あめふら日記

RFAへの道②' 呼吸器外科にて(ちょっと続き)


当初の手術予定は11月上旬だった。
それでも手術を受けると決めてから予定日までは1カ月を切っており、そこにあれこれと術前検査を詰め込んでいったので、決して余裕のある日程ではなかった。


で、そんな流れで無理やり外来患者の検査が終わった時間に頭部MRIが入った日の前日、病院から連絡が。
数日後には呼吸器外科の診察予約が入っていて、「手術三択問題」の答えはそこで出す予定なのにその前に電話、ああこれはきっとよくないしらせ、と思いながら(基本のかまえ)受けてみると、明日のMRIの前に呼吸器外科に寄ってもらいたい、先生から相談がある、とのこと。

なななななななななにごと、やっぱりよくないしらせ?



そして翌日の夕方。
診察室に呼ばれて入ってみたらば、部長先生(手術三択問題出題者)がしゃきーんと音を立てそうなオーラを発しながらそこにいた。
ななななな、と思ったら、


来週の手術予定に急遽キャンセルが出たので、待機者の中で一番緊急度が高い(!)あめふらさんの手術をやってしまおうと思うんだがどうか


ななななななな。
ええと、来週の手術日ってことは、約一週間後ですね?
手術日が2週間前倒しになったってことですね?
ななななななななな。

……(なうろーでぃん)
……(なうろーでぃん)



……分かりました。お願いします。

というか実質、はいかイエスで答えなさい問題。
自分からすれば、「流れには乗ってみよ」で腹をくくればいい話なのだ。



……しかし2週間前倒しってすごいなあ。先週ケモやったし(手術前1カ月はケモを止めることになっていて、アービタックスとしばしの別れをしてきたばかり)、ちょうど手術日には歯医者の予約を入れてたくらい思いがけない展開。
次の日曜日に入院、と言われて、ああそれじゃすぐに入院セットの買い出しとかしなきゃなあ、まだまだ先だと思ってたからなあ、と診察室のカレンダーを見上げながら思って、ふと。


今は火曜日の夕方、そして入院前の平日はあと3日しかないんですね。
一方術前検査は、肺血流シンチと3D-CTがまだですね。


ということに気付いた。

先生それより検査入れるのが大変じゃないですか、と言ったらば、うんそこが一番問題なんだよねでも何とかなるから、というお返事であった。
さっきより若干しなびていた気がしたけれど。



そしてここから私は毎日病院に通い、検査の合間に消化器の主治医に「なんかつらい」と訴えたり風邪をひいたりしながら入院当日を迎えた。






by amefurashimodoki | 2016-10-13 17:20 | RFA・肺切除 | Comments(0)
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

暑中お見舞い
at 2017-07-27 11:23
いやーもうだめ
at 2017-07-24 22:17
食道炎はつらいよ
at 2017-07-22 15:02
そうだ、放射線、やろう④
at 2017-07-20 17:31
そうだ、放射線、やろう③
at 2017-07-17 20:28

ブログジャンル