごめんなさい。
やはり単純な味のものの方が食べやすい。



今日食べたもの
  開拓おかき
  ムーミンパンケーキ
  スキッピー
  ミルクティー
  冷麺
  トマト
  もずく
  みょうが
  カフェモカ



by amefurashimodoki | 2012-08-19 23:33 | FOLFIRI | Comments(0)

FOLFIRI13回目 Day3

抜針930。
本当はもっと早く抜けたんだが、うとうとしててこのタイミング。


今回は足の長い針を使ったので、しっかりガーゼ噛ませてたがちょっとぐらついてたらしい。
ポートの変色や腫れはないが、やはり針穴がちょっと大きくなってていつもより止血に時間がかかった。
ただ、確かに針が皮膚の中に入ってた長さが短いので、あっさり抜けて楽だった。
いやでも、やっぱり針は標準の長さで大丈夫だと思います。



あとは、洗濯して掃除して力尽きた。
謎なのは、今朝抜針後に体重を測ったら、病院で治療前に計った値から4キロも減ってたこと。
うーん、風袋め。
そしてこれくらいの差、あっというまに埋まってしまうのだ。


昨日あたりからしゃっくりが辛い。
あとは便秘。胃腸停滞気味。
何を食べても甘い。
背中痛と食道痛の対策として、できるだけ水分をたくさん摂ってみることにした。
これらの痛みが血管痛と似たものであると仮定して、できるだけ早く体内から薬を排出するのが目標。



今日食べたもの
  開拓おかき
  グリーンスムージー(水菜オレンジキウイレモン)
  キャベツ焼き
  ゆできみ
  最中
  めかぶ
  いくら
  納豆
  ごはん



by amefurashimodoki | 2012-08-18 23:53 | FOLFIRI | Comments(0)

FOLFIRI13回目 Day2

何だかポートの穿刺部が痛いような。
でもテープで留まってる部分がつれて痛いのかも。
見たところ腫れてもないし変色もないし、いーたーいーというほどの痛みでもないので、きっと昨日何回か刺し直した上に汗をかいたせいに違いない、と思う。


暑かったせいで夜ろくに眠れず、とりあえず朝はきちんと起きてスムージー飲んでみたがぼんやり。
吐き気も特になし。
しかしイメンドとデカドロンは飲んでおく。
何かお腹すくけど、何が食べたいのか不明。
じわじわと倦怠感が出てきて、布団に戻ってみた。

うとうとして、昼。
野菜だらけのカレーをカレーうどんに加工し、うどんを半分残しつつ、野菜は全てさらって食べた。
昨日からうってかわって涼しいのが救い。
サイコオンコロジーの本を読み終わって、また眠気。
寝る。


起きて夜、胃腸が止まり始める。
吐き気というよりげっぷ、食欲不振。
甘い小麦粉ものなら食べられるかな、で、ついはまる甘味トラップ。
口の中が何食べても甘い。やられた。まさにハニートラ(ry



早く抜針したい。あと約20。



今日食べたもの
  グリーンスムージー(水菜マンゴーレモン)
  野菜カレーうどん
  ムーミンパンケーキ
  半熟カステラ
  ミルクティ
  ゆできみ(地方色・・・)



by amefurashimodoki | 2012-08-17 23:53 | FOLFIRI | Comments(0)

FOLFIRI13回目 Day1

治療間隔をいつもより1週多く空け、夏休みを惜しみつつ病院へ。



まず採血。
普段から血管が見えないのに、今日は縛ってもさすっても出てこなかったらしく。
担当チェンジ、さらに悪戦苦闘の上、いつもならもっと見えないと言われている逆サイドの腕で何とか完了。


で、血液の値はおおむね下降。献血だったらもしかしたら断られるかもしらん。
いつも通り~上昇傾向なのは肝臓系とかコレステロールとかだけ。
もしかしたら血液の値が減るのが人より緩やかで、普通だったら10日~2週間で数値が底になるところを、3週以上かけて下がっていくのかもね、と。
だから間隔空けると血液検査で引っかかるのかな。
およよ。

前回までのあらすじを受け、先生に近くの腫瘍内科でセカンドオピニオンを受けたいと告げると、「もしうちでできないような新しい治療法があって試してみたいと思ったら、こっちに気を使う必要はないからいつでも転院していいからね?」と念を押される。
確かに転院の方が料金も安いけど。
むしろ自分が放流されそうになってるのか?とか思いつつ、まずはこれからの治療法に関して相談するだけで、転院の意志は全くないと伝えておく。
積極的に新しい薬とか治験とか試したいという時期ではないと思うんだけど……



そして久しぶりにポート穿刺に手こずる。

まずは想定外に体重が増えてて(骨に鉄筋入れたのか、いいえきっと肉です。というくらい)ショックを受け。
穿刺時に中でポートが逃げまくり、「やはり肉か?肉なのか?」となり。
やっと刺せたと思ったらなぜか逆血が。(カテーテルは逆流弁ついてるはず)

で、メーカー問い合わせ → 外科から医師登場 → だめなら造影?入れ直し?みたいな騒動に。
結局若いイケメン先生が軽やかに登場し軽やかかつスピーディーに刺し直し。
その後逆血も起こらず薬も落ちたので大丈夫でしょうとなったが、初めてのケモの時に先生(男)に力いっぱい刺されてすごい痛かったのを思い出し、またカテーテルピンチオフとかポート裏返しとかいろんな可能性が飛び交ったので非常にびくびくした。

