あめふら日記

吐き気止め&CT

ロンサーフの休薬期間に入った。
うーんもしかして、自分の場合、ロンサーフの吐き気止めは4日目から必要なのかもしらん。
まぁ休薬してからはそんなにひどくはないので薬を飲むかどうかは微妙だけれど、ちょっと食欲を削ぐ吐き気胸焼けがあったりなかったり。



消化器と呼吸器外科、そして薬剤師さんとの面談のこと。

薬剤師さんとはロンサーフの吐き気止めについて。
ペラプリンがぱっとしないこと、抗不安剤を飲んでること、そろそろ飲んでる薬を見直す時期なんじゃないかということ、などなどから、次回からちょっと違うタイプの吐き気止め(ジプレキサ)を使ってみてはという話になった。
あとは、抗EGFR薬時代のもろもろの薬は終わりでいいんじゃないかなと。
確かにね。気になってたけどついつい先生に言うの忘れちゃってたんだよね。



呼吸器外科では、執刀医・ガーゼ(改)先生からPET-CTに写っていたぽちについて。

CT読影のレポートにも、ちーっちゃくぽちってありますねー、と書いてあったそうで。
そう言われてよくよく見れば、なんか鍋の蓋のつまむとこ(割れたら交換できるやつ)みたいな形のちーっちゃなのがある。
で、広がってるならPETでもうちょっと広範囲に色がつくであろ、ということで、このぽちは今のところ単独のぽちという線が濃厚。

で、このぽちが何者かというのは手術してみないと分からないけれども、もしこれががんでもそうでなくても、はたまた正体が分かっても分からなくても、ケモ継続という治療の方針は変わらないわけで、それなら胸水取って細胞診の必要もないんじゃないかな、という。
針刺すから痛いし気胸になるし。
たしかにー。
ということで、ぽちに関してはケモ継続で経過観察。
どうしても取りたいんなら胸膜全部剥ぐって方法もあるらしい。そこまでのメリットもないですけどねーあはははは。

あ、「手術の最後にパンク修理の要領で縫合不全がないかどうか確かめる」のはどうやってやるのかも聞いた。
胸腔内に水を溜めて、人工呼吸器から肺に空気を送って膨らませて、空気が漏れないかどうか確かめるらしい。
さすがに手は入らないし肺も取り外せないから、実際にバケツとかにぶくぶく沈めることはできないらしい。
ほほう。そりゃそうだ。


うちは切ることしかできないけど、できることはお手伝いしますから!と言ってもらえた。
力強い。いや心強い。



で、今日のまとめを消化器で。
ぽちはCTにも写ってたけど外科的には特にやることないので、ケモで経過観察をがんばる。
さらにいろいろ相談して、飲み薬がだいぶ減った。
そうそう、FOLFIRI+サイラムザって手もあるよ、って。それ単剤で使えたらいいんだけどなあ。

今回のロンサーフ1クール目では、骨髄抑制が出た。白血球3,000、好中球1,800。一気に治療前の半分以下に。
ま、それでもまだまだなんだけど、それでもここまで下がったのは1年ぶりくらい。
休薬中に戻るかな、ってことで。





by amefurashimodoki | 2016-12-09 17:42 | RFA・肺切除 | Comments(2)
Commented by at 2016-12-11 01:46 x
寒くなってきましたね。
ご飯は食べられていますか。
ぽちのやつはきっと何ともないですよ!
お体ご自愛くださいね!
Commented by amefurashimodoki at 2016-12-12 11:56
> よさん

こんにちは。
寒いですね!冷たい空気を吸うと見事に咳き込みます (*ω*)
ぽちはなんかのスイッチなんでしょうかね。
よさんもご自愛くださいねー。
2011年、35歳で直腸がん+両肺転移が判明、ステージ4からのスタート。低位前方術、FOLFOX、FOLFIRI、UFT/LV、IRIS、Cet、肺切除、ロンサーフ、肺RFA。
by あめふら
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

復帰延期
at 2017-10-11 10:57
今年度上半期を振り返る
at 2017-09-20 14:20
骨折、そしてTDRに行きたい
at 2017-08-30 12:15
杖を使って生きていく
at 2017-08-26 11:14
帰ってきて、大変だった
at 2017-08-20 21:48

ブログジャンル