あめふら日記

2017年 03月 30日 ( 1 )




RFAへの道⑩ まずは行ってみよう




3月のCTの結果、全体的には増大傾向、ただし胸膜播種は画像上では消失、肝転移も石灰化、つまり壊死が始まっていることが分かった。
そこで主治医を通してB病院のIVR科にRFA実施について問い合わせてもらい、ついでに画像データも確認してもらったところ、外科手術と併用、かつ根治を狙わないという線でならいけるかも、という回答をいただいた。



今まで2回のトライ&エラー、悶々として悶々としてもう考えることに疲れ果てた3月末、あめふらは再びB病院に向かった。




朝イチでまずは診察。
予め主治医から聞いていた通り、RFAのみでの根治は難しいけれどもそれでもよければ、ということで、入院・RFA前提でさらに詳細な情報を得るために、血液検査とCT撮影。
噂には聞いていたが、これがダイナミックCTか……
すごい勢いで造影剤が入る!そして何回も撮影するから時間かかる!
ついでにいうと、造影剤の針が!痛い!(←これはCT自体とは関係ないけど、針痕の出血が止まるまで2~3時間かかった)


で、分かったこと。

1、右肺の一番大きくて血管も気管も巻き込んでるやつは、本体が大きくなってる(30mm超)だけではなく、周りに子株を作っているので、やっぱり外科切除が妥当

2、左肺上葉の腫瘍は確かに血管に接しているが、腫瘍の真ん中に血管があるわけではないのでRFA可能。ただ、なまじ太い血管(ここまで太いとRFAで焼けてしまうこともないそうだ)に接しているだけに、そこだけ温度が上がりきらず腫瘍が完全に焼き切れない可能性もある

3、右肺中葉?あたりの2つは周りに血管も気管もないのでRFAで焼き放題

4、他にも3mmくらいのちっちゃいのが出てきてるけど、これも焼ける

5、胸膜には何もなし、肝臓?……あれ何かあったっけ?ああそういえば何かが石灰化してるね(ケモを1カ月近くお休みしてたので、君たちはいったいどうしていたかと思っていたよ)

6、ちなみに腫瘍マーカーはほぼ倍増。


全体的に腫瘍が大きくなるペースが結構早いので、あまりゆったり構えるのはよろしくない感じ。
でも肺の転移巣でも微妙にサイズが小さくなってるのもあるので、ケモの効果はゼロではない。ケモとRFAと手術、いわゆる集学的治療でやっていくべき。



この結果を受けての、今後の方針のご提案。

まずは外科では取れない左肺上葉の腫瘍に対するRFAを実施。
そのうえで、右肺下葉の腫瘍をを手術で摘出、そして必要に応じて追加でRFA実施。
ていうか、その形しかできないですね、とのこと。
確かに。

もし右肺下葉の手術ができないとなれば、RFAで焼けるところまで焼いて腫瘍の減量を図る。でもこれはあんまり意味なさそう……


で、入院混んでるのかなーロンサーフ1クールやってからかな、と思っていたら、RFA実施は5日後になるので、前日に入院してくださいって、……えっ?えっ?
自分は明日半日以上かけて地元に帰って、そして入院準備をして、でまた戻ってきて……10時入院のためには当然前泊しなきゃならんから……えっとえっと……



わ か り ま し た お ね が い し ま す 。(パルプンテ





その後看護師さんから入院の説明を受け(いろんなとこから患者さんが集まってくるけど、あめふらぐらい遠いところから来る患者さんはレアだそうだ)、かかりつけ病院に電話して消化器の予約を変更してもらい(来週が診察だった)、主治医殿に呼吸器外科で手術してもらえるかどうか聞いて欲しいとお願いし、保険会社に入院するので書類をくれと電話し、実家に事の顛末を説明し、うーん何だかなにがなにやら……

いっそこのままこの街に留まって入院に必要なものも全部買っちゃってもいいんじゃね?と思ったが(往復の交通費を考えると、宿泊費+買い物でもおつりがくる)、入院となれば保険から交通費実費が出ることがはっきりしたので、やっぱり一度帰ることにした。




さて、いったん自宅に帰ってきたはいいものの。
入院セットもほぼ揃ってるはずなんだけれども。
1週間の入院、さあ何をどうやって持っていけばいいんだろう……


さてみなさん、水曜どうでしょうの「ヨーロッパ・リベンジ」をご存知ですか。
「短!パン!だ!」の「ヨーロッパ・リベンジ」です。
あの気持ち。
わかる。超わかる。

手術じゃないから(手術セットもクリニカルパスもない)何もいらないっちゃあ何もいらない。
でも一応1週間の入院だから、それなりに何かしら必要なはず。
入院セットには「入院のしおり」に書かれた持ち物が全て揃っている。3日分くらい。


……えっとえっと、よくわかんなくなってきたなあ。なんかもう、いいかなあ。せんたくきもかんそうきもあるよね。ばいてんっていう、いろんなものがてにはいるべんりなしせつもあるんだよ。すごーい。えへへ。えへへへへ。(←帰ってきた直後で疲れがピークのフレンズ)



結局、入院セットをさらに厳選し、小さいスーツケースに詰めて前泊の宿に送りました。
足りなきゃ買うもん。何とかなるもん。




ついでにかかりつけ病院に撮影したCTのCD-ROMを届け、主治医と話もしてきた。(会えるんだったら電話しなくてもよかった……)
肺の手術の可否についてはもうちょっと待ってね、ということで(こっちも全然急いでないんで大丈夫です)、ただやっぱり肺は切っちゃったら生えてこないからなあ、あんまり切っちゃうと苦しいゆぉ、と。


そうなんですけどね。ほんとはできることなら私ももうどこも切りたくない。針も刺したくない。痛いし苦しいし。
でもさあ、残念ながらロンサーフは全体としては効いてないわけだし、これでSD維持はきっと無理だ。このままだと、近いうちにこないだ取った左下葉の腫瘍と同じような状態になるやつがどんどん出てくる。
これからもケモでつなぎながら共存していくためには、どっかで一回がつんとやらなきゃならんでしょう。

ただ、私のRFA後の希望としては、正直、できれば肺の葉切除は避けたい。
B病院で受けた呼吸機能の検査、去年の秋(手術前)のデータと比べて7~8割くらいしかなかったんだよ。
そりゃそうだよ、肺が足りないんだもん。苦しいし。


でもねでもね。8月には職場復帰するの。それまでにできることはやってしまいたいの。
最後に勝負に勝てればいいの。



この肺の一連の処置が終わったら、俺、ケモのセカンドオピニオンに行くんだ……
だから、それまで待っててくれるかな……






by amefurashimodoki | 2017-03-30 22:21 | RFA・肺切除 | Comments(6)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

赤じそジュース
at 2017-05-26 10:36
術後初の診察
at 2017-05-22 17:50
オキノームレポート
at 2017-05-20 21:01
これまじですか
at 2017-05-20 20:23
痛い痛いばっかりで
at 2017-05-18 20:25

ブログジャンル