ポートに関しては、お肉というよりも設置した時にね……モニョ……
カテーテルの浮きも、お肉というよりも設置した時にね……モニョモニョ……
でもあの先生もそのうち設置手術とかするようになるんだよね……
とかいう会話をしつつ、でもやっぱり無駄に増えた肉はきっとポートにいい影響を与えないよね、と反省。
反省しつつ……どうしようねぇ。



今日食べたもの
  グリーンスムージー(水菜オレンジパインレモン)
  栄養補給系ゼリー
  ツナマヨおにぎり
  めんたいこおにぎり(生のめんたいこだった)
  野菜カレー
  プリン





by amefurashimodoki | 2012-08-16 23:47 | FOLFIRI+BV | Comments(0)

やっと気づいた

いつもケモ開始から7~10日前後で下痢になるんだけど。

やっと気づいた。


イリノテカンの遅発性の副作用だ。


ケモから7日経つくらいになると、味覚も戻ってきて外食したりするようになるのでその影響だと思ってた。
違うな。
何を食べても食べなくても、暑くても寒くても必ず下痢するもの。
というか、今まで気づかなかった自分に驚き。


不可抗力なら仕方あるまい。



by amefurashimodoki | 2012-08-03 12:17 | FOLFIRI | Comments(0)

FOLFIRI12回目 Day5

舌の感覚がなくていらいらする。
何を食べてもおいしくない。
のに、おなかすくし。


というか、「世の中の人がこの暑い中普通に働いてるのに、何やってんだ自分」病がまた出てきたぽい。
まだ薬入れて5日だと微妙に体力が戻り切ってないはずなのに、ふらふらと外出してふらふらになって戻ってきた。
何やってんだかさ。



今日食べたもの
  バナナブレッド
  フランスパン
  トマト
  ブロッコリー
  キャベツと青梗菜の蒸し煮
  チーズ
  鶏と豆腐のハンバーグ
  雑穀ごはん
  スイカ
  プリン



by amefurashimodoki | 2012-07-30 23:59 | FOLFIRI | Comments(0)

FOLFIRI12回目 Day4

今日はまだ暑さがマイルドか?
軒先トマトがシオシオのパーになっていた。生きろ。



胆石も見つからず、さしこみのような背部痛の原因は見つからないからもうないはずだ、と思っていたが、なぜか中途半端なのがきた。
タイミングもいつも通り、特に運動したとか急に動いたとかいうきっかけもつかめず。
いつもの肩甲骨中央部から痛みが始まって右側に移動し、右胸部痛になって終わった。
最盛期よりは痛みは弱いものの、30~40分程度横になりやり過ごす。
こうなると血管痛の類かな?
水分摂って早めに薬排出、ということ?



今日食べたもの
  スムージー(青梗菜、桃、ブロッコリー、レモン汁)
  バナナブレッド
  トマトリゾット
  きくらげと卵のスープ
  ポテトサラダ
  あじ握り



by amefurashimodoki | 2012-07-29 23:25 | FOLFIRI | Comments(0)

FOLFIRI12回目 Day3

今日で手術から1年が経った。

去年の今頃は、301号室で熱と痛みに思うさまやられていたに違いない。
あれから1年。今日は正に熱風としか言いようがない外気をダブルガラスでシャットアウトし、しかしじわじわと暑い冷房28℃の室内で、炭酸水を飲みながらブログ書いてる。
あの頃は、1年後に何やってるかなんて全く考えられなかった。
不思議。



今朝も相変わらず暑くて、じっくり寝ていられる雰囲気ではなかった。
とりあえずこの暑さをフルに活用すべく、洗っても乾きにくいもの(マット類とか)をぐいぐい(洗濯機が)洗ってベランダに干してみた。
近くの空き地で赤土が舞い上がってたのが見えた気もしなくもない。きっと蜃気楼。



抜針1000。
200くらいに目盛りが20になってたのを確認してたんだが、意外と時間がかかった。
ま、原因としては、夜は窓を薄く開けた上で扇風機を弱設定で壁打ちさせ、更におなかにバスタオルという昼寝スタイルで寝ていたため。
思ったよりセンサーの部分に熱がこもらなかった模様。


げっぷ、便秘、しゃっくりはあるものの、まだ背中痛等も出ておらず。
夜に寝ていられなかった分、昼寝で睡眠時間確保。
待ってろ夏休み。



今日食べたもの
  スムージー(青梗菜、オレンジ、マンゴー、レモン汁)
  チップスター
  バナナブレッド
  鶏と卵の酢煮
  わかめスープ
  トマトピラフ
  ベビーリーフ
  冷凍マンゴー
  カフェラテ



by amefurashimodoki | 2012-07-28 23:58 | FOLFIRI | Comments(0)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

そして、気胸になる①
at 2017-06-26 14:47
にういんしてます
at 2017-06-12 19:28
答え合わせ
at 2017-06-09 07:18
傷、なのかもしれない
at 2017-06-07 10:09
全ては神経痛なのか?
at 2017-06-03 16:54

ブログジャンル